2017年01月04日

上野世界遺産ラスコー展!混雑状況と見どころは?

まず今回のラスコー展ですが、今から2万年程前に「クロマニョン人」によって洞窟に壁画が描かれました。
 
その壁画は、クロマニョン人が描いた壁画の中でも、色彩、技法などがとても素晴らしく、1979年に世界遺産として登録されました。
 
しかし今、この洞窟は壁画の保存のために非公開となっており、研究者も含め誰一人として立ち入れない状況となってるそうです。
 
世界遺産を体験出来る展示!
今回のラスコー展では、そんな「既に誰一人として入れない世界遺産、ラスコー洞窟」に実際に入ったかのような体験が出来る、貴重な展示になっています。

世界遺産 ラスコー展概要
期間:11月1日(火)〜2月19日(日)
開館時間
午前9時〜午後5時(金曜日は午後8時まで)
※土曜日は
「ラスコー展」のみ午前9時〜午後5時まで(入場は午後4時30分まで)
その他常設展示等は午前9時〜午後8時まで(入館は午後7時30分まで)
※入館は各閉館時刻の30分前まで
となっています。
休館日
毎週月曜日、12月28日(水)〜1月1日(日)、1月10日(火)
※ただし12月26日(月)、1月2日(月)、1月9日(月)、2月13日(月)は開館。

上野動物園の当日券の半券、または年間パスポート、共の会員証をラスコー展券売所に提示する事で当日券が割引されます。
一般・大学生は100円引き、小中高校生は50円引きとなります。
当日券
一般・大学生:1,600円(1,500円)
小・中・高校生:600円(550円)
 
またこれは逆の適用も可能になっており、ラスコー展半券を提示する事で、上野動物園入場料金が割引になります。
 
こちらは一般は120円、中学生以下は40円、65歳以上60円引きとなっています。
一般:600円(480円)
中学生:200円(160円)
65歳以上:300円(240円)
ただし上野動物園の場合、小学生、都内在住・在学の中学生は、元々入園無料なので割引は適用されません。
 
と、いくつかの割引方法を掲載してみましたが、それでもやはりオークションなどで買うのが一番お得ですね^^;
 



ラスコー展の混雑情報
 
これまでにも東京国立博物館には何度も足を運んでいますが、ラスコー展は恐竜博ほどの混雑度ではなかったものの、比較的混雑してる印象でした。
ちなみに年齢層は普段よりも高めであり、普段と客層が若干異なっていました。
 
混雑時間は?
これまでにも何度か触れていますが、13:00〜16:00時頃は混雑しがちです。
 
そのため時間的混雑を少しでも避けるのでしたら「開館直後」か、遅くまでやっている「金曜日の夜」に向かうのがオススメです。
 
混雑状況のチェック
ちなみに当日の混雑状況は、国立科学博物館の公式HP(←クリックで移動)にてチェックすることが可能です。
(海のハンター展の公式ページではなく、国立科学博物館の公式ページです)
 
公式ページに移動するとこのようになっているので「混雑状況はこちら」をクリックしましょう。

さて今回の見所ですが、なんといっても「実物大の洞窟内壁画」でしょう。
ここ、壁画自体も凄いのですが、会場の気合いの入り様がハンパなかったです。
 
明るさで変わる壁画の見え方
壁画が設置されている第4章「ラスコー洞窟への招待」の部屋は、時間によって明るさが変わるように設置されています。
 
これにより「明るい時の壁画」が見られるのはもちろん、壁に描かれている「壁画の線」をライトで浮かび上がらせることにより、どれだけ繊細に描かれているかを知る事が出来ます。

洞窟の雰囲気がこれでもかと伝わってくるジオラマ!
また、この直前には洞窟自体を精密に再現した、実物の1/10のジオラマがあります。
ジオラマ内には人の模型もあるため、洞窟内の広さが想像しやすくなっています

詳細をしっかり伝えてくれる音声解説
例えば、展示場にはラスコー洞窟非公開の理由を「1年に10万人の見物客が訪れたから」と表記していますが、音声解説ではさらにその詳細を
「見物客の呼吸による二酸化炭素と、洞窟内壁画による化学反応」「実は空調の影響も大きかった」と、もうすこし掘り下げて解説しています。
 



音声ガイド中にはクイズなんかも多少あったものの、今回の解説は「やや大人向け」であり「小学校高学年か中学生以上」に推奨出来る内容であったと感じました。
 
所要時間は?
ラスコー展の所要時間ですが、音声解説を全て聞いていった上で、1時間10分ほどでした。
ですが「体験コーナー」は軽く見ただけですので、これらも楽しむとすると、もう少し時間がかかるでしょう。
 
大人向けで実用性も抜群のグッズコーナー!
 
今回のグッズは気合いが入っているように感じました。特に大人向けの日常でも使えるグッズが最高!
 

いつも販売されている図説は、トートバッグと同時購入でちょっぴり割引がかかります。そしてそのトートバッグ。

 
めっちゃかわいい……
 
ただしこの犬のラスコー展との関連性は自分にはわかりませんでした 笑
 
ほかにも眼鏡拭きなどの小物や

 
手拭やマグネット





 
パズルもはいい感じ。

 
ワインは、買う人いるのかな……

 
ポストカードもおしゃれだったし、
 

 
豆皿もいい感じですよねーー。

 
そしてトートバッグに使われていたワンちゃんのTシャツが個人的にツボ!!超かわいい!!

 
その反動かどうかわかりませんが、ガチャガチャは微妙すぎました 笑

 
なんだこれは!
 
まとめ
 
ラスコー展、行くまでは恐竜博や海のハンター展に比べると見劣りするかな?と思っていたのですが、全然そんなことはなかったです。
実物大の壁画のクオリティが凄かったので、個人的にはこれが見れただけでも大満足です!
 
開催期間短すぎ!
今回の展示は2月19日までとあまり長くありません。
こんなに素晴らしい壁画が、この期間で終わってしまうのは少し残念ですねー。是非壁画だけでも見に行ってほしいです 笑
興味のある方は是非早めに行って見て下さい^^
 
posted by 得笠野 哲太 at 10:45| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017 箱根駅伝 ライバルが青学を倒せなかった理由

第93回箱根駅伝は「3連覇」&「駅伝3冠」を狙った青学大が悠々と偉業を達成した。その裏では王者に挑み、敗れたチームもある。前回2位の東洋大、同3位の駒大、全日本2位の早大、同3位の山梨学大、出雲で青学大を苦しめた東海大。この“5強”は、なぜアオガクの背中に届かなかったのか。

 指揮官たちを取材すると、今大会の特徴と、各校の敗因が浮き彫りになった。まずは今大会の特徴だが、非常にレベルが低かったといえる。青学大の総合タイムは11時間4分10秒。前回(10時間53分25秒)、前々回(10時間49分27秒)の優勝タイムと比べて、ガクンと落ちている。青学大の各区間を前回と比べると以下のとおりだ。

1区 1時間1分22秒→1時間4分00秒
2区 1時間7分35秒→1時間7分56秒
3区 1時間2分24秒→1時間3分03秒
4区&5区 2時間14分34秒→2時間18分46秒
6区 58分31秒→58分48秒
7区 1時間3分08秒→1時間5分40秒
8区 1時間4分21秒→1時間4分21秒
9区 1時間11分23秒→1時間9分55秒
10区 1時間10分07秒→1時間11分41秒
※距離が短縮・延長したため4区と5区は合算タイム。




 一斉スタートの1区は集団のペースがタイムに影響するため参考記録になるが、単独走が基本となる2〜10区では、選手のレベルがタイムに現れる。前回よりもタイムが良かったのは前回区間7位だった9区のみ。2区一色恭志、3区秋山雄飛、6区小野田勇次、8区下田裕太の4人は前回と同じ区間を走りながら、8区下田が同タイムで、他の3人は前回からタイムを落とした(10区安藤悠哉も同区間を走った前々回よりタイムを下げている)。

 その結果、優勝ラインが下がったわけだが、他の有力校も良くなかった。3区から9区まで青学大の後を走った早大の相楽豊駅伝監督も、「気温は少し高かったですけど、風はなかったですし、記録が出ないコンディションではなかった。青学大は7区の田村和希君がブレーキしたのに、勝ちました。近年はそういうことはあまりないので、他の大学も力を出せなかった部分があると思います」と話す。青学大だけでなく、全体的にグダグダ感のあるレースだったわけだ。

 それでも青学大は圧勝した。
 その理由のひとつに「1区の流れ」が大きく影響していたと思う。芦ノ湖で往路の戦いを終えた東洋大・酒井俊幸監督と出会うなり、「いや、もったいなかった。あそこで押し切っていかないといけなかった……」と悔しそうな顔を見せた。「あそこ」とは、1区服部弾馬が5kmで飛び出したシーンを指す。

 東洋大は1区にエースを起用して、先制攻撃を仕掛けてきた。服部は全日本大学駅伝でも1区で飛び出して、区間2位の早大・武田凜太郎に11秒、青学大・下田裕太に31秒という差をつけている。箱根では後続を「30秒以上引き離したい」(酒井監督)と考えていた。

 しかし、「1区服部」は徹底マークにあい、苦戦した。5kmから飛び出す準備をしていたが、誰も前を引っ張ろうとせずに、5kmは16分05秒という超スローペースに。服部は予定通りにスパートするも、独走態勢を築くことはできなかった。結局、最終的にアタックしたのは最後の1km。鉄紺軍団のエースは区間賞を獲得したが、2位の東海大・鬼塚翔太に1秒差、青学大・梶谷瑠哉に4秒差しかつけることができない。東洋大の“勝利の方程式”は、1区終了時で崩れたことになる。




東洋大と同じく、1区で“損”をしたのが早大だ。
 高速レースを想定して1区にエース格の武田凜太郎を起用した。
「1区にカードを切っているので、ハイペースで行ってほしかった。1区がもっとバラければ、2区以降の選手の走りも変わっていたと思います」と相楽監督。武田は服部と3秒差で続いたが、青学大に1秒先着しただけだった。往路のゴールは青学大と33秒差だったことを考えると、1区で青学大に20〜30秒のリードを奪うことができれば、違う展開になっていたはずだ。

 反対に1区がスローペースになり、救われた可能性があるのが青学大だ。
 当初は出雲1区で5位と好走したルーキー鈴木塁人を起用する予定だったが、故障のため、学生駅伝未経験の梶谷瑠哉に交代した。梶谷は1500mも走り、ラストのスピードが武器の選手。高速レースや、前半から何度も揺さぶりをかけられるようなレース展開は嫌だったはずだ。トランプのカードでいえば、服部が「ジョーカー」で、武田が「エース」か「キング」で、梶谷は「ジャック」だった。その3人は21.3kmを走って、わずか4秒以内にいた。青学大にとって、1区はうれしい展開になった。

 スターターには、もう1枚の強力カードが加わるはずだった。山梨学大は1万mで28分26秒70のタイムを持つ佐藤孝哉を当日変更で1区に投入する予定だったが、体調不良で欠場。1区で20位と出遅れ、3分近い大差をつけられた。優勝争いどころか、総合17位でシード権を逃している。

 1区で好スタートを切ったものの、「エース」の力を過信したのが駒大と東海大だ。駒大は故障あがりの4区中谷圭佑が最初の1kmを2分46秒で突っ込み、終盤に失速。青学大・森田歩希に4分31秒差をつけられ、区間18位に沈んだ。駒大は往路終了時で青学大と4分01秒差。エース中谷が冷静にレースを進めることができれば、目標の「往路優勝」は十分に射程圏内だった。




 東海大は2区に起用された注目のルーキー・關颯人が区間13位と振るわなかった。11月に胃腸炎と故障でトレーニングできない時期があったものの、両角速駅伝監督は、「彼のポテンシャルに頼ったところがあった。その見込みが甘かったですね」と反省した。6区位までに5人のルーキーを起用するも、6区終了時で15位。1年生パワーは炸裂しなかった。

 勝負事に「たら・れば」をいうとキリがない。しかし、今回の青学大は「強い」とはいえなかった。他大学にも十分に歓喜のチャンスはあっただけに、ちょっと寂しい思いはある。箱根駅伝は日本中が注目するビッグレース。各校がベストパフォーマンスを発揮したうえで、最高の戦いを見せてほしかった。
 
 最終的には、選手層が厚く、致命的なミスを犯さなかった青学大が今回も笑った。全日本に続いて、青学大を苦しめた早大の相楽監督に最大の敗因をひとつ教えてほしい、と質問すると、かなり悩んだ後に、「勝ちたいという気持ちだったと思います。離れたところでウチは集中力が切れている選手が多かった」と答えた。勝ち続ける青学大は、勝利への貪欲さも一番だったのかもしれない。


posted by 得笠野 哲太 at 08:08| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月03日

箱根駅伝で「幻の区間賞」 「青学大V3」並みに注目集まる

伝統の第93回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝、10区間217.1キロメートル)が2017年1月2〜3日に行われ、青山学院大学が11時間4分10秒の走破タイムで総合優勝を飾り、大会3連覇を成し遂げた。

 青学大の優勝は順当との見方がある中で、駅伝ファンを驚かせたのが、オープン参加の関東学生連合の選手による「幻の区間賞」。学連の記録は公式ではない「参考記録」にしかならないため、ネット上には「個人の区間賞あげて〜!」といった声もあがった。

■青学大、8区の下田選手が好走 後続と5分以上の差

 「打倒・青学大」を掲げた前回(16年)2位の東洋大学が2位、古豪・早稲田大学(前回4位)は3位だった。また、4位には順天堂大学(前回6位)が入り、5位には予選会5位(前回13位)から躍進した神奈川大学が入った。前回3位で優勝候補の一角と目されていた駒澤大学は9位に沈んだ。

 青学大は大会3連覇と、出雲駅伝(2016年10月10日)、全日本大学駅伝(16年11月6日)に続く3冠の偉業を達成した。3冠と3連覇の同時達成は箱根駅伝史上初めて。また、往路と復路の完全優勝での大会3連覇は、戦後初めてという。

 1月2日の往路では、青学大は2位の早大とわずか33秒差で総合優勝が危ぶまれたが、翌3日の復路6区の山下りで小野田勇次選手(2年)が早大との差を広げた。7区の田村和希選手(3年)が体調不良もあって区間11位で再び差を詰められたが、8区の下田裕太選手(3年)が区間賞の好走で後続と5分以上の差をつける快走。東京・大手町のフィニッシュ地点では、早大を抜いて2位に浮上した東洋大に7分21秒の大差で逃げ切った。




 青学大は3区で秋山雄飛選手(4年)が、大学の先輩で「山の神」と称えられた神野大地さんに「湘南の神」と言わしめる快走をみせてトップに立つと、その後は1度も1位を明け渡すことがなく、青学大の強さが際立った。

 一方、シード権争いは、往路で10位の日本大学から14位の拓殖大学まで計5校が41秒以内にひしめく厳しい戦いになった。往路15位から巻き返した東海大学が11時間16分31秒で10位に滑り込み、11位の帝京大学(11時間20分24秒)以下を退けた。

 初のシード入りを目指した往路8位の上武大学と9位の創価大学は、それぞれ15位、12位に失速。往路10位の日大は、19位と大きく後退した。また、総合5位に入った神奈川大学は12年ぶり、法政大学は4年ぶりにシード権を獲得した。

10区で幻の区間賞「個人の区間賞あげて〜!」
 終わってみれば、過去に優勝経験や好成績を残している大学が、きっちりとシード権を獲得した2017年の箱根駅伝だが、そうした中でキラリと光ったのが、オープン参加の関東学生連合だ。

 関東学生連合は、予選会で惜しくも敗退した中央大学や東京農業大学、城西大学といった16人のランナーが集まるオープン参加のため、走破タイムも「参考記録」でしかない。だが、その10区(23.0キロメートル)を走った東京国際大学の照井明人選手(4年)が1時間10分58秒の快走を見せ、区間賞を獲得した順天堂大学の作田直也選手(4年)の1時間11分00秒を上回った。




 いわば、「幻の区間賞」というわけだ。

  17年箱根駅伝の予選会で、東京国際大学は10時間25分29秒で15位。その中で照井選手は1時間29秒で学内トップ(個人総合成績で27位)だった。初出場した2016年は、3区を走り13位だった。

 照井選手の「幻の区間賞」に、ツイッターには、

  「東京国際大学の照井くん、ナイスラン!」
  「カッコよかったです。熱い走りは次の世代に残りますよ」
  「個人の区間賞あげて〜!」
  「これくらいは表彰してあげてもいいと思うんですが... 学連選抜ではないから無理なんでしょうね。」
  「素晴らしい! とても感動した!! 」
  「10区のタイムがお見事... OP参加なので参考記録だが確実に記憶に残る走りをしたと思います!」

と、称賛の声が寄せられている。




 ちなみに、関東学生連合が総合10位以内に入ると、予選会からの出場枠が1つ増える。過去の最高成績は08年の第84回大会の4位(相当)。このときの監督が現在の青学大の原晋監督(49)だった。
posted by 得笠野 哲太 at 19:56| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【箱根駅伝】来年のシード10校が確定 法大8位、駒大9位、東海大10位

◆報知新聞社後援 第93回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)(3日、芦ノ湖―東京・読売新聞東京本社前、5区間=109・6キロ)

 青学大が11時間4分10秒で総合優勝を決め、大会3連覇と年度3冠の偉業を達成した。3冠と3連覇の同時達成は箱根駅伝史上初めてで、戦後初の完全優勝(往路、復路ともにV)での大会3連覇となった。また、今大会の上位10校がゴールし、来年のシード10校が確定した。

 ◆シード校

(1)青学大(2)東洋大(3)早大(4)順大(5)神奈川大(6)中央学院大(7)日体大(8)法大(9)駒大(10)東海大

◆報知新聞社後援 第93回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)(3日、芦ノ湖―東京・読売新聞東京本社前、5区間=109・6キロ)




 青学大が11時間4分10秒で総合優勝を決め、大会3連覇と年度3冠の偉業を達成した。3冠と3連覇の同時達成は箱根駅伝史上初めてで、戦後初の完全優勝(往路、復路ともにV)での大会3連覇となった。また、今大会の上位10校がゴールし、来年のシード10校が確定した。

 ◆シード校

(1)青学大(2)東洋大(3)早大(4)順大(5)神奈川大(6)中央学院大(7)日体大(8)法大(9)駒大(10)東海大

◆報知新聞社後援 第93回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)(3日、芦ノ湖―東京・読売新聞東京本社前、5区間=109・6キロ)

 青学大が11時間4分10秒で総合優勝を決め、大会3連覇と年度3冠の偉業を達成した。3冠と3連覇の同時達成は箱根駅伝史上初めてで、戦後初の完全優勝(往路、復路ともにV)での大会3連覇となった。また、今大会の上位10校がゴールし、来年のシード10校が確定した。

 ◆シード校

(1)青学大(2)東洋大(3)早大(4)順大(5)神奈川大(6)中央学院大(7)日体大(8)法大(9)駒大(10)東海大
posted by 得笠野 哲太 at 15:36| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月02日

第93回東京箱根間往復大学駅伝競走 箱根駅伝、まもなく号砲…花の2区でエース激突

第93回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝=読売新聞社共催)は2日午前8時、号砲を迎える。

 5区の距離短縮により再び往路の最長区間となった2区の重要度が増し、学生長距離界を代表する各校のエースたちが今回も名を連ねた。

 12月29日に発表された区間エントリーでは、前回の区間2〜5位が並んだ。中でも区間賞争いの軸は、3年連続で挑む前回3位の青学大・一色恭志(4年)と、同2位だった山梨学院大のドミニク・ニャイロ(2年)だ。

 一色は前回大会後、フルマラソンを経験。「これ以上きついことはないと吹っ切れた」と語る。今季の駅伝では出雲、全日本のアンカーでともに区間2位となり、2冠の立役者に。箱根では過去4人だけの1時間6分台を狙い、3連覇への流れを引き寄せる決意だ。




 ニャイロは出雲と全日本で、いずれも一色との直接対決を制して区間賞を獲得した。2区では前回、残り3キロの上りで失速したが、「今季はスタミナに自信を持てるようになったので、1番になれる」と断言。大学OBのメクボ・ジョブ・モグスの区間記録更新を目指す。

 前回、ルーキーで区間5位と健闘した順大の塩尻和也(2年)も有力。リオデジャネイロ五輪男子3000メートル障害に出場するなど順調に成長を続け、長門俊介監督も「1時間7分台に届くと思う」と太鼓判を押す。

 駒大は前回区間4位で、「総合優勝への勢いをつけたい」と意気込む工藤有生(なおき)(3年)を再起用。6大会ぶりの総合優勝を狙う早大は、全日本4区区間賞の永山博基(2年)が初挑戦する。




 強力ルーキーがそろう東海大は関颯人(はやと)(1年)を抜てき。出雲3区区間賞の大器が、どんな箱根デビューを見せるか。予選会で日本人トップの3位だった神奈川大の鈴木健吾(3年)も成長著しく、前回区間14位の雪辱に燃えている。1万メートル27分台の記録を持つ日大のケニア人留学生パトリック・ワンブィ(2年)も、区間賞争いに絡むだろう。
posted by 得笠野 哲太 at 07:45| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月01日

大宮・武蔵一宮氷川神社、年末年始の準備進む 

 大宮の武蔵一宮氷川神社(大宮区高鼻町1)では、年末年始の大勢の参拝客を受け入れる準備が進められ、来年の干支の「酉」を描いた大きな絵馬がすでに境内に飾られている。

 12月31日は通常と同じく、17時にお守り、みくじ等授与所は閉まる。楼門は開門されたままのため、境内に入ることはでき「年越し直前の22時以降には境内は年越しを待つ人で混雑することが多い」と同社職員は説明する。

 元旦の参拝は、0時〜22時、お守り・みくじ等の授与は0時〜21時半、祈とうは0時〜20時(5時頃から歳旦祭(さいたんさい)終了の8時頃まで休止)となる。7日まで各受け付けの終了時間は変則的のため、ホームページ等で確認のこと。

1月4日は仕事初めの企業なども多いため、混雑緩和を目的に会社団体の祈祷人数を制限する。当日の祈祷の昇殿人数は、一社、一団体あたり10人まで。

 同神社には、今年年始は三が日だけで約210万人の参拝客があった。同社職員は「年末年始は大変混雑するので、参拝の際には電車など公共交通機関の利用や徒歩で来ていただければ。参拝に時間がかかることもあるので暖かい格好でお越しください」と呼び掛ける。

 12月31日夕方から1月3日まで神社の駐車場は閉鎖され、周辺道路は交通規制も行われる。




posted by 得笠野 哲太 at 13:01| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

「慰安婦は捏造」パネル展、札幌市内で相次ぐ 「人権侵害」と抗議の声も 市、制限には慎重姿勢

「日本人の名誉を守る」
 戦時中の従軍慰安婦問題について「捏造(ねつぞう)された歴史だ」と主張し、日本の加害責任を否定するパネル展が最近、札幌市の公共施設などで相次いで開かれている。現代の韓国人女性の売春に触れたパネルもあり、市民団体などは「人権侵害で民族差別だ」と憤る。ただ、市は憲法21条が保障する表現の自由を守る立場から利用を認めている。

 「(慰安婦が)『日本軍に性奴隷にされた』話は全くの嘘(うそ)」。今月3、4日、札幌市豊平区の豊平区民センターで開かれた「歴史写真展 史実に見る慰安婦」。独自の歴史観を示す36枚のパネルが並んだ。

 パネルは慰安婦について、当時法的に容認された公娼(こうしょう)制度と「おおむね同じ」と主張。旧日本軍が侵攻したビルマ(現ミャンマー)で慰安婦だった朝鮮半島出身の故文玉珠(ムンオクチュ)さんを取り上げ、文さんが約2万6千円を蓄えていたとして「慰安婦の所得は(軍の)大将を上回る高額」と説明した。文さんの回想録から、兵士の1人に恋をしていたことも抜粋した。

 さらに現代の韓国人女性について「10万人以上が世界中で売春を行っている」と記述した。ただ、その根拠や慰安婦の歴史を問うこととの関係性を示す説明は見当たらない。




 主催した実行委員会の1人で札幌在住の70代男性は「日本人の名誉を守りたい」と話す。パネル展は若い世代を含む数十人で準備をすることもあるといい、2014年からこれまでに札幌エルプラザ(北区)や区民センター、旭川、岩見沢両市などで15回開催した。今月のパネル展は保守系団体・日本会議の北海道本部が後援し、実行委にも会員が入っている。
「歴史を歪曲、捏造している」
 ただ日本政府は、1993年当時の河野洋平官房長官談話で慰安婦が旧日本軍の関与の下で「心身にわたり癒やしがたい傷を負われた」と認めている。慰安所では、兵士らに利用料が課されていたとの史料も残るが、日銀の調査では、文さんがいたビルマは超インフレで貨幣価値が暴落していた。文さんの回想も憲兵らに連行され慰安婦になり、連日多くの兵士の相手をさせられて涙したり、暴力を受け骨折したりとつらい経験が大半だ。

 歴史の継承に取り組む市民団体はパネル展に警戒感を強める。在日朝鮮人2世で「日本軍『慰安婦』問題の解決をめざす北海道の会」の金時江(キムシガン)共同代表は「展示は歴史を歪曲(わいきょく)、捏造し、元慰安婦の尊厳を再び傷つけ、特定の民族をおとしめる内容。許せない」と憤る。

 札幌市には展示への抗議や、施設を使わせないよう求める意見が約30件寄せられている。これに対し、秋元克広市長は6日の定例市議会で、関連質問に「パネル展は主催団体の歴史認識を表明したもので、ただちに利用を不承認とすることにはならない」と答弁。表現の自由の下で、施設の利用制限は抑制的にすべきだとの判例を踏まえた。




 学生と元慰安婦を訪問する学習を行ってきた神戸女学院大の石川康宏教授は「何が真実なのか、市民一人一人が考え、確かめる責任がある」。慰安婦問題を扱う教育や報道が少ない現状を懸念し、社会がもっと歴史に向き合うよう訴える。
posted by 得笠野 哲太 at 05:54| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月26日

【福袋2017】2016年に買占め騒動が起きたスタバの福袋…2017年はなにか対策をとるの? 広報に聞いてみました

もうすぐ2016年も終わり、新しい年がやってきます。新年最初のお楽しみといえば福袋ですね。人気のお店の福袋は毎年争奪戦なのですが、特に人気が高いもののひとつがスターバックス・コーヒーの福袋。
2016年のお正月、関東の一部店舗で、店頭に用意されていたスターバックスの福袋108個すべてを買い占めた人物が現れ、話題となったことを覚えている人も少なくないのではないでしょうか。

買い占め行為の是非や、個数制限を設けておらず、とっさの対応ができなかったというお店側の対応など、さまざまな理由から大きく議論となったわけなのですが、2017年はなにか、対策をとる予定なのでしょうか。スターバックスの広報担当者に、話を聞いてみました。

【スターバックスコーヒーの回答】
質問「2016年福袋の大量転売がありました。2017年はどういった対策を考えているでしょうか?」
回答「2017年は、1人1個購入、という個数制限を設けました。また、事前に引換券を配布する予定です。引換券の配布するタイミングは事前に告知いたします」
質問「ネット予約販売は行わないのですか?」




回答「今後やるかもしれませんが、我々は、福袋はお店に来てもらって購入してもらうものと考えています。そのため今のところは、ネット予約販売は考えていません」

【対策があるみたいでよかった】
どうやら、購入方法など、2017年は事前に告知があるようなので、福袋が欲しい方は公式ウェブサイトや最寄りの店舗のお知らせなどをチェックしておくとよさそうです。
1人1つということならば、チャンスは公平。また引換券があるのなら、寒い中で長時間並ぶ手間も省けていいですね。「福袋はお店で買うもの」という店ならではなポリシーがある点にも、好感が持てました。ご協力、ありがとうございました!
posted by 得笠野 哲太 at 13:55| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アップル、2017年の初売りは1月2日!対象商品の購入でギフトカードを進呈か

アップル(Apple)は、2017年の初売りを1月2日に開催すると、公式ウェブページ上で明らかにしている。

 Apple Watchをメインビジュアルに据えた専用ウェブページには、「お正月が待ちきれない。」の文字とともに、オンラインストアおよび直営店にて、同日初売りを実施する旨が案内されている。同ページ上には、iTunesカードをはじめとしたギフトカードのビジュアルも配置されているので、対象商品の購入により、これらがプレゼントされる可能性が高い。


 現時点において、「Lucky Bag」と呼ばれる福袋の存在は明らかにされていない。2016年は初売りもLucky Bagもなく、さびしい思いをしたユーザーは多かったと思うが、ひとまずこうして、大々的に初売り復活の発表があったことは嬉しい限りだろう。


 なお、現状1月2日のオープンが案内されているのは、銀座店、名古屋栄店、心斎橋店、渋谷店、表参道店、福岡天神店で、いずれも午前10時から午後8時までとなっている。





posted by 得笠野 哲太 at 13:25| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

第28回加古川マラソンが23日、兵庫・加古川市で開催

第28回加古川マラソンが23日、兵庫・加古川市で開催されました。フル、10キロ、5キロ、3キロ、ファミリー2キロの部に6477人がエントリーし、加古川の河川敷を駆け抜けました。

 日本陸連公認コースのフルは平坦で記録の出やすい一方、風が「くせ者」。今年も南からの強風が吹き荒れ、安全面に配慮しスタート・フィニッシュゲートを設置せずに競技が始まりました。
 悪条件下、懸命に走り切った関西のランナーのコメントを紹介します。

 清原満さん(44=2時間59分22秒、兵庫県)「一番苦しい24〜33キロが追い風になって助かった。加古川が地元なので3時間を切れて合格です」
 田畑稔さん(40=3時間7分58秒、大阪府)「ベストを2分更新。調子がよくて5分を切れるかなと思ったけど、最後が向かい風になってダメでした」

 岩崎真由美さん(50=3時間38分18秒、滋賀県)「フラットで記録が出やすいと聞いて初参加。30分切りを狙いましたが、やっぱり甘くなかった」
 ラスト1キロ地点の沿道には近隣の小中高生約100人が集まり、「もうすぐゴール」「頑張って〜」とハイタッチで激励。風の中、走り続けてきたランナーには最高の「ごほうび」になったはずです。




posted by 得笠野 哲太 at 08:25| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

福岡市博物館×『刀剣乱舞』のコラボ決定!

1月から福岡県福岡市博物館での「国宝 刀 名物 へし切長谷部」と「大身鎗 名物 日本号」の展示を記念して『刀剣乱舞』とコラボ!
福岡市博物館に所蔵されているへし切長谷部と日本号の描き下ろしイラストが公開です。

福岡市博物館では、描き下ろしイラストを展示!

日本号のキャラデザ 鈴木次郎先生

そして、等身大パネルも登場します。

コラボ概要
「国宝 刀 名物 へし切長谷部」展示期間
1月5日〜2月5日

期間中、日本号レプリカに触れることができるイベントも予定!
その重さをぜひ実感してみてください。




fcmuseum.blogspot.jp
博物館ではコラボ缶バッジ(2個セット500円)が登場!

他にも、刀剣の実物大ポスターやクリアファイルなども販売。
(日本号の実物大ポスターは約4mあります)

「国宝 刀 名物 へし切長谷部」は毎年1月からの一ヶ月間だけ公開!
福岡市博物館で皆さんのことを「へし切長谷部」と「日本号」が待っています。

美しい&かっこいい

2016.12.22 17:37
うわああああなにこれかっこいいいいいなにこれえええええええ


2016.12.22 17:37
えっ まって ちょっとまって


2016.12.22 17:37
ふつくしい


2016.12.22 17:37
ひええええええはせべやばい


2016.12.22 17:37
はせべかっこいい〜〜!!


2016.12.22 17:37
おわああああああ綺麗すぎて


2016.12.22 17:37
描き下ろしきたー!!!!!


2016.12.22 17:37
世界一藤の花が似合う刀へし切長谷部


2016.12.22 17:37
日本号の手つき最高


2016.12.22 17:37
会いに行きます




「へし切長谷部」は年1回の展示なので、今年の1月もコラボはなかったのですが大盛り上がり!
連日沢山の方が福岡市博物館へ「へし切長谷部」に会いに足を運んでいました。

2振りに会いに、そして福岡旅行も一緒にいかがですか?
期間中に行くのが難しい方も、「日本号」は常設なのでぜひ。
福岡市博物館には、教科書で1度は見たことがある?「国宝 金印」なども展示されています!


コラボの描き下ろしシリーズ、たまらないです。


ふくやま美術館×『刀剣乱舞』のコラボを記念して、「江雪左文字」、「明石国行」の描き下ろしイラストが公開!さらに会場には「こんのすけ」も来場!
11月12日(土)から広島県福山市・ふくやま美術館にて国宝『太刀 銘筑州住左(江雪左文字)』、国宝『太刀 銘国行(明石…
2016-11-04 14:23
posted by 得笠野 哲太 at 19:54| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

秋田県横手市で「秋田盆おどりサミット」12月4日開催

横手市の複合施設「増田ふれあいプラザ」(横手市増田町増田)で12月4日、「秋田盆おどりサミット」が開かれる。主催は増田盆おどり保存会。

「秋田盆おどりサミット」イン増田

 地域の伝統文化継承を目的に、盆おどり関係者が集まり交流する同イベントは今年で11回目。

 会場では当日、増田城築城の悲話を題材とし、600年以上の歴史と伝統を持つとされる「増田の盆踊り」のほか、国指定重要無形民族文化財「西馬音内盆踊り」(羽後町)、「毛馬内の盆おどり」(鹿角市)などを披露する。






 このほか、「高円寺阿波おどり・朱雀連(すざくれん)」をゲストに招き、「見る、知る、踊る」をテーマに、歴史、文化、魅力などについて、実演や映像を交え紹介する予定。

 増田盆おどり保存会の魚谷幹子さんは「東北以外のゲストは今回が初めて。阿波踊りの楽しいだけのイメージを覆す美しい振り付けにほれ込み、3年がかりの願いがかなった。地元の人も一緒に見て踊って楽しんでいただけたら」と呼び掛ける。

 開催時間は12時〜16時。入場料=500円。
posted by 得笠野 哲太 at 03:33| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

ダイバーシティ東京 3月5日までで「実物大ガンダム立像」の展示が終了へ

バンダイナムコホールディングス、バンダイ、サンライズ、創通の4社は、ダイバーシティ東京プラザ2Fフェスティバル広場に設置している、実物大ガンダム立像である「RG1/1 RX78-2ガンダム Ver.GFT」の展示を、2017年3月5日で終了すると発表した。

 実物大ガンダム立像は、2009年夏に臨海副都心エリアの潮風公園にて行われたGREEN TOKYO ガンダムプロジェクトにて、全高18mの「RG1/1 RX-78-2ガンダムVer.G30th」が登場。その後は、「模型の世界首都 静岡ホビーフェア」に「RG1/1 RX-78-2 ガンダム」として、ガンダムの代表的な装備であるビーム・サーベルを右手に持った新たな姿で登場。そして2012年春から、RG1/1 RX-78-2ガンダム Ver.GFTがダイバーシティ東京に展示されていた。

 なお、同施設内7階にて営業している「ガンダムフロント東京」も、2017年4月5日をもって営業を終了することもあわせて発表した。

バンダイナムコホールディングス、バンダイ、サンライズ、創通の4社は、ダイバーシティ東京プラザ2Fフェスティバル広場に設置している、実物大ガンダム立像である「RG1/1 RX78-2ガンダム Ver.GFT」の展示を、2017年3月5日で終了すると発表した。

 実物大ガンダム立像は、2009年夏に臨海副都心エリアの潮風公園にて行われたGREEN TOKYO ガンダムプロジェクトにて、全高18mの「RG1/1 RX-78-2ガンダムVer.G30th」が登場。その後は、「模型の世界首都 静岡ホビーフェア」に「RG1/1 RX-78-2 ガンダム」として、ガンダムの代表的な装備であるビーム・サーベルを右手に持った新たな姿で登場。そして2012年春から、RG1/1 RX-78-2ガンダム Ver.GFTがダイバーシティ東京に展示されていた。




 なお、同施設内7階にて営業している「ガンダムフロント東京」も、2017年4月5日をもって営業を終了することもあわせて発表した。
posted by 得笠野 哲太 at 19:05| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恒例の「サル山温泉」 北海道函館市・市熱帯植物園

北海道函館市の市熱帯植物園で、恒例の「サル山温泉」が始まった。午前9時現在の気温は6・8度。園のサル山で飼育されているニホンザルが露天風呂につかり、入浴を楽しんだ。


 同市の湯の川温泉の源泉に水を加え、約40度にしている。サル山で飼育されているニホンザルは約90匹。寒さが厳しくなるにつれて風呂の中で長時間過ごすサルもいて、観光客らの人気を集めている。サル山温泉は来年5月上旬の大型連休まで続く。


師走入りした1日、北海道函館市の市熱帯植物園で、恒例の「サル山温泉」が始まった。午前9時現在の気温は6・8度。園のサル山で飼育されているニホンザルが露天風呂につかり、入浴を楽しんだ。






 同市の湯の川温泉の源泉に水を加え、約40度にしている。サル山で飼育されているニホンザルは約90匹。寒さが厳しくなるにつれて風呂の中で長時間過ごすサルもいて、観光客らの人気を集めている。サル山温泉は来年5月上旬の大型連休まで続く。

師走入りした1日、北海道函館市の市熱帯植物園で、恒例の「サル山温泉」が始まった。午前9時現在の気温は6・8度。園のサル山で飼育されているニホンザルが露天風呂につかり、入浴を楽しんだ。

 同市の湯の川温泉の源泉に水を加え、約40度にしている。サル山で飼育されているニホンザルは約90匹。寒さが厳しくなるにつれて風呂の中で長時間過ごすサルもいて、観光客らの人気を集めている。サル山温泉は来年5月上旬の大型連休まで続く。


posted by 得笠野 哲太 at 15:08| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

名古屋三越が2017年の福袋 公開



名古屋のデパートでは、お正月に販売する福袋のお披露目会が行われました。
お披露目したのは、名古屋三越栄店で、来年1月3日から5万5000個の福袋を売り出す予定です。

この中には、今年の流行をテーマにしたものもあり、今や世界中で大人気の「ピコ太郎」の「PPAP」から、その名を取ったこの福袋、ペンやパイナップル柄のエコバッグ、それにアップル型の鍋などがセットになっています。

また、この福袋のテーマは、「アモーレ」。
サッカー日本代表の長友選手が、交際相手を明かした際に使ったイタリア語で、羽毛布団や枕が、セットになっています。




また、4500グラムの純金を使用した「金のシャチホコ」など、様々な福袋が揃えられています。
名古屋三越栄店では、年の初めに、いいスタートが切れればと意気込んでいました。
posted by 得笠野 哲太 at 19:12| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

霜降り上タン塩など希少部位が1129円で食べ放題! 牛角「いい肉の日」

レインズインターナショナルは11月22日、牛角にて11月29日の「いい肉の日」に1組で1129(イイニク)円(以下、すべて税抜き)で29商品が食べ放題になるイベントを開催すると発表した。五反田店、越谷店、逆瀬川店、十三店の4店舗にて開催予定。


 レインズインターナショナルは11月22日、牛角にて11月29日の「いい肉の日」に1組で1129(イイニク)円(以下、すべて税抜き)で29商品が食べ放題になるイベントを開催すると発表した。五反田店、越谷店、逆瀬川店、十三店の4店舗にて開催予定。
 
 食べ放題メニューには、「霜降り上タン塩」(1280円)や「うわみすじの塊焼き」(レギュラーサイズ2780円)など希少部位を使用した商品も含まれる。イベントには事前のインターネット予約が必要だ。



 
1129円食べ放題
日時:11月29日 午前11:29〜
90分食べ放題(ラストオーダー70分)
会場:牛角 五反田店、牛角 越谷店、牛角 逆瀬川店、牛角 十三店
申込方法:「ヤフー予約 飲食店」 対象サイトからのインターネット予約限定
申込開始:11月24日 15時受付開始
参加資格:焼肉を愛し、会場の皆と美味しいお肉を分かち合える人、グループ全員分のお会計全額をおごってあげる器の大きな人
参加人数:各店8〜13組
 
 
posted by 得笠野 哲太 at 02:13| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

埼玉県久喜市 東武鉄道がファンフェスタ 車両撮影会や操作体験

 東武鉄道の南栗橋車両管区(埼玉県久喜市)で12月4日、「2016 東武ファンフェスタ」が開かれる。「スペーシア」など計7編成の車両撮影会、車両工場内での車内放送やドア操作の体験、運転台見学、Nゲージ運転会などがある。鉄道グッズなどが当たる大抽選会や、東武の運転士用カバンのレプリカ販売も(20個限定、2万円)。

 午前10時〜午後3時(入場は午後2時半まで)。入場無料。東武日光線南栗橋駅から無料シャトルバスを運行する。問い合わせはホームページ(http://www.tobu.co.jp)または東武鉄道お客さまセンター(03・5962・0102)。

 東武鉄道の南栗橋車両管区(埼玉県久喜市)で12月4日、「2016 東武ファンフェスタ」が開かれる。「スペーシア」など計7編成の車両撮影会、車両工場内での車内放送やドア操作の体験、運転台見学、Nゲージ運転会などがある。鉄道グッズなどが当たる大抽選会や、東武の運転士用カバンのレプリカ販売も(20個限定、2万円)。




 午前10時〜午後3時(入場は午後2時半まで)。入場無料。東武日光線南栗橋駅から無料シャトルバスを運行する。問い合わせはホームページ(http://www.tobu.co.jp)または東武鉄道お客さまセンター(03・5962・0102)。
posted by 得笠野 哲太 at 02:03| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

26日夜 山口県防府天満宮で西日本屈指の荒祭り「裸坊祭」

26日夜、山口県の防府天満宮で、西日本屈指の荒祭りとして知られる「裸坊祭」がありました。
 防府天満宮の「御神幸祭」、「裸坊祭」は、1000年以上続く行事で、西日本屈指の荒祭りとして知られます。無実の罪で左遷された菅原道真公が立ち寄ったときの送り迎えを再現したと言われています。



ご神体が乗る「御網代」に触れると願いがかなうとされ、境内は白装束に身を包んだ勇壮な男たちの熱気に包まれました。









 「すごい迫力があった」

 「(みこしを担ぐのは)まちの人とも触れ合えるし、よい機会になった」(参加した児童)

 「御網代」はこのあと、およそ2.5キロ離れた市内のお旅所を目指し、町を練り歩きました。


26日夜、山口県の防府天満宮で、西日本屈指の荒祭りとして知られる「裸坊祭」がありました。
 防府天満宮の「御神幸祭」、「裸坊祭」は、1000年以上続く行事で、西日本屈指の荒祭りとして知られます。無実の罪で左遷された菅原道真公が立ち寄ったときの送り迎えを再現したと言われています。

 ご神体が乗る「御網代」に触れると願いがかなうとされ、境内は白装束に身を包んだ勇壮な男たちの熱気に包まれました。

 「すごい迫力があった」

 「(みこしを担ぐのは)まちの人とも触れ合えるし、よい機会になった」(参加した児童)

 「御網代」はこのあと、およそ2.5キロ離れた市内のお旅所を目指し、町を練り歩きました。


posted by 得笠野 哲太 at 01:50| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

千葉ポートパーク「ポケストップ」大幅削除 住民歓迎の声 プレーヤーからは困惑も 

スマートフォン向けゲーム「ポケモンGO(ゴー)」の利用者によるごみの散乱や違法駐車が問題となっていた千葉ポートパーク(千葉市中央区中央港1)で、ゲームアイテムを入手できる「ポケストップ」が大幅に削除された。一時期はポケモンを探し回る人々であふれたポートタワー前広場も“平穏”を取り戻しつつある中、一部のプレーヤーからは困惑の声が上がっている。

 同パークを管轄する県千葉港湾事務所は8月、同ゲームによる問題を受け、開発を主導した米ナイアンティック社へパーク内のポケストップ削除を要請。今月4日夕になって、パーク内にあった13カ所のうち10カ所が削除されたことを確認した。

 ポケストップ4カ所が集中し多くのプレーヤーであふれていた広場は、1カ所だけになった。削除後は、近隣住民がランニングや犬の散歩をする憩いの場としての本来の姿を取り戻した。






平日にも関わらずポケモンを探し回る人々であふれる千葉ポートパークの広場(削除前)=9月27日午後2時半ごろ
 千葉ポートタワーによると、多い時は一日千人以上訪れていた広場前のプレーヤーが200人程度に激減。ごみは少なくなり、駐車場も以前の状態に戻った。斉藤久芳館長は「少なくなった直後は寂しい気もしたが、タワーの有料入館者数が回復し、クレームも減った。通常の来園者とプレーヤーの調和が取れた状態になっているのでは」と分析した。

 ポケストップ削除に、犬の散歩に訪れた70代女性は「以前までよく散歩に来ていたけれど、ここ2〜3カ月は駐車場がいっぱいで行けなかった。また散歩ができる」と歓迎。施設内を周遊する「パークトレイン」の運行担当者は「純粋に公園を楽しみたい人が戻ってきたのでいい傾向だと思う」と語った。

 一方、プレーヤーからは困惑の声も。週に3回程度ポケモンを探していた会社員の50代男性は「移動せずにポケモンとボールが取れるいい場所だった。復活してほしい」とつぶやいた。

 同事務所は「家族連れで散歩に訪れる人も増え、とりあえず元の状態に戻った。効果はあった」。特に問題も発生していないことから、残り3カ所の削除依頼については考えていないという。
posted by 得笠野 哲太 at 10:24| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「1000人の金田一耕助」岡山・倉敷で仮装ファン練り歩く

作家横溝正史(1902〜81年)が生んだ名探偵・金田一耕助らに扮(ふん)し、シリーズ第1作「本陣殺人事件」の舞台となった倉敷市真備町地区を練り歩く「1000人の金田一耕助」が26日行われ、全国から多くのファンが“聖地”を訪れた。


はかまとお釜帽でおなじみの名探偵をはじめ、白覆面が不気味な「犬神家の一族」の佐清(すけきよ)、派手な着物姿の「獄門島」鬼頭三姉妹らに仮装した過去最多の114人が集まった。
コースは、シリーズで金田一が初登場したJR清音駅前から高梁川を西に渡り、横溝の疎開宅や物語ゆかりの寺などに立ち寄りながらの約5キロ。参加者は写真を撮り合い、景色と作品世界を重ねておしゃべりしながら、横溝ワールドに浸った。







コースの途中では地域住民らが作品の一場面を再現した寸劇を演じるなど、イベントを盛り上げた。「犬神家の一族」で水面から遺体の両足が突き出た場面を仮装に取り込んだ広島市南区の自営業女性(43)は「横溝作品を語り合える仲間ができてうれしい。仮装も細部にまでこだわっている人が多く、感心します」と話していた。


イベントは「巡(めぐる)・金田一耕助の小径(こみち)」(倉敷市などでつくる実行委主催)の主要行事として2009年から毎年秋に行われている。





posted by 得笠野 哲太 at 02:31| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月23日

「神戸ITフェスティバル2016」 「攻殻機動隊」とコラボ

「デザイン・クリエイティブセンター神戸(愛称「KIITO」=きいと)」(神戸市中央区小野浜町)で11月25日・26日、「神戸ITフェスティバル2016」が開催される。


IT技術による地域貢献を目的に開く同イベント。「ともにひらく扉・響きあうドキドキ!」をテーマにした昨年は、IT関係者だけでなく子ども200人を含む1400人を超える参加があった。
6回目となる今年のテーマは、「ツクル」。「驚きと感動をツクル、暮らしを便利で豊かにする新たな発想をツクル、知識と技術力で、新たな未来をツクル」ことを目指し、セミナーやブース展示、参加型イベントの3構成で展開する。


今年は、神戸市主催の「ウェアラブルデバイスって何だ?フェスティバル」とコラボ。デザイナーやエンジニアだけでなく、一般ユーザー向けにも、ウェアラブルデバイスに関連するセミナーを2日間にわたり開催する。
さらに神戸市は、神戸ゆかりのアニメ作品「攻殻機動隊」の世界をリアルにしようとするプロジェクト「攻殻機動隊 REALIZE PROJECT」と連携し、AI(人工知能)についての研究内容とその実現性を専門家が語る、特別講義とシンポジウムを開く。11月26日の神戸ITフェスティバル内で行う。





期間中、子どもにプログラミングの面白さを感じてもらう参加型イベント「CoderDojo in 神戸ITフェスティバル2016」、ゲーム「マインクラフト」を活用した「第6回マインクラフトデイ 神戸ITフェス 〜皆で理想の都市を作ろう〜」なども行う。


神戸ITフェスティバル実行委員会は、神戸を愛するIT技術者や企業人、学生、行政関係者などのボランティアで運営する。オーガナイザーの鈴木敏郎さんは「ITという言葉の枠やイメージにとらわれず、楽しんでいただけるイベントにしたい。ここで出合ったものから、参加者の方が新たな可能性を創り出してもらえたら」と話す。


開催時間は、25日=12時〜18時20分(11時30分受付開始、アフターパーティー 18時30分〜20時30分)、26日=10時〜17時(9時30分受付開始)、入場無料。同イベントのホームページでは現在、セミナーやアフターパーティー参加者の申し込みを受け付けている。
posted by 得笠野 哲太 at 22:37| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋田市御所野で「ミニ四駆」大会開催(12月3.4日) 県内では過去最長438メートルコース

秋田県中央シルバーエリア(秋田市御所野)で12月3日・4日、「秋田ミニ四駆フェスティバル」が開かれる。

438メートルの「ミニ四駆」コース
モーターと電池で駆動する自動車模型「ミニ四駆」。秋田市を拠点に活動するファンクラブ「Team Modify Panoramagic」が5年前から開く同イベントは、今回で42回目を数える。


模型の組み立てからコース走行まで行う体験会では、未経験者が対象の親子体験教室も開く。レース会では、1周約200メートルのコースを使って行う予選を経て、県内で開かれるレース会としては過去最長となる438メートルのコースで本戦を競う。





同クラブの佐藤雄輝さんは「親子で楽めるイベントとして企画した。見学は自由なので、コースを疾走する模型の迫力を会場で感じてもらえれば」と来場を呼び掛ける。


開催時間は、体験会(3日)は13時〜、レース会(4日)は9時〜。参加費は体験会1,200円、レース会500円(小学生以下は100円)。予約が必要。
posted by 得笠野 哲太 at 00:38| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

練馬区立向山庭園(練馬区向山3)11月23日〜25日、夜間の特別ライトアップ実施

西武池袋線・豊島園駅近くの練馬区立向山庭園(練馬区向山3)で11月23日〜25日、夜間の特別ライトアップが行われる。


 庭園を有する日本建築の同施設は、文芸、茶道、囲碁などの活動場所などとして使われている。


 紅葉で彩られた同庭園の木々をライトアップする同イベントは2014年、1日だけライトアップの試験点灯を行ったところ、好評だったことから、昨年から期間を3日間に延長して行っている。ライトアップでより鮮やかに彩られた庭園と紅葉を楽しむことができる。


 期間中、庭園散策時間も延長する。同施設担当者は「水面に映える真っ赤に染まった庭園の紅葉は趣深く、都心近くとは思えない落ち着きを感じる。ぜひ足を運んでほしい」と呼び掛ける。


 開園時間は9時〜21時30分。ライトアップ時間は17時30分〜20時30分。入園無料。




posted by 得笠野 哲太 at 23:16| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福本伸行さんの企画展、「福本伸行 横須賀ざわ...ざわ...展 カイジ×アカギ×黒沢の世界」

『賭博黙示録カイジ』などで知られる漫画家・福本伸行さんの企画展、「福本伸行 横須賀ざわ...ざわ...展 カイジ×アカギ×黒沢の世界」が、11月19日(土)から12月25日(日)まで、神奈川県横須賀市にある世界三大記念艦「三笠」艦内で開催中だ。


期間中は、横須賀市出身の福本さんの代表作、『アカギ〜闇に降り立った天才〜』『賭博黙示録カイジ』『最強伝説 黒沢』の出力画およそ50点を展示。記念グッズの販売に加え、市内の飲食店ではコラボメニューも提供されている。


開催初日、歴代の担当編集者を招いて福本伸行さん自身が登壇するトークイベントも行われ、人気漫画の連載に至るまでの裏話などが飛び出した。
横須賀市出身の福本伸行による凱旋個展
会場となったのは三笠の中甲板にあたるエリアの一画。入口のある上甲板から見た場合、2つ下のフロアだ。入場のタイミングから、何か非日常的な空間へ足を踏み入れているような感覚を味わえる。


そもそも開催場所が三笠となった背景には、2014年に開催した横須賀に関連するアニメやマンガのシンポジウム「横須賀Sプロジェクト」がある。同イベント以降、シンポジウムに登壇された横須賀市出身の福本さんとの関係性がスタート。





2015年7月には、テレビドラマ『アカギ』の放送に合わせ、主人公・赤木しげるの墓碑を市内に設置。福本さんを招いて除幕式などを行っている。


今回は、同年に阿佐ヶ谷アニメストリートで開催された「ざわ...ざわ...展」を、規模を拡大して誘致。『アカギ』のほかに、『カイジ』『黒沢』といった代表作を加え、福本さんの思い出の場所でもある世界三大記念艦「三笠」での開催が決定した。
出力画に麻雀卓 心をざわつかせる展示
展示スペースは艦内だけあって、やや天井が低い。しかしそれが、「ざわ……ざわ……」「……ッ!」などに代表される、福本作品特有の緊張感を際立たせているようだった。


50点以上の出力画が所狭しと並べられ、中央のスペースには福本さんサイン入りの交通安全ロボット太郎が鎮座。


また、イベント開催にあたって制作された色紙や、ドラマ「アカギ」の舞台小道具として鷲巣麻雀牌や鷲巣式麻雀卓、バフォメット像などの立体物も、ファンの注目を集めていた。


出力画はいずれも作品の名シーンやコミックスの表紙イラストなど。印象的なフレーズ、さらにインパクト大の表情と、そのワンシーンを見るだけで、手が汗でじんわりと湿ってきそうだった。
posted by 得笠野 哲太 at 22:19| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

八王子でボルダリングのワールドカップ、来春開催へ

エスフォルタアリーナ八王子(八王子市狭間町)で2017年5月6日・7日、ボルダリングのトップクライマーが集まる「IFSCクライミング・ワールドカップ ボルダリング八王子2017」が開催される。


 日本山岳協会(渋谷区)の主催で行う同大会。ボルダリングは壁面に取り付けたホールドを手掛かりにロープなどを使わず壁を登るスポーツクライミングの一種で、8月にリオデジャネイロで行われた国際オリンピック委員会(IOC)総会において、2020年に行われる東京オリンピックの追加競技として選ばれたことでも知られる。


 年間を通じて世界各地で行われる「ワールドカップ」を東京で開催するのは今回が初めて。「国内には435のクライミングジムがあり、オリンピックの正式競技にもなるなど盛り上がりを見せている。世界のトップクライマーが集う大会をエスフォルタアリーナ八王子で開催できるのは大慶の至り」と日本山岳協会の尾形好雄副会長。


 大会にはヨーロッパや北米、アジアなどから120人ほどの選手が参加する見込み。アルプス山域のイタリア、フランス、オーストリア、スロベニア、スイスなどの強豪国に加え、2016年世界ランキングで1位の楢崎智亜(ならさきともあ)ら国内選手の活躍も期待される。





 尾形さんは「ゴールデンウイークに世界のトップクライマーが集う。素晴らしい施設でトップクライマーの素晴らしいパフォーマンスをお見せしたい。オリンピックまで4年を切った中で、1つ1つの大会をスケールアップしていくことで、2020年に近づけていきたい」と意気込む。


 「スポーツクライミングは若い愛好者が多く、八王子にもジムが2つある。(大会の開催は)非常にうれしい」と石森孝志八王子市長。市制100周年記念事業として、大会運営の実行委員会に市が参加することになっており、11月1日には「国際スポーツ大会推進室」を設置するなど開催に向けた準備も始めた。


 「2020年に向けてメダルの期待もかかるので、非常に多くの方が注目されていると思う。ワールドカップの開催で競技人口の増加などにも貢献したいし、ノウハウを積み重ねていくことで、ほかの大会の開催などにもつなげていきたい」と話す。
posted by 得笠野 哲太 at 21:29| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

制作会社 カラー10周年記念 (展示会) エヴァンゲリオンの原画など展示 

アニメ「エヴァンゲリオン」シリーズを生んだ庵野秀明氏が代表を務める映像企画・制作会社のカラー(東京都杉並区)による企画展「株式会社カラー10周年記念展示会」が23日からラフォーレミュージアム原宿で開かれる。開催前の22日、内覧会が開かれた。


 庵野氏が設立したカラーが今年5月に創立10周年を迎えたことを記念し、「過去(これまで)のエヴァと、未来(これから)のエヴァ。そして現在(いま)のスタジオカラー。」と題して行われる同社初の展示会で、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズの原画や設定資料のほか、映画「シン・ゴジラ」のひな型3体も展示される。


 また、取締役を務める漫画家、安野モヨコ氏が庵野氏との夫婦生活を描いた「監督不行届」の番外編として新たに書き下ろした「おおきなカブ(株)」をアニメーション化して上映する。





 ほかに、短編アニメーションシリーズ「日本アニメ(ーター)見本市」の原画・資料など、約300点が展示される。また、保管する特撮作品のミニチュアなどの展示も行い、アニメーション制作のほか、実写作品を含む映像の企画・製作、特撮作品に関する資料保存など、多岐にわたる同社の事業を紹介する展覧会となっている。


 展示会は23日から30日まで。問い合わせは同展事務局(03・6712・7839、平日午前10時〜午後6時)。
posted by 得笠野 哲太 at 19:19| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「前田藤四郎と川上澄生−モダニズム版画の実験室−」11月27日まで

27日まで、栃木県鹿沼市の市立川上澄生美術館で。


 大阪で商品広告の制作に携わっていた前田藤四郎(1904〜90年)は一方で若い頃から版画制作を志し、独特の作品を残してきた。同館所蔵の川上澄生(1895〜1972年)の作品と、代表作「屋上運動」をはじめとする大阪新美術館建設準備室などが所蔵する前田の作品計60点を並べており、忠あゆみ学芸員は「2人に面識があったかどうかは分からないが、作品を通した影響が感じられる」と話す。


 川上の「初夏の風」と前田の「監的鏡(かんてききょう)(楽園)」に共通する鮮やかな緑色の画面、大阪と東京のモダンな都市風景を描いた作品の比較などを通して2人の作品の関係性を検証していく。


 開館時間は午前9時〜午後5時。月曜と24日休館。入館料は一般300円、高校・大学生200円、小中学生100円。問い合わせは、鹿沼市立川上澄生美術館(電)0289・62・8272。




posted by 得笠野 哲太 at 17:44| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

静岡県沼津市戸田「へだ温泉深海魚プロジェクト」20日、戸田漁港で「深海魚撮影会」ゲストココリコ田中が来場

沼津市戸田の観光協会や商工会などでつくる「へだ温泉深海魚プロジェクト」(中島寿之代表)は20日、戸田漁港で「深海魚撮影会」を行った。県内外から約150人が参加。水揚げされた深海魚を撮影し、手で触れて観察した。戸田の深海魚の魅力を知ってもらうためのイベント。


【日本初】深海生物に特化したマニアック水族館
 撮影会にはメギス、ミシマオコゼ、メンダコ、ユメザメなど多種多彩な深海魚が並んだ。東京都品川区から参加した大学生の室谷冬香さん(19)は「普段見られない魚ばかりで楽しい」と話した。
 

 特別ゲストとしてサメ好きで知られる、お笑い芸人のココリコ・田中直樹さんも来場して会場は盛り上がり、東京大大気海洋研究所の猿渡敏郎博士と共に深海魚の説明を行った。田中さんは「イベントに来たのは初めて。いつまでも見ていられる」と感想を語った。


  会場に設置された水槽では、生きたタカアシガニが放され、子どもたちが持ち上げて記念撮影をした。深海魚の試食会もありメギス、メヒカリのフライを振る舞った。深海魚オークションが行われ、参加者たちはレジ袋いっぱいの魚を土産に持ち帰った。




posted by 得笠野 哲太 at 13:47| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

仙台市太白区 あすと長町で「仙台ラーメンフェスタ」11月18日〜11月23日

あすと長町「ゼビオアリーナ仙台」隣の「杜の広場」(仙台市太白区あすと長町1)で11月18日、「仙台ラーメンフェスタ2016」が始まった。

 ラーメンを通じて楽しみの機会を提供し、地元商店街と連動して経済活性化を図ろうと、昨年初開催した同イベント。みちのくエンタテインメント(宮城野区西宮城野)社長で実行委員長の新崎人生さんは「前回は天候も悪い中、大変多くの方に来場いただき、想像していた以上にラーメンの力のすごさを感じた」と振り返る。


 今年は開催期間を6日間に拡大し、昨年より4店舗多い10店舗が出店。うち5店舗が仙台初出店となる。参加店舗と提供するラーメンは以下の通り。


 「金澤濃厚中華そば神仙」(石川県)の「濃厚味噌(みそ)『炎・炙』肉盛そば」、「ラーメンこがね家」(兵庫県)の「極濃豚骨Wチャーシュー麺味玉入り」、「極味噌らぅめん吟屋」(長野県)の「信州極味噌肉そば」、「煮干結社麺やゼットン」(青森県)の「青森煮干し中華そば」、「麺家いろは」(富山県)の「富山ブラック/牛×豚肉W肉盛り味玉ら~めん」、「麺屋宗」(東京都)の「金色香味塩らぁ麺」、「福島ラーメン組!獅子奮迅隊」(福島県)の「福島鶏白湯」、「熊本ラーメン桂花」(熊本県)の「熊本復興ラーメン」、「in EZO」(北海道)の「知床豚 肉盛り 濃厚えび味噌」、「阿波」(徳島県)の「徳島中華そば」。


 価格は全て750円。チケットを購入し、ラーメンと引き換える。トッピングは別料金で、各店での支払いとなる。会場内にはテーブルと椅子を用意したテント席とベンチ席、合わせて約1200席を用意する。





 新崎さんは「九州から北海道まで、現地に行かないと食べられない味が集結している。1人で何日も通って食べたり、何人かで来てシェアして食べたり、楽しみ方は人それぞれ。多くのラーメンを食べてもらいたい」と来場を呼び掛ける。

 開催時間は11時〜20時(最終日は18時まで、オーダーストップは閉場30分前)。入場無料。今月23日まで。
posted by 得笠野 哲太 at 00:40| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする