2017年01月21日

『ターミネーター』、キャメロン&『デッドプール』監督タッグが新作企画中!

映画『ターミネーター』の生みの親であるジェームズ・キャメロンが、自らシリーズに終止符を打つ新作映画を企画しているとDeadlineが独占で報じた。昨年スマッシュヒットを記録した破天荒ヒーロー映画『デッドプール』のティム・ミラー監督を起用する方向で交渉を進めているという。

 同シリーズの映画化権は現在、スカイダンス・プロダクションズの設立者でもある映画プロデューサーのデヴィッド・エリソンが所有しているが、この権利は2019年に切れてキャメロンの元に戻ることになっている。複数の情報筋によるとキャメロンはこのタイミングでミラー監督にメガホンを託し、物語を終わらせるための作品を生み出そうとしているという。エリソンは、ほかにも『ターミネーター』に関する権利を複数所有しているといい、出資面でこの企画を支援するとのこと。一流のSF作家たちを雇い、本作のためのクリエイティブチームを作る資金なども出すそうだ。

 Deadlineでは、この企画がリブートになるのか、キャメロンが自ら監督した『ターミネーター』と『ターミネーター2』の続編になるのかなど、詳細はまだ不明だとしている。『ターミネーター』は1984年に1作目が発表され、2009年までに4本の続編が製作された。2015年には、これまでの物語を全てリセットした新3部作の第1弾として『ターミネーター:新起動/ジェニシス』が公開されたが、アメリカ国内では批評・興行共に不振に終わり、続編の製作が無期限で延期になったと報じられている。













posted by 得笠野 哲太 at 19:43| 2017 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

『ナラタージュ』に坂口健太郎さんの出演が決定!

 嵐・松本潤主演、ヒロイン有村架純でお送りする映画『ナラタージュ』が2017年10月に全国公開される。松本潤、有村架純と禁断の三角関係繰り広げ、嫉妬に揺れる青年役に坂口健太郎の出演が決定した。

島本理生(しまもとりお)原作の『ナラタージュ』は、狂おしいほど純粋に禁断の恋に落ちる二人を描いた恋愛小説で、2006年版「この恋愛小説がすごい」1位にも輝いた。
発売から12年、原作に出会ってから長年にわたり映画化を熱望し、企画・構想を温めてきたという、映画『世界の中心で、愛をさけぶ』を代表作とする恋愛映画の名手・行定勲監督(ゆきさだ いさお)により、満を持しての映画化。

高校教師と生徒として出会った二人が、時が経ち再会した後、決して許されはしない、けれど、一生に一度しか巡り会えない究極の恋に落ちる。眩いばかりのふたりの想いが放つ光と、思いあうほどに濃くなる純愛の陰影が紡ぎ出される。
主人公の葉山貴司(はやま たかし)役には、高視聴率をたたき出したドラマ「99.9 −刑事事件専門弁護士―」でもその圧倒的な個性と際立つ存在感を見せつけた松本潤。『花より男子F』や『陽だまりの彼女』など、これまでの恋愛映画で見せてきたまっすぐな青年役とは違う、許されない恋に悩みながらも思いに抗えない高校教師・葉山を演じる。

そして、葉山を全身全霊で愛する20歳の工藤泉(くどう いずみ)役には、『映画 ビリギャル』で第39回日本アカデミー賞優秀主演女優賞および新人俳優賞を受賞し、2017年にはNHK朝の連続テレビ小説「ひよっこ」の主演にも選ばれた有村架純。全てを捧げてもいいと思える恋に、身も心もさらけ出し突き進む女子大生を、体当たりの演技で挑む。













この二人と、三角関係繰り広げる大学生・小野玲二役として、坂口健太郎が演じる。坂口は、2010年度第25回メンズノンノモデルオーディションに合格しデビュー。映画『ヒロイン失格』で注目を浴び、これまで、映画『俺物語!!』やNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」、1月期の新ドラマ「東京タラレバ娘」にも新進気鋭のモデル・KEY役で出演するなど、話題作への出演が続いている。いま最も注目される俳優が、ヒロイン・泉への忘れられない恋心と嫉妬に揺れる、感情的で繊細な役柄をどう演じるのか期待が高まる。
脚本に強く惹かれて出演を決めたという坂口は、「初めて本を読ませていただいた時、小野君は繊細な男の子で、どこか壊れてしまいそうな、少しずつ歪んでいく感情を表現する事が難しそうな役だと感じました。切なく、悲しい気持ちに感情移入してみてくださる方もいるかと思います。楽しみにしていてください。」と本作への思いを語った。

行定勲監督は坂口のキャスティングに、「普段はポーカーフェイスの彼が突然、笑み破顔する顔は誰もが心を奪われ、小野の役にぴったりだと思った。恋に溺れ歪んでいく難しい役を、さり気なく見事に演じてもらいました。ある意味、敵役のような存在ながら恋に苦悩する彼の表情に切なさが何度もこみ上げる瞬間がありました。未来が楽しみな俳優に出会えました」とコメントした。
映画『ナラタージュ』は2017年10月に全国公開される。

【ストーリー】
大学2年生の春。泉のもとに高校の演劇部の顧問教師・葉山から電話がかかってくる。葉山は泉に、演劇部の後輩の為に、卒業公演に参加してくれないかと誘う。葉山は、高校時代、学校に馴染めずにいた泉を助けてくれた教師だった。卒業式の日の葉山との誰にも言えない思い出を胸にしまい、彼を忘れようとしていた泉だったが、一年ぶりに再会し、押さえていた気持ちが募っていく。叶わないとわかっていながらも、それでも抑えきれない葉山への恋心。葉山もまた泉への複雑な感情を抱えていた。やがて、大きな事件が起こり、ふたりの想いがぶつかりあったとき、それは痛みすらも愛おしい逃れることができない恋となっていたー。

【作品概要】
出演:松本潤/有村架純/坂口健太郎
監督:行定勲(『世界の中心で、愛をさけぶ』『春の雪』『ピンクとグレー』)
脚本:堀泉杏
原作:「ナラタージュ」(角川文庫刊)
配給:東宝=アスミック・エース
posted by 得笠野 哲太 at 09:03| 2017 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

毎日映画コンクールで「シン・ゴジラ」が大賞ほか3冠獲得、「君の名は。」は2冠

日本映画大賞に輝いたのは、庵野秀明が総監督を務めた「シン・ゴジラ」。女優助演賞の市川実日子、美術賞とあわせて3冠を受賞した。日本映画優秀賞には片淵須直の「この世界の片隅に」が選ばれ、音楽賞のコトリンゴ、大藤信郎賞とあわせて3冠を獲得。

「君の名は。」には、アニメーション映画賞とTSUTAYA×Filmarks 映画ファン賞が贈られた。そして、「永い言い訳」の西川美和が監督賞に輝き、本木雅弘は同作の演技で男優主演賞に。また女優主演賞を「淵に立つ」の筒井真理子、男優助演賞を「クリーピー 偽りの隣人」の香川照之が獲得。
外国映画ベストワン賞にはクリント・イーストウッドの「ハドソン川の奇跡」が選ばれた。「ケンとカズ」の毎熊克哉、「セトウツミ」の中条あやみには、スポニチグランプリ新人賞が贈られる。

「この世界の片隅に」ビジュアル (c)こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会
毎日映画コンクールは、毎日新聞が“東京日日新聞”と称していた1935年から始まった「全日本映画コンクール」を前身とする映画賞。第71回の表彰式は、神奈川・ミューザ川崎シンフォニーホールにて2月15日に開催される予定だ。













posted by 得笠野 哲太 at 08:33| 2017 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

岡田准一主演「関ヶ原」に東出昌大、滝藤賢一、和田正人、吉村界人ら25名出演

岡田准一が主演、原田眞人が監督を務める「関ヶ原」の追加キャストが発表され、東出昌大や滝藤賢一、和田正人、吉村界人ら25名の参加が明らかになった。

本作は、司馬遼太郎の同名歴史小説をもとに、石田三成率いる西軍と徳川家康が指揮する東軍が激突した関ヶ原の戦いを描くもの。三成を岡田が演じ、天下取りの野望に燃える家康に役所広司、三成の部下で、彼に思いを寄せる女性の忍・初芽に有村架純が扮する。

東出昌大が演じるのは、三成と同じ西軍として決戦の命運を握る小早川秀秋。そして豊臣秀吉に滝藤が、東軍の武将・黒田長政と松平忠吉にそれぞれ和田と吉村がキャスティングされた。

さらに西軍には、三成の右腕・島左近役で平岳大、その妻である看護師・花野役で中越典子が出演。対する東軍には、“伊賀の赤鬼”の異名を持つ井伊直政役で北村有起哉、伊賀の忍びとして家康に仕える蛇白役で伊藤歩、武断派の武将・福島正則役で音尾琢真が参加する。また秀吉の妻・北政所をキムラ緑子、前田利家を西岡徳馬が演じる。
そのほか全追加キャストと、東出らのコメントは以下の通り。「関ヶ原」は8月26日より全国ロードショーとなる。














岡田准一の石田三成!!】司馬遼太郎の巨編「関ヶ原」が映画化、2017年初秋公開決定 rekijin.com/?p=16339

宇佐美 猛 - 3分前

え、関ヶ原に東出くん出るの!? しかも和田正人くんも!?!? ごちそうさんメンツじゃんごちそうさんみてたよ!好きだよ!2人とも!!

v6_2015m (ミズキ(MIZU)) - 3分前
いいね
リツイート
返信
初芽ちゃんが有村架純なのはすげぇ分かる 平岳大が島左近なのも分かる 岡田准一は三成やったり官兵衛やったり大変ですなwww 岡田准一主演「関ヶ原」に東出昌大、滝藤賢一、和田正人、吉村界人ら25名出演 natalie.mu/eiga/news/2172…

kidannpuranet (きだん) - 3分前
いいね
リツイート
返信
岡田准一主演の映画『関ヶ原』に平岳大、東出昌大ら出演 - 公開日は8月26日 #マイナビニュース news.mynavi.jp/news/2017/01/1… 平岳大さんが!!島左近!!!

rio_chocolat (里桜) - 4分前
いいね
リツイート
返信
岡田准一主演「関ヶ原」に東出昌大、滝藤賢一、和田正人、吉村界人ら25名出演 natalie.mu/eiga/news/2172… ひと癖ある役者揃えたなぁ

Nogi_taku (たく凵j - 8分前
いいね
リツイート
返信
映画『関ヶ原』が観たい。FilmarksにClip! filmarks.com/movies/69572 #Filmarks #映画 #関ヶ原

sayo1118 (1984.*) - 8分前
いいね
リツイート
返信
現在に至るまで単なる一地方(江戸東京)に関ヶ原以降500年間、粘着して反発するという感覚は本当に理解できない。保守や郷土愛という価値観を完全に超越してると思うわ。なんかストーカーとかヤンデレの域に達してるような。 500年間粘着攻撃するその執念深さがホントわからん。

ahobokeunko1307 (阪国嫌い) - 8分前
いいね
リツイート
返信
映画「関ヶ原」公式サイト sekigahara-movie.com

mnm_ptx (mnm) - 8分前
いいね
リツイート
返信
岡田准一主演「関ヶ原」に東出昌大、滝藤賢一、和田正人、吉村界人ら25名出演 - 映画ナタリー natalie.mu/eiga/news/2172… 東出さん(大谷推し)が小早川とかwwマジかww

ice_blue_moon (変人悪食) - 8分前
いいね
リツイート
返信
V6岡田准一主演映画『関ヶ原』2017年8月26日公開決定!平岳大、東出昌大、中越典子など豪華キャストが発表! #SmartNews allnightnippon.com/news/20170118-…

okon680 (おこん) - 9分前
いいね
リツイート
返信
岡田准一主演「関ヶ原」に東出昌大、滝藤賢一、和田正人、吉村界人ら25名出演 natalie.mu/eiga/news/2172…

19johnnys (ちょまる) - 9分前
いいね
リツイート
返信
岡田准一主演の映画『関ヶ原』に 平岳大、東出昌大ら出演 - 公開日 は8月26日 [マイナビニュース] news.mynavi.jp/news/2017/01/1…

junmomo0830 (モモ) - 10分前
いいね
リツイート
返信
岡田准一主演「関ヶ原」に東出昌大、滝藤賢一、和田正人、吉村界人ら25名出演 natalie.mu/eiga/news/2172…

Shoyo_NewLife (祥桜/散る乱@鬼ぃちゃん。) - 11分前
いいね
リツイート
返信
@mnkleo08 写仏ってなに?!絵描くん?!ほんま行きたいねんけどいつ休み?!笑 あと又兵衛ちゃん気になり出してるから史跡探して行きたいし関ヶ原ももっかい行きたい

arutintin (ある松) - 12分前
いいね
リツイート
返信
関ヶ原に和田さん\(^o^)/

Vdba_10ve (かずりん) - 12分前
いいね
リツイート
返信
司馬遼の関ヶ原は左近が刀の目釘を湿らせるのにアレをナニするという濡れ場があるのだが、小学生の時は濡れ場と分からず「つまり何をしてるのだろうか」と悩んだものです

wars_zawa (わるさわ) - 13分前
いいね
リツイート
返信
岡田准一主演『関ヶ原』に東出昌大ら!追加キャスト発表 8月公開へ - シネマトゥデイ 見たい(^^) m.cinematoday.jp/page/N0088988?…

1959raizotu (葉月ゆき) - 16分前
いいね
リツイート
返信
ぎょ、刑部…………あまり絡まないの……か 関ヶ原読むべきなのか……

chiaki1043g (チアキ) - 16分前
いいね
リツイート
返信
関ヶ原( ・・)
posted by 得笠野 哲太 at 14:48| 2017 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生放送中に自殺したテレビキャスターに迫るドキュメンタリーが1日限定上映

サンダンス映画祭2016のドキュメンタリー部門で脚本賞を受賞した「Kate Plays Christine / ケイト・プレイズ・クリスティーン」が、1月29日に東京・ユーロライブにて1日限定上映される。

この作品は、1974年、ニュース番組の生放送中に自殺したテレビキャスターのクリスティーン・チャバックに迫るドキュメンタリー。チャバックを演じることになった女優ケイト・リン・シエルは役作りのため、彼女の住んでいた街へ赴き、髪型や肌の色を似せ、チャバックに同化していく。カメラは生前のチャバックの足取りを追うシエルと、実際に起きた衝撃的な事件の背景を映し出す。前売り券はpeatixにて販売中だ。













Kate Plays Christine / ケイト・プレイズ・クリスティーン
2017年1月29日(日)東京都 ユーロライブ
料金:1500円
開映 13:20〜 / 15:30〜の2回
※各回10分前に開場予定
※当日券は当日12:30より販売

サンダンス映画祭2016のドキュメンタリー部門で脚本賞を受賞した「Kate Plays Christine / ケイト・プレイズ・クリスティーン」が、1月29日に東京・ユーロライブにて1日限定上映される。

この作品は、1974年、ニュース番組の生放送中に自殺したテレビキャスターのクリスティーン・チャバックに迫るドキュメンタリー。チャバックを演じることになった女優ケイト・リン・シエルは役作りのため、彼女の住んでいた街へ赴き、髪型や肌の色を似せ、チャバックに同化していく。カメラは生前のチャバックの足取りを追うシエルと、実際に起きた衝撃的な事件の背景を映し出す。前売り券はpeatixにて販売中だ。

Kate Plays Christine / ケイト・プレイズ・クリスティーン
2017年1月29日(日)東京都 ユーロライブ
料金:1500円
開映 13:20〜 / 15:30〜の2回
※各回10分前に開場予定
※当日券は当日12:30より販売
posted by 得笠野 哲太 at 00:26| 2017 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

日本アカデミー賞優秀賞発表 『怒り』が最多受賞

2016年の1年間に日本で公開された映画の優秀作品を表彰する『第40回日本アカデミー賞』15部門と新人俳優賞の受賞者・作品が16日、日本アカデミー賞協会から発表された。優秀作品賞には大ヒットを記録した『シン・ゴジラ』、『怒り』、『湯を沸かすほどの熱い愛』などが選出。昨年は特に台頭が目立った優秀アニメーション作品賞には、旋風を起こした新海誠監督のアニメーション映画『君の名は。』や、のんの声優も話題を呼んだ『この世界の片隅に』などが選出された。最優秀賞は3月3日に都内で行われる授賞式で決定する。

 渡辺謙、宮崎あおいら豪華俳優陣の共演が話題になった『怒り』が最多11部門(※受賞数は12)、紅白歌合戦でも企画された『シン・ゴジラ』は10部門(※受賞数は11)で受賞した。宮崎あおいと広瀬すずは、それぞれ優秀主演女優賞と優秀助演女優賞でW受賞となった。

 同賞の司会は、昨年の『日本アカデミー賞』で最優秀主演女優賞を受賞した安藤サクラ、男性は日本アカデミー賞協会組織委員会副会長の西田敏行が4年連続で務める。安藤は「とにかく粗相がないように、悪目立ちしないように」と緊張気味だが、「会場の雰囲気を楽しみたい」と意気込み。西田は「不安であっても、そういうことを含めて楽しむことができる女優さんだと思う」と期待していた。

 今回の選考対象は、2015年12月16日〜2016年12月15日の期間に東京地区の商業映画劇場にて有料で初公開され、1日3回以上、かつ2週間以上継続して上映された40分以上の作品。

『第40回日本アカデミー賞』優秀賞の主な受賞結果は以下の通り。

■優秀作品賞
『怒り』
『家族はつらいよ』
『シン・ゴジラ』
『湯を沸かすほどの熱い愛』
『64-ロクヨン-前編』

■優秀アニメーション作品賞
『君の名は。』
『聲の形』
『この世界の片隅に』
『ルドルフとイッパイアッテナ』
『ONE PIECE FILM GOLD』

■優秀監督賞
庵野秀明(総監督)/樋口真嗣(監督)『シン・ゴジラ』
新海誠『君の名は。』
瀬々敬久『64-ロクヨン-前編』
中野量太『湯を沸かすほどの熱い愛』
李相日『怒り』

■優秀主演男優賞
綾野剛『日本で一番悪い奴ら』
岡田准一『海賊とよばれた男』
佐藤浩市『64-ロクヨン-前編』
長谷川博己『シン・ゴジラ』
松山ケンイチ『聖の青春』

■優秀主演女優賞
大竹しのぶ『後妻業の女』
黒木華『リップヴァンウィンクルの花嫁』
広瀬すず『ちはやふる-上の句-』
宮崎あおい『怒り』
宮沢りえ『湯を沸かすほどの熱い愛』

■優秀助演男優
竹原ピストル『永い言い訳』
妻夫木聡『怒り』
東出昌大『聖の青春』
森山未來『怒り』
リリー・フランキー『SCOOP!』




■優秀助演女優賞
石原さとみ『シン・ゴジラ』
市川実日子『シン・ゴジラ』
杉咲花『湯を沸かすほどの熱い愛』
広瀬すず『怒り』
宮崎あおい『バースデーカード』

■新人俳優賞
杉咲花『湯を沸かすほどの熱い愛』
高畑充希『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』
橋本環奈『セーラー服と機関銃-卒業-』
岩田剛典『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』
坂口健太郎『64-前編-』『64-後編-』
佐久本宝『怒り』
千葉雄大『殿、利息でござる!』
真剣佑『ちはやふる-上の句-』『ちはやふる-下の句-』
※最多受賞数に新人俳優賞は含まず
posted by 得笠野 哲太 at 14:46| 2017 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

『バットマン』単独映画、2018年全米公開!

 ベン・アフレックが主演・監督を務めるバットマンの単独映画は2018年の全米公開を予定しているようだ。米ワーナー・ブラザース映画クリエイティブ企画・国際製作部のグレッグ・シルバーマンがDeadlineに明かした。

レゴバットマンはキャラ崩壊!?【映像】
 同役職から退くことが報じられたシルバーマンは、その件について語る中で、2015年は苦労したものの、2016年は上向きになったことで、数年前から考えていたベンチャーに自信を持って進む決意ができたことを明かす。続けて、「来年は、『レゴバットマン ザ・ムービー』があって、『キングコング:髑髏島の巨神』はグローバルヒットになるだろう。クリストファー・ノーランの『ダンケルク(原題)』に、『ナイツ・オブ・ザ・ラウンドテーブル:キング・アーサー(原題) / Knights of the Roundtable: King Arthur』。そしてスタジオにもファンにとっても楽しみな『ワンダーウーマン』もある。

 ザック・スナイダーの『ジャスティス・リーグ』は大作だし、(テレビドラマ「白バイ野郎ジョン&パンチ」の)映画版『チップス(原題) / CHiPS』のようなものも控えている。それはスタジオにとって、本当のシリーズのようなものだし。(シルバーマンのポストを引き継ぐ)トビー・エメリックの映画も本当に活気がある」。

 「そして2018年には、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の第2弾に、世界最高峰の映画監督スティーヴン・スピルバーグによる挑戦的な映画『レディ・プレイヤー・ワン(原題) / Ready Player One』もあって、おそらくそれは世界を興奮させるだろうね。ジェームズ・ワンの『アクアマン』に、大規模になりそうな『スクービー・ドゥー』、そして『ザ・レゴ・ニンジャゴー・ムービー(原題) / The Lego Ninjago Movie』も。それからベン・アフレックの『バットマン』もある。

 長い目で見て、成功へと向かい始めていると思う。だからちょっとくらいわがままになって、『自分の人生をどう生きたいか?』って考えてもいいんじゃないかって思ったんだ」と今後のランナップが充実していることをあげ、同社を離れることを語った。

 ワーナーは今年公開された『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』を皮切りに、DCコミックスを実写映画化する一大アクションシリーズを計画している。シルバーマンがあげたように、『ワンダーウーマン』『ジャスティス・リーグ』『アクアマン』と複数のタイトルが現在、進められている。そして、当初予定されていなかったベンのバットマン単独主演映画については製作されることが発表されていたものの、公開時期については明かされていなかった。




posted by 得笠野 哲太 at 22:54| 2017 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野村周平&竹内涼真、『帝一の國』キャストが“某トレインポーズ” 志尊淳は猫ポーズ?

映画『帝一の國』(4月29日より全国公開)の公式ツイッターアカウントにて12日、ツイッターのフォロワー5万人突破の御礼が記されるとともに、記念に映画の主要出演者5人が、「某トレインポーズ」と称したダンスポーズをとる姿が披露されている。

 本作は、生徒会長になると将来内閣入りが約束されるという名門・海帝高校で、主人公・赤場帝一(菅田将暉)を中心に生徒会長に君臨すべく集った兵達が争う姿を描くストーリー。

 帝一に友情を感じながら、ライバル心を燃やされる大鷹弾役を竹内涼真、帝一とは腐れ縁で敵対心を持つ東郷菊馬役を野村周平、そして帝一の親友・榊原光明役を志尊淳が演じる。唯我独尊、勝つためには手段を選ばない2年生・氷室ローランド役に間宮祥太朗、その氷室と対立する森園億人役を千葉雄大が担当する。写真では野村、竹内、間宮、志尊、千葉の5人がポーズの配置をとる中、何故か志尊だけが猫のポーズをしている姿が披露されている。

 この写真には「某トレインポーズ、学校で見て悲鳴あげた」「可愛すぎて吐きそう」「これだけでなんか世界観出てますね」「キャストの皆さんキャラクターが際立ってきましたね」と絶賛する声が上がっている。

 一方で、「某トレインポーズ」という表記に関して「トレインポーズはチューチューの方なんですが、特撮ファンとひとっ走り付き合えよ!の人のおかげでトッキュウさんにしか見えなくなっています」「トレインポーズと言えばトッキュウジャー」と、志尊がかつて主演を務めた特撮ドラマ『烈車戦隊トッキュウジャー』のポーズではないかと憶測する声が多く上がっている。

 さらには竹内のポーズに対して「どうしても『ひとっ走り付き合えよ』してるようにしか見えない」「竹内さんだけ『ひとっ走り付き合えよ!』ですよね」とかつて竹内が主演を務めた『仮面ライダードライブ』での決めポーズに似ているという声も寄せられている。





posted by 得笠野 哲太 at 22:35| 2017 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大ヒット映画『君の名は。』 キネマ旬報ベスト・テンに選ばれなかったのか?

先日、「第90回キネマ旬報ベスト・テン」が発表され、日本映画部門の1位には、のんが声優として主演を務めたアニメ映画『この世界の片隅に』が選ばれ、続く2位には『シン・ゴジラ』、3位には『淵に立つ』がランクインした。

 そんな中、2017年1月9日現在、興収229億2482万5900円をあげて、日本映画歴代興行収入ランキングで『千と千尋の神隠し』に次ぐ2位という輝かしい記録を達成した『君の名は。』が10位圏外となり話題を集めている。
「君の名は。」がまさかの圏外
 「キネマ旬報ベスト・テン」は1919年に創刊された映画誌「キネマ旬報」が、1924年から発表している歴史ある映画賞。

 【作品部門】は、映画評論家や新聞記者、映画雑誌編集者などから選ばれた選考委員が、日本映画と外国映画それぞれ10本を選び、1位は10点、2位は9点……10位は1点と評価を数値化し、その合計点数で順位が決まる。そして、誰がどの作品に入れたか、そして選考理由などが2月上旬に発売される同誌の「特別号」で掲載される。

 多くの映画賞のように、ノミネーション作品を審査員が合議制で決める賞とは異なり、ある意味、透明度の高い賞となっている。
個人が選んだベストテンの集合体の賞
 選考委員はいわゆる映画に精通している人たちが多く、人によっては年間300本近く観賞し、その中から個人の基準に照らし合わせた10本(外国映画を合わせると20本)を選ぶのだが「キネマ旬報ベスト・テン」の特徴はここにある。




 いわゆる興行的に成功した作品の中から選ぶのではなく、規模の大小を問わず、そこにはある程度の客観的視点はあるとは思われるが、基本的には個人が選んだベスト・テンの集合体の賞である。しかも、審査委員はそれぞれが映画に対してかなり個性的な視点を持った人たちだ。

 そんな中、客観性を持たせるのは、「キネマ旬報」が選んだ選考委員のバランスと言えるだろう。映画に対して明確な意識を持つ個性的な論者たちを、年齢、性別など幅広く揃えることによって、偏りを少なくするというのが前提。とはいえ、やはり過去のベスト・テンをみれば、いわゆる興行的な“大ヒット作品”とは全く異なったラインナップと言える。

 前述したように、2016年に歴史的な大ヒットを遂げた『君の名は。』はベスト・テンにランクインしなかったが、近年を振り返ってみても、興行収入ランキングで上位の作品が「キネマ旬報ベスト・テン」に入らないことは決して珍しいことではない。キネマ旬報元編集長の関口裕子氏は、次のように語る。

 「評論家が選ぶベスト・テンは必ずしも興行成績と一致しません。評論家は、観客が発見できなかった、つまり興行的には振るわなかった映画も見ていますので、何人かがそんな作品を持ち点の高い上位で推してくれば、一般の方にとって耳慣れない作品がランクインしてくることもあるわけです。ランクインする作品には2種類のタイプがあります。ひとつは、1位(10点)で推してくる方が数人いるケース、下位(1点、2点)ではあっても比較的多くの方が支持するケース。『君の名は。』は後者なのではないでしょうか? ですので、評価した方は多いものの、得点にはたぶん結びつかなかった。ただ、2月3日発売の『キネマ旬報』で発表される読者のベスト・テンは、皆さんがご覧になっている興行収入が高い作品が上位に選ばれることが多いため、ランク・インの可能性は高いでしょう」






2015年興行収入1位だった『ジェラシック・ワールド』は、4人の選考委員がベスト・テン内に挙げたものの、外国映画では34位。2014年、254億円というモンスター級のヒットを記録し興行収入1位に輝いた『アナと雪の女王』も、「キネマ旬報ベスト・テン」では3人の選考委員がベスト・テン内に入れただけで、70位という結果だった。

 ちなみに2014年の邦画興収1位だった『永遠の0』も「キネマ旬報ベスト・テン」では26位(公開が2013年だったので、順位は2013年のもの)だった。

 一方で、近年の「キネマ旬報ベスト・テン」の日本映画1位を見ると、2015年が『恋人たち』(松竹ブロードキャスティング=アーク・フィルムズ)、2014年が『そこのみにて光輝く』(東京テアトル)、2013年が『ペコロスの母に会いにいく』(東風)、2012年が『かぞくのくに』(スターサンズ)、2011年が『一枚のハガキ』(東京テアトル)と、公開規模は小さいものの、人間を正面から描いたメッセージ性が強い作品が並んでいる。

 以前、ある映画評論家が「『キネマ旬報ベスト・テン』や『日本映画プロフェッショナル大賞』などは、作家性の強い作品が好まれる傾向があり、日本アカデミー賞は大衆性が重視されている」と話していたが、今年の「キネマ旬報ベスト・テン」も、前述の1〜3位以外にも、『ディストラクション・ベイビーズ』、『永い言い訳』、『湯を沸かすほどの熱い愛』、『オーバー・フェンス』など、まさにそんな傾向が当てはまるラインナップとなっている。
選考委員たちの嗜好はより強い作家性?
 決して『君の名は。』が、大衆性の勝ったエンターテインメント作品という決めつけで、ベスト・テンに入らなかったというわけではないだろう。 新海誠監督が作り出す写実的な映像の美しさや、登場人物が抱える孤独や焦りなどには、しっかりとした作家性が感じられる。

 では、なぜ上位に入らなかったのか。それは『君の名は。』の評価が低いのではなく、『君の名は。』ほど知名度はないものの、他にも力のある作品はたくさんあり、その存在をより多くの方に知ってもらいたいという評論家らの思いが、ベスト・テンへの投票に託されるからなのではないか。「キネマ旬報」に掲載される選考委員の選評からも、そんな個性的な作品への支持が感じられる。




 「本当は公開前に、そんな個性的な作品に観客がリーチできる評論なり、紹介なりがきちんと届けられるのがベターだとは思います。けれどいまは劇場公開が終わった後もDVDなどのソフトや配信などで見られるチャンスがありますし、ランクインしたことによる凱旋興行などもありますので、目に触れた映画に再び陽の目があたるといいなあと思います」(関口氏)

 一方、「キネマ旬報ベスト・テン」で2位だった『シン・ゴジラ』は、現代社会に対して非常に強いメッセージ性を内在しながら、エンターテインメント作品として興行的にも大成功を収めるという、ある意味で2016年最大の衝撃的作品だったのかもしれない。

posted by 得笠野 哲太 at 19:22| 2017 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

レイア姫CG復活プランをルーカスフィルムが否定

 昨年末に急逝した女優のキャリー・フィッシャーさんが映画『スター・ウォーズ』シリーズで演じたレイア姫を、デジタル技術を駆使して再現するプランがあるといううわさを、ルーカスフィルムが『スター・ウォーズ』公式サイトを通じて否定した。

 世界中のファンに衝撃を与えたキャリーさんの死。『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』から始まる新3部作にもキャスティングされていたことから、一部では、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』で使われたCGI技術で再現されたキャラクターとして今後のシリーズに登場するのではないかとうわさされていた。

 しかし声明では、「通常、われわれはファンの皆さんやマスコミの憶測に反応することはしていません。しかし、先ごろから出回っているうわさについては申し上げたいことがあります。ルーカスフィルムは、レイア姫、並びにレイア将軍を演じるキャリー・フィッシャーのパフォーマンスを、デジタル技術で再現する計画がないことをファンの皆さんに保証します」とうわさを否定。

 さらに「キャリー・フィッシャーはこれからも、いつだってルーカスフィルム・ファミリーの一員です。彼女はわたしたちにとって、お姫さまであり、将軍であり、なにより重要なことに大切な友人です。われわれは、今も彼女を失ったことに心を痛めています」と続け、「彼女の思い出とレイア姫から受け継いだものを心に抱き、彼女が『スター・ウォーズ』に与えてくれた全てのものを守っていくように努めます」と宣言している。




 The Hollywood Reporter によると、キャリーさんは、亡くなる前に撮影を終えていた『スター・ウォーズ/エピソード8(仮題)』(2017年12月15日世界公開)以上に、完結編にあたる『エピソード9』でより大きな役を担っていたという。CGで復活することがないとすれば、今後、脚本の大幅な修正が必要となりそうだ。
posted by 得笠野 哲太 at 22:45| 2017 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

まったく”心温まらない”ブラック・コメディ『トッド・ソロンズの子犬物語』が話題に

一匹のダックスフントが、アメリカをさまよいながら次々と新たな飼い主のもとを転々としていく。しかも、その飼い主たちは、いずれも冴えない人生を送っている不幸な人々で…。こうやってあらすじを書くと、「一匹の犬が不幸な人々の心を癒していく、心温まる映画」だと思う人もいるかもしれませんが、ちょっと待ってください。

この映画の題名に「トッド・ソロンズの」とあるように、監督は『ウェルカム・ドールハウス』『ハピネス』などで様々なタブーに挑みながら、人間の愚かさを笑い飛ばしてきたトッド・ソロンズ。一筋縄でいく映画のわけがありません。さらに過激な描写を含めた、気まずい雰囲気でいっぱいのブラック・コメディになっています。

生まれたばかりのダックスフントが飼われたのは、9歳のレミ(キートン・ナイジェル・クック)の家。小児がんで闘病生活を送る息子のために、母親のディナ(ジュリー・デルピー)の反対を押し切って、父のダニー(トレイシー・レッツ)が連れて来たのです。しかし、きちんとしつけがなされていない犬と、無邪気な少年は四六時中問題を起こし、ついにダックスフントは地元の動物病院で安楽死処分を受けることに。
その病院に勤めていたドーン・ウィナー(ソロンズ監督の代表作『ウェルカム・ドールハウス』に登場したキャラクターの成長した姿。演じる俳優は変わって、『フランシス・ハ』のグレタ・ガーウィグになっています)はダックスフントを気の毒に思い、こっそりと連れ帰って自分の飼い犬にします。彼女の孤独でわびしい生活に、やっとできたうるおい。ある日、ペットフードを買いに出たドーンは、元クラスメートのブランドン(キーラン・カルキン)と偶然に再会します。昔から憧れていたブランドンに誘われ、ドーンと犬は度に出ますが、彼は重度の麻薬中毒者でした。




その後もダックスフントは、かつては成功した脚本家だったが今は落ちぶれて映画学校の講師をしているシュメルツ(ダニー・デヴィート)や、偏屈なおばあさんのナナ(エレン・バースティン)のもとを転々とすることになるのですが…。
病気、麻薬、仕事での失敗、ぎくしゃくした家族関係、過去への悔恨など、ここで描かれるエピソードはいずれも明確な解決がないやるせないものばかり。登場人物はすべて何かが欠けていて、常に満たされない想いを抱いています。そんな彼らの会話は空回りし、気持ちは通じ合うことはなく、起こる事件は彼らをさらに不幸にしていくのです。しかも、本来主人公であるはずのダックスフントは、人々に対して何の救いにもならず、ただそのまわりをうろちょろするだけなのです。しかも、最後にはあっと驚く結末が待っています。この部分、いかにもソロンズ監督的なブラックな味わいなのですが、笑っていいやら怒っていいやら、観客も反応に困る展開。愛犬家の皆さんには刺激が強いので、あらかじめ警告しておきます(サンダンス映画祭では非難が集中したそうですから…)。




それにしても、冒頭のエピソードのジュリー・デルピー(『トリコロール/白の愛』)をはじめ、『フランシス・ハ』や『マギーズ・プラン』で注目の新進女優グレタ・カーウィグ、元子役スターのキーラン(マコーレーの弟)・カルキン、『ツインズ』のベテラン俳優ダニー・デヴィート、『アリスの恋』でアカデミー賞を獲得した大女優エレン・バースティンといった面々を、いずれもとんでもない役で起用しているのはすごいこと。彼らはすべてわびしく悲惨な人生を送っていて、行動や言動も愚かしいのですが、俳優たちは“そこにこそ人間の真実がある”と考え、出演のオファーを快諾したそうです。確かに、それぞれが演じるのはこれまで見たことがなかったようなキャラクター。その佇まいだけでも一見の価値があるのです。
posted by 得笠野 哲太 at 12:56| 2017 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オスカー戦線:まさかの「デッドプール」が急浮上。

華々しい北米デビューを果たしてからほぼ1年、「デッドプール」が再び話題に上っている。それもなんと、オスカーがらみという、本来ならまったく関係ないはずの部分でだ。
「デッドプール」は、先週のゴールデン・グローブでも作品部門にノミネートされていた。だが、ゴールデン・グローブは、作品部門を「ドラマ」と「ミュージカルまたはコメディ」に分け、それぞれに5作品をノミネートする。賞狙い作はシリアスなドラマが多いため、「ミュージカルまたはコメディ」のほうは比較的競争がゆるく、昨年も、メリッサ・マッカーシー主演の「Spy(日本未公開)」や、エイミー・シューマー主演の

「Trainwreck(日本未公開)」など、あくまで娯楽を狙ったコメディがノミネートされている。また、ゴールデン・グローブは、オスカーの投票者と、もともとまるきりかぶらない。
今週になって、プロデューサー組合(PGA)賞のノミネーションが発表されると、フロントランナー3作品「ラ・ラ・ランド」「ムーンライト」「Manchester by the Sea」と並び、「デッドプール」が入っていて、人々はちょっと驚いた。それでも、PGAはお高くとまったオスカーと違い、過去にも「007 」や「スター・トレック」を候補に入れている。これらは結局、オスカーにはノミネートされず、「デッドプール」も同じパターンかと思われた。

だが、西海岸時間昨日(12日)、監督組合(DGA)賞のノミネーション発表が発表されると、その勢いは否定できないものとなる。最も重要な「劇場用長編映画」部門ではないものの、「長編映画初監督」の部門に、「デッドプール」のティム・ミラーが食い込んだのだ。「デッドプール」は、脚本家組合(WGA)賞にも候補入りしており、これらよりずっと地味な、編集、メイクアップ、キャスティングなどの組合の賞にも、こっそりと候補入りしてきている。

組合系賞ノミネート制覇数は「ラ・ラ・ランド」と同点
PGA、DGA、SAG(映画俳優組合)には、アカデミーの投票者とかぶる人々が多く含まれ、これらの賞はオスカー予測の鍵となる(WGAは、オスカーと資格に関するルールがかなり異なるため、あまり当てにならない)。今のところこの3つ全部のノミネーションを制覇しているのは、「ムーンライト」と「Manchester by the Sea」。「ラ・ラ・ランド」はSAGのアンサンブル部門候補入りを逃しており、2つ制覇だ。「デッドプール」は、その意味で同点である。アワードシーズン前半戦で期待されていた「沈黙ーサイレンスー」「ラビング 愛という名前のふたり」「ハドソン川の奇跡」「20th Century Women」らは、いずれもゼロだ。
とは言っても、アカデミーの投票者を考慮すると、口の悪い奇抜なスーパーヒーローの映画が作品部門に候補入りする可能性は、かなり低いと思われる。たとえば、昨年は、高い評価を集めていたヒップホップ音楽の伝記映画「ストレイト・アウタ・コンプトン」が、オスカー候補入りを逃した。高齢で白人の男性が圧倒的な数を占めるアカデミーの会員は、そもそも、そういう映画を見ないのだ。
昨年のノミネーション発表後に爆発した“白すぎるオスカー”論争を受け、アカデミーは、例年にない683人という多数の新会員を招待し、意図的にマイノリティ、女性、若い人を増やした。それでも、それら新会員は全体の10%程度を占めるに過ぎず、投票者の顔ぶれがはっきり変わってくるには、あと何年もかかると考えられている。




もっとも、主演兼プロデューサーのライアン・レイノルズは、完全に勝負を捨てるつもりはない。昨日、レイノルズは、自分のツイッターに、「デッドプール」にあなたの一票をと呼びかけるキャンペーン広告を投稿した。
posted by 得笠野 哲太 at 12:45| 2017 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

リリー・フランキー、亀梨和也が宇宙人に覚醒!『美しい星』三島由紀夫の異色SF小説を映画化

『桐島、部活やめるってよ』の吉田大八監督が三島由紀夫の異色SF小説を映画化する『美しい星』(2017年5月公開)の初映像が公開。特報で、リリー・フランキー、亀梨和也ら演じる一家がある日突然、宇宙人(!)として覚醒していく不思議な映像が一部観られる。

 文豪・三島由紀夫が1962年に発表した原作は、父は火星人に、長男は水星人に、長女は金星人に覚醒していくという奇想天外な設定が話題を呼び、故・大島渚監督も映画化を希望したという。そして、同小説に魅せられた吉田監督もまた映画化を熱望し、舞台を現代に置き換える大胆な脚色に挑戦。主人公の当たらないことで有名なお天気キャスター、重一郎をリリー・フランキー、その長男でフリーターの一雄を亀梨和也、長女の美しい女子大生・暁子を橋本愛、妻の専業主婦・伊余子を中嶋朋子が演じる。

 今回公開された特報映像では、ピアノが奏でる心地よいメロディーから一転、「ある日、突然平凡な家族がーー宇宙人に覚醒した」のテロップが映し出されるのと同時に爆発音のような轟音が鳴り響き、「わたしは火星人として……!」(リリー)、「金星からきたの」(橋本)、「地球、地球って、みんな家族はどうでもいいわけ?」(中嶋)と一家の面々にただならぬ変化が生じていく。ちなみに今回の映画化ではなぜか母親だけ地球人の設定になっている。

 とりわけ目を引くのは、重一郎、暁子が宙に向かって繰り出すダンスともつかない妙なポーズ。暁子が海辺にたたずんでこのポーズを見せるシーンでは、空に複数の閃光が。UFOのようにも見え、ぶっ飛びの世界観にあぜんとなること必至!




posted by 得笠野 哲太 at 07:50| 2017 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

映画『覆面系ノイズ』杉野遥亮ら追加キャスト発表

「花とゆめ」で連載中の片思いラブストーリーを実写化する映画『覆面系ノイズ』に、「仮面ライダーゴースト」で注目された磯村勇斗や、ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で新垣結衣演じる主人公の親友を好演した真野恵里菜、映画『キセキ −あの日のソビト−』ではCDデビューも控える杉野遥亮が出演することが新たに発表された。

 中条あやみ演じる主人公のニノは、歌が大好きで、幼いころに出会ったユズとモモという2人の男の子との約束を胸に再会を信じて歌い続ける少女。高校でユズ(志尊淳)と再会し、彼が所属する人気覆面バンド in NO hurry to shout(イノハリ)のボーカルに誘われたニノは、自分の歌声が初恋相手のモモ(小関裕太)に届くことを願い歌い始める。

 ニノがモモに恋する一方、ユズはニノを想い続けていた。そんな3人を取り囲むキャラクターたちは、ユズに想いを寄せているボーカルの深桜(みおう)を真野、深桜に密かな恋心を抱くハルヨシを杉野、ムードメーカーとしてバンドを盛り立てるクロを磯村が演じる。ニノとユズの再会をきっかけとしてそれぞれの片思いと友情……様々な思いが交差していく。

 真野は、自身が演じる深桜について「登場人物の中で比べると、一見性格が悪い子なのかなと思われやすいかもしれないですが、実はまっすぐで正直で野心家な女の子で私はすごく好きです」と愛情たっぷりに紹介。撮影は学校で行われることが多く、久しぶりの学生気分も味わえたという。
 杉野は髪を金に染め、初のベースに挑戦。さらにはオネエ言葉も話す役どころだが、見どころは「告白シーン」とのこと。「本作品中、ずっと抱えていたハルヨシの思いをぶつけられるシーンだったので、全てを注いで大切に演じさせていただきました。観てくださった方にキュンキュンしてもらったり、切なくなってもらえたらうれしいです」と語っている。

 また、クロ役の磯村もドラム演奏に初チャレンジ。およそ3か月もの間、ゼロから特訓したといい「手に豆ができたり、苦戦しましたが、『自分はドラマーだ!』と思いながらメンバーと練習をして来たので、イノハリの演奏シーンはぜひ注目して観ていただきたいです!」と力を込める。さらに「原作にも出てくる、クロの猫耳ニット帽も着用しているので、『猫耳萌え〜』となっていただけたらと思います(笑)」とお茶目にアピールした。








『#覆面系ノイズ』キャスト発表! ユズへの強い想いをもつ深桜役に、#真野恵里菜 さん!クール×純粋な女子を好演💓 バンドのムードメーカーのクロ役は #磯村勇斗 さん。ドラムに初挑戦🎵 そして、深桜に想いを寄せるハルヨシ役に… twitter.com/i/web/status/8…

fukumenkeimovie (映画『覆面系ノイズ』) - 7:01
503RT
いいね
リツイート
返信
昔真野恵里菜のあだ名でえのぴょんってあった気してたけど調べたら違うっぽくてあれ?ってなってる むしろ川谷絵音が出てきた

mofuko0301 (もふこちゃん@ウールヨッシー待機) - 49秒前
いいね
リツイート
返信
アラン様…人間界での活動を始めた… 「仮面ライダー」磯村勇斗、『覆面系ノイズ』で猫耳!真野恵里菜、杉野遥亮ら追加キャスト発表 cinematoday.jp/page/N0088829 @cinematodayさんから

makizoZZ (満艦飾まきぞう) - 6分前
いいね
リツイート
返信
あら、アラン様やん 「仮面ライダー」磯村勇斗、『覆面系ノイズ』で猫耳!真野恵里菜、杉野遥亮ら追加キャスト発表 cinematoday.jp/page/N0088829

gotouhahumetsu (ふぃ〜) - 7分前
いいね
リツイート
返信
@yoshina_ryo0201 えーだして!頑張ってだして!なんかないかなぁー。あ、覆面系ノイズに私が好きな真野恵里菜でる!!!

eririn70231 (えりりん) - 7分前
いいね
リツイート
返信
真野恵里菜さん、新たな映画出演の報。原作者の方からの好印象を示すコメントが嬉しい。>公式RT群




hirohiro1020 (ひろひろ) - 9分前
いいね
リツイート
返信
[エンタメ]中条あやみ主演「覆面系ノイズ」に真野恵里菜、磯村勇斗、杉野遥亮が参戦! - エイガドットコム sc88.webcrow.jp/sl/g_entame/ [01/11 081121] --無理は禁物ですよ。 いつか笑い話になりますよ。

CarTrafficInfo (ライフハック情報局) - 13分前
いいね
リツイート
返信
映画「覆面系ノイズ」キャスト第3弾発表! 深桜役に真野恵里菜が抜擢! 磯村勇斗、杉野遥亮も出演決定 #SmartNews ddnavi.com/news/345500/

rion_sena (せなぬん@私は今月22歳になる。) - 13分前
いいね
リツイート
返信
覆面ノイズ漫画好きなんだけどな…😔 「仮面ライダー」磯村勇斗、『覆面系ノイズ』で猫耳!真野恵里菜、杉野遥亮ら追加キャスト発表 cinematoday.jp/page/N0088829 @cinematodayより

akn_sk0w (あーちゃん⌄̈⃝@タルカス) - 14分前
いいね
リツイート
返信
真野恵里菜、映画で高校生役「学生に戻った気分」 『覆面系ノイズ』第3弾キャスト発表 | ORICON STYLE oricon.co.jp/news/2084356/f…

aochiin (あおちぃ〜ん) - 14分前
いいね
リツイート
返信
「仮面ライダー」磯村勇斗、『覆面系ノイズ』で猫耳!真野恵里菜、杉野遥亮ら追加キャスト発表 cinematoday.jp/page/N0088829

sunam1sum0 (すなみ@実況用) - 16分前
いいね
リツイート
返信
真野恵里菜ちゃんこうやって写真で見ると深桜に合ってる気がするなぁ……

h_4010_570 (近江宝珠) - 16分前
いいね
リツイート
返信
磯村くん出るのか。それは楽しみ! 「仮面ライダー」磯村勇斗、『覆面系ノイズ』で猫耳!真野恵里菜、杉野遥亮ら追加キャスト発表 cinematoday.jp/page/N0088829




GAWARAkk95 (GAWARA分隊長) - 17分前
いいね
リツイート
返信
映画「覆面系ノイズ」真野恵里菜、磯村勇斗、杉野遥亮がバンドメンバーに(コミックナタリー) tinyurl.com/zt5jhvg :Auto Pickuper

EntermeNews (EntermeNews) - 19分前
いいね
リツイート
返信
中条あやみ主演映画、真野恵里菜ら追加キャスト発表<コメント到着>/ふむ。 gunosy.com/articles/aA0PP

shi_v_v (しー) - 24分前
いいね
リツイート
返信
ちょっと待って、、覆面系ノイズのキャストさらに本当良すぎじゃない…?志尊、小関、中条ちゃんからの、追加キャストに真野恵里菜ちゃんとアラン様!?(そこだけアラン様。) 私得すぎて死にそう。 これは、見ないとダメなやつだ。

kaede_kumakuma (かえで ( ¨̮ )❥❥) - 26分前
いいね
リツイート
返信
烈車戦隊トッキュウジャーも出てくると。👍 「仮面ライダー」磯村勇斗、『覆面系ノイズ』で猫耳!真野恵里菜、杉野遥亮ら追加キャスト発表 cinematoday.jp/page/N0088829

Satocho_ (SATOMI@日曜日最終インパ) - 31分前
1RT
いいね
リツイート
返信
おや、磯村さんじゃないですか!可愛いですなぁ。 「仮面ライダー」磯村勇斗、『覆面系ノイズ』で猫耳!真野恵里菜、杉野遥亮ら追加キャスト発表 cinematoday.jp/page/N0088829

moshikamewan (yoshi@遙か3は不朽の名作) - 32分前
いいね
リツイート
返信
アラン様出るのね 「仮面ライダー」磯村勇斗、『覆面系ノイズ』で猫耳!真野恵里菜、杉野遥亮ら追加キャスト発表 cinematoday.jp/page/N0088829

xsunflowerxx (沙耶) - 33分前
いいね
リツイート
返信
「仮面ライダー」磯村勇斗、『覆面系ノイズ』で猫耳!真野恵里菜、杉野遥亮ら追加キャスト発表 cinematoday.jp/page/N0088829

cyunpyon (ちゅーん。❦) - 33分前
いいね
リツイート
返信
中条あやみ主演「覆面系ノイズ」に真野恵里菜、磯村勇斗、杉野遥亮が参戦! goo.gl/fb/YKWT3z

Urammy (ウラミィカム!速報feed) - 38分前
いいね
リツイート
返信
「仮面ライダー」磯村勇斗、『覆面系ノイズ』で猫耳!真野恵里菜、杉野遥亮ら追加キャスト発表 cinematoday.jp/page/N0088829
posted by 得笠野 哲太 at 08:28| 2017 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

2017 今年ディズニーが公開を予定している映画を紹介

今年ディズニーが公開を予定している映画を紹介する(公開日はすべて米国の情報)。
3月
3月17日(現地時間)に公開される映画『美女と野獣』は、映画『ターザン:REBORN』や映画『ジャングル・ブック』に続くディズニーのリメイク版実写映画の最新作だ。ロマンスと信頼が描かれ、動く家具たちが登場するこのクラシックの物語は、全く新しい語り口で展開されるだろう。エマ・ワトソン演じるベルが、ダン・スティーヴンス演じるビーストに捕らえられる。彼は、喋る時計やティーポットなどが唯一の友達という、残忍だが正しく理解されない世捨て人だ。ルーク・エヴァンス演じるガストンが“囚われの姫君”を助けようと駆けつけると、ベルはビーストが怪物などではないと気付き、真実の愛を新たに発見する。同作には他にも、スタンリー・トゥッチ、イアン・マッケラン、エマ・トンプソン、ジョシュ・ギャッド、ユアン・マクレガー、オードラ・マクドナルドが出演する。

4月

ビーストが実は呪われた王子(ネタバレ失礼!)だと観客が知る一方で、ディズニーネイチャーは新作映画『Born in China(原題)』の中で本物の動物たちをフィーチャーする。観客は、中国の最も人里離れた未開の地に暮らす、3組の動物家族の冒険に誘われる。このトゥルー・ライフ・アドベンチャーのシリーズ最新作は、アースデイの4月21日(現地時間)に公開される。ジョン・クラシンスキーがパンダ、ユキヒョウ、ゴールデンモンキーとしてナレーションを務め、生存をかけて雪山や竹林を突き進む。ディズニーネイチャーが2015年に公開した映画『サルの王国とその掟』に続く本作は、再び野生の中の現実を映し出し、胸を締め付けると同時に心温まる場面が見られるだろう。

5月

デッドプールよ、退け。クールな奴らが帰ってくる。へこたれず、なりふり構わぬ、声を出して笑えるスーパーヒーロー・シリーズ『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の最新作が進行中だ。映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』は、インターネットを無限のGIF画像で満たすべく、クリス・プラット、またの名をスターロード/ピーター・クィルのフッテージを有り余るほど提供するだろう。

喋るアライグマのロケットや新たに芽を出した可愛らしいグルートなど、はぐれ者たちで構成されるチームは、銀河を守るため惑星から惑星へと移動を続ける。ただし今回は、クィルの出自に関する真実を見つけるという困難が待ち受けている。かつての敵が仲間になることに加え、コミックの人気キャラクターがスクリーン上で生き返ることが期待される。銀河をまたにかけて犯罪と戦う彼らの物語は、5月5日(現地時間)に劇場公開となる。




海を漂う映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの第5弾、映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』が5月26日(現地時間)に公開となる。2011年に前作が公開されて以降、ファンは海賊のスリルがお預けになっていたが、それも終わりだ。ヒーロー(できる限りヒーローであろうとする)のキャプテン・ジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)がこれまでで最も恐ろしく残忍な敵と対峙し、新たに出演するブレントン・スウェイツとカヤ・スコデラーリオがそれを助ける。今作では、生命の危機が伴うためにジャックが逃れることのできないミッションによって、キャプテン・サラザール(ハビエル・バルデム)の率いる幽霊のような不死の軍団が、デビルズ・トライアングルから脱出してしまう。1作目の敵として人気が高いジェフリー・ラッシュがキャプテン・バルボッサ役を再演するが、海に残ったすべての海賊を始末するという、キャプテン・サラザールの目的を阻止する手助けをするかどうかは不明だ。

6月

映画『カーズ』シリーズ6年ぶりの新作が、喋るクルマやトラクターの世界に観客を引き戻す。6月16日(現地時間)に公開される映画『Cars 3(原題)』では、赤熱のライトニング・マックィーン(声:オーウェン・ウィルソン)が再びスピードレースに戻ってくるが、若くピカピカの新米マシンが彼に早期の引退を促し、レース場から追いやろうとする。熱心なレース技術者クルーズ・ラミレス(クリステラ・アロンゾ)の助けを借り、再起をかけるマックィーンがピストン・カップの舞台に戻ってくる。No.95のレースはまだ終わらない。
11月

クリス・ヘムズワースがアスガルドのヒーロー、ソーとして、マーベル・シネマティック・ユニバースの映画『Thor: Ragnarok(原題)』で帰ってくる。映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』での出来事に続き、ソーはムジョルニア(ハンマー)を持たずに銀河の向こう側へと投獄されてしまう。一方で、新たな敵であるヘラ(ケイト・ブランシェット)とラグナロク(アスガルドとその住人の破滅)の脅威が、何光年も離れた銀河に迫る。

故郷へと戻る戦いの最中、最強の剣闘士を選ぶ戦いにおいて、ソーは古い友人のハルク(マーク・ラファロ)と対峙する。その他の出演者には、テッサ・トンプソン、イドリス・エルバ、ジェフ・ゴールドブラム、カール・アーバン、アンソニー・ホプキンス。ソーが故郷を救う物語は11月3日(現地時間)より公開となる。




ディズニーとピクサーによる映画『Coco(原題)』が11月22日(現地時間)に公開される。同作は、不可解にも何十年にわたって音楽を禁止している家族に縛られた、若いミュージシャン志望者を中心に描かれる。新人のアンソニー・ゴンザレスが声を務めるミゲルは、彼のアイドルであるアーネスト・デ・ラ・クルズ(ベンジャミン・ブラット)のように成功を目指す中で、カラフルで空想的な死者の国に足を踏み入れてしまう。そこで、ミゲルは卑劣な詐欺師ヘクターと出会い、ミゲルの家族の歴史にまつわる真実を知る旅へと向かう。

12月

『スター・ウォーズ』サーガの次回作の構想についてはほとんど不明だが、レイ、フィン、ポーが、ルーク・スカイウォーカーと共にスクリーンに戻ってくるだろう。レイはついに両親の正体を知ることができるのだろうか? 多くのファンが望む通り、フィンとポーはロマンスを見つけることができるのだろうか? そして、レイア姫の役割がどれほど大きいのかは不明だが、キャリー・フィッシャーは亡くなる前にその撮影を終えたという。公開日の12月15日にその答えが明らかになるかもしれないし、ならないかもしれない。
posted by 得笠野 哲太 at 05:04| 2017 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

いじめで人を殺し無罪…おぞましい疑問から生まれた『先生を流産させる会』監督の新作始動

最凶の教育映画2時間目が始まる! 『許された子どもたち』が始動 - (C)「許された子どもたち」製作委員会
 映画『ライチ☆光クラブ』の内藤瑛亮監督が、妊娠した担任教師を流産させようとする女子中学生たちを描いたデビュー作『先生を流産させる会』以来となる長編自主映画『許された子どもたち』の制作を2017年にスタートさせる。いじめによる子供の死亡事件に着想を得た作品で、実年齢に近いキャストを起用するべく、ワークショップも開催する。

 実際の出来事をベースにした『先生を流産させる会』で論争を巻き起こし、現在は商業映画でも活躍する内藤監督。『許された子どもたち』は、そんな監督があえて自主制作に踏み切った企画で、「山形マット死事件」「川崎市中一殺害事件」など、実在の死亡事件から着想を得た物語を描き出す。

あえて自主制作に踏み切った内藤瑛亮監督
 中学1年生の男子生徒が縦に置かれた体操用マットの中に逆さ状態で入れられ窒息死し、この生徒をいじめていた少年たちが逮捕・補導された「山形マット死事件」。1993年の事件当時、11歳だったという監督は「被害者も容疑者も、自分と年齢の近い子どもであることに恐怖を覚えました。容疑者の少年たちは犯行を自供していたのにも関わらず、否認に転じ、恐怖はより深まりました」と振り返る。




 その恐ろしさを「罪を認めることではなく、罪を『なかったこと』にしてしまう行為だからです。犯した罪を『なかったこと』になんて出来ません」と説明する監督は、後に覆ったものの、山形家庭裁判所で一部の加害少年に「無罪」に相当する判決が下された事実を挙げると、「もし不処分(無罪)が確定してしまっていたら、どうなっただろう--というおぞましい疑問が浮かびました」と述懐。そのうえで「本作は、いじめによって人を殺したのにも関わらず、不処分(無罪)という判決が下された少年を描く映画です。罪を犯したにも関わらず、罪を許されてしまった子どもは罪をどう受け止め、生きていくのか。大人は罪を許された子どもとどう向き合うのか。それがテーマです」と語っている。

また、「このセンシティヴな題材をオリジナル脚本で無名の子役をメインに据えて制作するリスクは高いです。企画が成立しない事情も分かります。また仮に成立したとしても、必ず沢山の制約が発生します。その制約は本企画の根本を揺るがしてしまうことが予想されます」と分析した監督は、自主制作に踏み切った理由について「そこで、『どうしても語りたい話があるから、語りたいかたちで、語る』というスタンスに立ち返り、自主映画として制作することを決めました」と説明している。




 ワークショップでは「少年犯罪に関わる人間に起こりうる状況を設定し、加害者や被害者の立場になり、演じてもらいます」といい、ただ演技技術を教えるのではなく、演技を通じて少年の「罪と罰」と償いのありようを探っていく。募集年齢は11〜15歳まで。演技経験、事務所所属の有無は問わず、書類選考と面接によって参加の合否が決定。2017年4月〜5月開催予定で、参加者は映画にキャスティングされる。現在YouTubeに告知PVがアップされており、自ら開催を熱望したという監督は「このワークショップで出会う人々と共に、少年の『罪と罰』を巡る新しい映画を生み出すことを楽しみにしています」と語っている。
posted by 得笠野 哲太 at 08:25| 2017 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

実写版「攻殻機動隊」の邦題決定!日本公開は来年4月7日、新たな映像も解禁

士郎正宗「攻殻機動隊」を原作とした実写映画「Ghost in the Shell(原題)」の邦題が「ゴースト・イン・ザ・シェル」に決定した。2017年4月7日に日本公開される。

ルパート・サンダースが監督を務める「ゴースト・イン・ザ・シェル」には、原作の草薙素子にあたる全身義体の主人公“The Major(少佐)”としてスカーレット・ヨハンソン、少佐の上司である荒巻役としてビートたけしが出演する。そのほかクゼ役はマイケル・ピット、バトー役はピルウ・アスベック、映画オリジナルキャラクターのオウレイ博士役はジュリエット・ビノシュが演じ、桃井かおりもキャストとして名を連ねている。

また明日12月17日より全国の劇場で流れる幕間映像がYouTubeにて公開された。11月13日に東京都内で行われたエクスクルーシブイベントの様子が収められており、「圧巻です」と話すヨハンソンや、「かなりすごいですよ」と豪語するたけしの姿も見ることができる。







posted by 得笠野 哲太 at 12:14| 2017 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

最新作・映画『アウトレイジ 最終章』

北野武監督18作目となる最新作・映画『アウトレイジ 最終章』が、2017年に公開される事が発表された。
全員悪人、『アウトレイジ』シリーズついに完結


北野 武監督が初めて手掛けたシリーズプロジェクトで、裏社会の男たちの抗争を描いたバイオレンス・エンターテインメント『アウトレイジ』。2010年に『アウトレイジ』、2012年に『アウトレイジ ビヨンド』が公開され、シリーズ累計興収22億円超を記録している人気シリーズが、前作から5年の月日を経てついに最終章を迎える。
最終章で描かれるのは、『アウトレイジ ビヨンド』の“その後”


前作に引き続き、「大友組」元組長・大友役にビートたけし、関西最大の組織「花菱会」幹部・西野役に西田敏行、同・中田役に塩見三省、関東の組織「山王会」白山役に名高達男、五味役に光石 研、組織を追う警察・平山役に中村育二、同・繁田役に松重 豊、韓国大物フィクサーの側近・李役に白竜らが続投。物語は、前作『アウトレイジ ビヨンド』の“その後”が描かれるという。
北野はシリーズ完結編となる本作について「シリーズ3作目で色んな事を盛りだくさんにやっているけど、やっぱり俺の映画になっちゃうよな」と語っている。




【作品情報】
映画『アウトレイジ 最終章』
公開時期:2017年
監督・脚本・編集:北野 武
出演:ビートたけし、西田敏行、塩見三省、名高達男、光石 研、中村育二、松重 豊、白竜ほか
配給:ワーナー・ブラザース映画/オフィス北野
c2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会
posted by 得笠野 哲太 at 05:47| 2017 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

「覆面系ノイズ」中条あやみ主演の映画ユズ役は志尊淳、モモ役は小関裕太

福山リョウコ原作による実写映画「覆面系ノイズ」の追加キャストが明らかになった。中条あやみ演じるニノの声に惹かれ、思いを寄せるユズ役は志尊淳、ニノの幼なじみにして初恋の相手であるモモ役は小関裕太が演じる。

追加キャスト2人からのコメントも到着。何度も原作を読み返したという志尊は「アリスに対しての気持ち、イノハリに対しての気持ち、不器用ながらも自分に対して言い聞かせてるほんとの気持ちなど、内側的な部分で芯がぶれないようにそして、原作の醸し出す、妖艶で可愛らしいイメージを崩さぬよう演じることを心がけています!」と意気込む。

小関は原作と脚本を読み、「ニノ、ユズ、モモの人物の綺麗な三角関係が見ていてとてももどかしく、くすぐったくなりました。とても魅力的でミステリアスな3人が音楽を通じて、心が繋がり、時にはぶつかり、すれ違い、原作も脚本もワクワクしながら読んでいました」とコメントを寄せている。

花とゆめ(白泉社)にて連載中の「覆面系ノイズ」は、音楽に青春を懸ける高校生たちによる、片思いだらけのラブストーリー。三木康一郎監督がメガホンを取る映画は11月にクランクインし、2017年秋に全国公開される。





ユズ役を演じて
この作品に出演することが決まってから原作を読ませて頂いたのですが、最初読んだ時と2回目、3回目を読んだ時とユズの主観で見ていくと感じたことが全然違いました。ユズは色々な事を抱えながらも直向きで、一途で、仲間想いで、負けず嫌いで、情があり、貪欲で、可愛らしい所があるだけではなく深く寄り添うと自分が思っていることを上手く表現できないところや不器用で自分に正直になれない所など言葉だけで表現できないくらい魅力がたっぷりな役だと思ってます。演じるにあたって、原作と実写の相違点、描かれてないバックグラウンドをどのように膨らませて深みを持たせるかを重要視して演じてます。アリスに対しての気持ち、イノハリに対しての気持ち、不器用ながらも自分に対して言い聞かせてるほんとの気持ちなど、内側的な部分で芯がぶれないようにそして、原作の醸し出す、妖艶で可愛らしいイメージを崩さぬよう演じることを心がけています!
演じてみると内側に秘めてるものや、抱えている色んな想い、感情が見えてきて、深くユズを見つめることにとてつもない楽しさを感じてます。演じて見て、みんなと会話をして見て初めて感じるものもあり、日々ユズに深く寄り添うことを徹底してます。
ビジュアル面や所作についても原作を見て研究をして持ち道具や衣装、衣装の着こなし等に細くてもディテールを持たせてその世界観にはまるよう常に心がけてます。

撮影現場の雰囲気
キャストのみんなとはほんとに仲が良く、幼い時から共に過ごして色んなことを共有してきた、イノハリのメンバーの関係性を作るためみんなで一丸となり、常にコミュニケーションをとってます。良いことも悪いこともみんなで共有できる仲間になろうと、同じベクトルを向いて作品作りができているなと感じています。こんなにも短期間でみんなと色んなことを共有できているな、と感じる作品はあまりなかったので、とても楽しく日々の撮影に臨めています。

観てほしいところ
ひとつずつのシーンでユズ自身がその時に感じていること、思っていること、や外には出さない内側に秘めてるユズなりの想い、、、
ユズのずっと一途な想いを感じ取って見ていただけたら一番嬉しいです。
日々、ユズの気持ちに寄り添って役を作り上げることに努めています。
そして、やはり音楽シーンはみどころがあると思います!撮影よりもずっと前から練習してきたギターの成果を是非見ていただきたいです!
原作にある「牛の乳」やヘッドホン、ギターなど忠実に再現されているところも多いので原作好きな方はそこの細かい部分も見ていただければ何回も楽しんでいただけると思います。
絶対すごい作品になると思います!皆さん、楽しみにしててください!!!

 
posted by 得笠野 哲太 at 13:45| 2017 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

ドラゴン・タトゥーの女続編「ミレニアム 4 蜘蛛の巣を払う女」実写化決定

映画『死霊のはらわた』(2013)のフェデ・アルバレス監督が、デヴィッド・フィンチャー監督作『ドラゴン・タトゥーの女』の続編『ザ・ガール・イン・ザ・スパイダーズ・ウェブ(原題) / The Girl in the Spider’s Web』でメガホンを取ることを Coming Soon.net のインタビューで認めた。


 前作に引き続き米ソニー・ピクチャーズが企画している本作は、小説「ミレニアム」3部作を手掛けたスウェーデン作家スティーグ・ラーソンさんの死後、執筆を引き継いだ作家ダヴィド・ラーゲルクランツによるシリーズ第4弾「ミレニアム 4 蜘蛛の巣を払う女」を映画化する。



 そして今回、本作の監督候補に名があがっていたアルバレス監督が、メガホンを取ることを認めた。ホラー映画の金字塔『死霊のはらわた』をリブートし、一躍その名を知られたアルバレス監督。


今年8月には、盲目の老人宅に強盗に入った若者たちがまさかの返り討ちに遭う恐怖を描いた『ドント・ブリーズ』(日本公開12月16日)が全米公開され、全米ボックスオフィスランキングで首位デビューを飾っていた。その手腕が評価される形で、本作に抜てきされたと見られている。この件に関して、ソニー側は公式発表をしていない。





『イースタン・プロミス』のスティーヴン・ナイトが脚色を担当し、アルバレス監督と彼にとっての長年のプロデューサーであり共同脚本家でもあるロド・サヤゲスも、脚本にアイデアを織り込むだろうとのこと。また、キャストに関しては前作ヒロインを務めたルーニー・マーラがカムバックするかなどは明らかになっていない。
posted by 得笠野 哲太 at 00:34| 2017 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

TVアニメ「破裏拳ポリマー」の実写映画化が決定 主演の武士役は溝端淳平

テレビアニメ『破裏拳ポリマー』が実写映画化。2017年5月に東京・新宿バルト9ほか全国で公開される。
『破裏拳ポリマー』は、『科学忍者隊ガッチャマン』『ハクション大魔王』や『タイムボカン』シリーズなど数多くのアニメーション作品を制作しているタツノコプロによって1974年から放送されたSFアクションヒーローアニメ。元ストリートファイターの探偵で、奥義「破裏拳」を操る拳法の達人・鎧武士が、アクションヒーロー・破裏拳ポリマーとなって悪と戦うという物語だ。

実写映画版で主人公の武士役を演じるのは、同作でアクションに初挑戦する溝端淳平。謎の美女・稗田玲役に原幹恵、武士と共に事件の解決を目指す警視庁の刑事・来間譲一役に山田裕貴、武士の助手・南波テル役に柳ゆり菜がキャスティングされている。溝端は同作への出演にあたり、4か月前からトレーニングを重ねたという。
メガホンを取るのは、ドラマ『仮面ライダーW』『仮面ライダーフォーゼ』や映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』などを手掛けた坂本浩一。今回の発表とあわせて武士が転身するポリマーの造形も公開された。

溝端淳平のコメント
デビューして10年ですが、ずっとヒーローとは無縁だと思っていました!今回オファーを頂き本当に光栄です。変身してからはスーツアクターの方がいる、と戦隊もの出身の人達から聞いていたのですが、変身してからも顔が見えるので今回は自分で演じることになり、ちょっと聞いてた話とは違うなと思いました!笑
この作品は正義という絶対的なものを信じながらも、傷付いて失ってへし折られ、それでも信念を貫く鎧武士の姿は現代では少ないキャラクターだと思います。バカで自分勝手だけど憎めない、そんな昭和の臭いがする役は演じさせてもらってとても刺激的でした。アニメ放映時に子供で懐かしみながら観てくださる方、新鮮に受け止められる若い方、普遍的なテーマの作品なので沢山の方にみてもらいたいです。




posted by 得笠野 哲太 at 11:06| 2017 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

ハリウッド実写版「攻殻機動隊」GHOST IN THE SHELLが意外に原作を踏襲いているぞ(予告動画あり)



アニメ版も世界中で支持を得ている士郎正宗の人気SFコミック「攻殻機動隊」をハリウッドで実写化した映画『ゴースト・イン・ザ・シェル(原題)』エクスクルーシブイベントが13日に都内で行われ、14年ぶりに来日したスカーレット・ヨハンソン、ビートたけし、ルパート・サンダーズ監督が登場、また、アニメ版のイメージを随所に取り入れた予告編も世界向けに初公開された。


科学技術が飛躍的に発展した近未来を舞台に、テロリズムなどの犯罪を事前に察知して被害を防ぐ政府直属の公安警察組織・公安9課(通称・攻殻機動隊)の活躍を描く本作。少佐役になるとされていたスカーレットは公安9課を率いるヒロイン・草薙素子役、たけしは公安9課の創設者にして課長の荒巻大輔役で親子のような役柄を演じている。



 「昔はアニメをバカにしていた」と切り出したたけしは、「AIの技術が突出した今の時代に、あの時代(原作が出た1989年)のSFが違和感なく作れて、ちょうど(タイミングがあって)荒巻をやらせていただけたことが非常に嬉しい」と笑うと、スタッフと相談して作り上げたヴィジュアルについても「納得できる」と満足気な表情を見せた。



posted by 得笠野 哲太 at 02:35| 2017 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

『ミッション:インポッシブル』の第6弾 2018年7月全米公開

トム・クルーズ主演の世界的大ヒ ットシリーズ『ミッション:インポッシブル』の第6弾の全米公開日が、当初予定されていた2017年から2018年7月27日に変更されたと The Wrap などが報じた。
トム&池松壮亮『ラスト サムライ』13年ぶりの再会!

 今年8月に主演のトムをはじめ、映画製作会社バッド・ロボットやスカイダンスのプロデューサーたちと、製作スタジオの米パラマウント・ピクチャーズとの間にギャラ問題が発生し、製作が一時中断されていた本作。翌月には決着がつき、再び始動したことが報じられていた。そして今回、その影響を受けてか、全米公開日が2018年に先延ばしとなったことが発表された。前作に続き、クリストファー・マッカリーが第6弾の監督・脚本を務める。来年春ごろにも撮影が開始される予定とのこと。

 また、パラマウントが手掛けるもう一つの話題作も全米公開日が発表された。それは、マット・デイモン主演、アレクサンダー・ペイン監督の『ダウンサイジング(原題) / Downsizing』で2017年12月22日全米公開に決定した。同作にはマットに加え、『わたしに会うまでの1600キロ』のリース・ウィザースプーンや、




『イングロリアス・バスターズ』のクリストフ・ヴァルツといった実力派が集結している。消費削減と人口過密問題への対処として、人間のサイズを縮小する技術が開発された近未来を舞台に、より質の高い生活への希望を胸に、自らの体を縮めた男が直面するドラマを描く作品とのこと。
posted by 得笠野 哲太 at 19:58| 2017 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

桜井画門氏の人気漫画「亜人」を佐藤健で実写化

人気俳優の佐藤健が、桜井画門氏の人気漫画を本広克行監督のメガホンで実写映画化する「亜人」に主演し、主人公の永井圭を演じることが明らかになった。佐藤にとって、本広監督とは初タッグとなる。

2012年に「good!アフタヌーン」で連載が始まった原作は、累計発行部数540万部(既刊9巻)を突破している。15年11月に劇場アニメ化、16年1月にテレビアニメ化されるほどの人気ぶり。タイトルにある「亜人」とは、人間と姿かたちは同じだが死ぬことがなく、どれだけ傷ついても絶命と同時に再生を始める、死を超越した特殊な能力を持つ新人類を指す。

佐藤が扮する研修医の圭は、トラックと衝突し死亡するが、直後には肉体が回復し生き返ってしまう。初めて不死身の新人類“亜人”であることが発覚した圭は、亜人研究施設に監禁され、非人道的なモルモットにされる。そんな圭に救いの手を差し伸べるのは、“帽子”と呼ばれる亜人のテロリスト・佐藤。しかし圭は、大量虐殺を繰り返す佐藤に加担することができないという設定だ。




佐藤は、約2年前にオファーを受けたという。すぐに原作を読んだそうで、「いち読者として楽しませて頂いたのはもちろん、この作品を映画化したいと思いました。理由は明快で、この『亜人』という原作を映画化する意義がしっかりと見えたからです。それは、“死なないという特性を利用して、今までにないアクション映画が作れる”ということです」と当時の胸中を明かす。

「何度でも命をリセットできる」ため、今までの日本映画では体験したことのない新たな映像表現に、製作陣は挑むことになる。佐藤も、「絶対に死なない亜人は殺してもすぐに復活するため、捕獲拘束するために麻酔銃などで眠らせようとします。戦闘中、腕に刺さった麻酔が全身にめぐることを避けるため、自らで麻酔の刺さった腕を切り落としながら、さらに自らで自らの頭を銃で撃つ(リセットする)ことで損傷された腕を復活させながら、俳優たちが戦闘している『画』が見えた」という。

また、亜人が分身として操るIBM(インビジブル・ブラック・マター)と呼ばれる、黒い物体の存在も見どころのひとつとなる。そのため、「るろうに剣心」のアクションチームを迎え、ソードアクションとは違った、新たなアクションに挑戦する。

本広監督は、初めて対峙する佐藤について「ずっとご一緒したいと思っていた役者のひとりで、クールで達観したように見えて、実は熱いものを芯に秘めている感じが、本作の主人公にぴったりだと製作陣と満場一致で決定しました。『るろうに剣心』で魅せた身のこなしも、アクションが肝の今作で現場を引っ張ってくれる存在になるのではと期待しています」と信頼を寄せる。他キャストも、原作の世界観を一緒に積み上げてくれる人にお願いしたといい、「“絶対に死なない男のアクション”を追及して、皆さんに驚いてもらえるような、アクションの枠を超えた世界初の映像体験をお届けしたい」と意気込みを語った。
posted by 得笠野 哲太 at 10:02| 2017 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする