2017年01月15日

豊洲有害物質 「これでは実験場だ」業者ら憤り どうすんだろ・・・

 東京都の豊洲市場(江東区)の地下水モニタリング調査で環境基準値を大幅に超える有害物質が検出されたことが公表された14日の専門家会議(平田健正座長)。歯切れの悪い説明が続き、会場の築地市場(中央区)講堂に詰め掛けた市場業者ら約100人は「これでは(市場ではなく)実験場だ」「都は信用できない」などと憤った。傍聴者の質問は途切れず、会議は4時間半に及んだ。

 「暫定値」「慎重に調べる必要がある」と繰り返す都の職員や有識者に対して発言の口火を切ったのは、移転推進派の伊藤裕康・築地市場協会会長。「これまで(のモニタリング)は惰性でやっていたのか。『大丈夫だろう』と安易な取り扱いをしていたんじゃないか」と、環境基準内に収まっていた過去の結果を疑問視。「なぜこうなったか包み隠さず知らせてほしいが、都に言っても適当にやるに決まっている」と不信感をあらわにした。

 移転に慎重な立場の水産仲卸、山崎康弘さん(47)も「(過去の結果に)改ざんがあったと疑われても仕方がない。(豊洲市場に)行った後にこの数字が出なくて本当に良かった」と皮肉を込めた。

 業者以外の傍聴者が「築地の方が豊洲よりも食品衛生上のリスクは高い」「地上(の汚染)はないから引っ越しても問題ない」と意見を挟む場面も。

 一方、業者のいらだちは専門家会議にも向けられた。ある男性は「我々も(再調査に)専門家を推薦すべきじゃないか。その上で(豊洲に)行けると言われれば、安心できる」と発言。別の男性が「市場として移る場所じゃない。あそこはいくら(調査を)やっても無理だ」と突き放すと、同調して「無理だ、無理だ」とつぶやく業者もいた。想定外の結果に都の職員は「これでは都民の安心や納得を得られない。どうしたものか」と頭を抱える。

 会場を後にした伊藤会長は報道陣に、あくまで年度内の移転判断を求めるとした上で、「早く(今回の結果の理由を)解明してほしい。風評(被害)とはこういう中で出てくる」と述べた。山崎さんは「僕らは安心も含めて魚を売っている。この状況で知事が安心宣言なんてできない。ならば(豊洲に)行くべきでない」と訴えた。






 ◇「理由分からない」専門家会議

 平田座長らが会議後に開いた記者会見の主な内容は次の通り。

 平田氏 高い値が出たので、どう受け止めるかというのがある。これまで月1回開催してきた会議は来月休会にして調べ直す。理由が分からないので、私たち自身も調査に立ち会って改めて調べ、納得した説明ができるようにしたい。

 --報告書のとりまとめは遅れるか。

 平田氏 若干遅れると思う。

 --見通しは。

 平田氏 何とも申し上げられない。

 --今回は暫定値。どう理解すればいいのか。

 都の担当者 まだ確認中ということ。

 --数値は信じられないということか。

 平田氏 そういうわけではない。今までと大きくかけ離れているので、何が起こったか含め、検証したい。

 --これまでと違う会社が調査した。数値が調査会社によって大きく変化することはあり得るのか。

 平田氏 基本的には変わらないはず。ただ採水の仕方などはいろいろある。

 --事前に検証した上で、ちゃんとした数値を出すべきではなかったか。

 平田氏 本日に出すと告知しており、そのままの数値を出すべきだと考えた。オープンに行っている。

 --過去の調査についても調べ直すのか。

 平田氏 試料がないものもあるだろうし、そこまではできない。




posted by 得笠野 哲太 at 10:55| 豊洲新市場問題 | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

豊洲、ベンゼンなど基準超え…地下水最終調査で

東京・豊洲市場(江東区)で都が実施している地下水モニタリング(継続監視)の最終調査で、ベンゼンなど複数の有害物質が環境基準を超えて検出されたことが分かった。

 14日午後に開かれる都の専門家会議(座長・平田健正(たてまさ)放送大学和歌山学習センター所長)に報告される。小池百合子都知事は、最終調査結果が出ていないことを理由に、昨年11月に予定していた築地市場(中央区)の豊洲市場への移転を延期しており、小池知事は難しい判断を迫られることになりそうだ。

 都は2014年から、豊洲市場の敷地内201か所でベンゼンなど5物質の濃度を継続調査。過去7回の調査はいずれも基準値以下だったが、昨年9月に発表された8回目の調査では、環境基準の1・1~1・4倍のベンゼンと、1・9倍のヒ素が検出された。9回目の最終調査は、昨年11~12月に実施していた。

東京・豊洲市場(江東区)で都が実施している地下水モニタリング(継続監視)の最終調査で、ベンゼンなど複数の有害物質が環境基準を超えて検出されたことが分かった。

 14日午後に開かれる都の専門家会議(座長・平田健正(たてまさ)放送大学和歌山学習センター所長)に報告される。小池百合子都知事は、最終調査結果が出ていないことを理由に、昨年11月に予定していた築地市場(中央区)の豊洲市場への移転を延期しており、小池知事は難しい判断を迫られることになりそうだ。

 都は2014年から、豊洲市場の敷地内201か所でベンゼンなど5物質の濃度を継続調査。過去7回の調査はいずれも基準値以下だったが、昨年9月に発表された8回目の調査では、環境基準の1・1~1・4倍のベンゼンと、1・9倍のヒ素が検出された。9回目の最終調査は、昨年11~12月に実施していた。




posted by 得笠野 哲太 at 10:10| 豊洲新市場問題 | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

豊洲問題調査報告書に宮良元新市場整備部長が反論 → 今更、反論してもお前は小池に負けたんだよ。

東京都の豊洲市場(江東区)の盛り土問題をめぐり、都の内部調査報告書で責任者の1人とされた元新市場整備部長の宮良真氏(退職)が都に対して書面で反論していたことが8日、分かった。

 関係者によると、書面の提出は4日付。自身の管理責任を認めた上で、工法変更の決定権はなかったとする内容で、再調査を求めている。

 小池百合子知事が1日に公表した2回目の報告書は、2011年8月の部課長会議で建物下に盛り土を行わず地下空間を設置することを決めたと特定。幹部8人を決定の責任者とした。会議を主宰した宮良氏については「整備方針の順守や上司への報告・説明、技術会議への確認を行うべき立場にあったにもかかわらず、職責を全うしていない」と特に強く非難していた。
 


posted by 得笠野 哲太 at 16:59| 豊洲新市場問題 | 更新情報をチェックする

2016年10月14日

バイキング! 鳥越俊太郎VS和田アキ子V東国原元知事 


2016年10月14日のバイキングは鳥越俊太郎・和田アキ子・東国丸元知事
(ボート・カヌー競技場問題)
東国原 東北復興費で1兆円使われないものがある。それを使う構想がある。
鳥越  私見では、長沼の方がいいと思う。
東国原 レガシィで残して、収益を上げ続けるのは相当無理がある。
年間35億円を想定している。
・ロラン会長は「正直、失望した」とコメント。
東国原 私は彩湖がいいと思う。小池都知事は出来レースをしている。
東国原 カーヌーは長沼になると競技がスプリントとスラロームで会場が分
れてしまう。小池都知事は政治利用しているフシがある。一度、白紙にして
フラットに各候補地を比較、検証する方が良い。
鳥越・和田おとなしい。
(都議会 川井議長)
和田  川井議長は政治家。
東国原 内心、腹が煮えくりかえっている。これは、来年の都議の選挙まで。
鳥越  小池さんの風が吹いているので、誰も逆らえない。
東国原 鳥越さんがもし知事になっていたら、自民党都議は誰も挨拶にこな
かったでしょうね。
和田  来年のことまで考えているとは怖い。
(小池都知事が給与半額した件)
東国原 都議の議員報酬は、小池都知事のプレッシャーで削減しなければなら
なくなる。しかし、実質は本の執筆・講演会などで収入は減らないだろう。
地方議員はボランティアにした方がいい。
(豊洲市場 盛土報告書偽造)
鳥越 嘘を付け加えた。なぜを繋げていくと石原元知事に行き当たるのではな
いのではないか。
・そもそも、石原元都知事がランチ会議で都の幹部にしていたことが発端とい
う説がある。
和田 まだまだ、真相を究明するには時間がかかるな。
(米大統領選)
和田 トランプのロッカー発言はアスリートからも文句が出ている。呆れるね。
鳥越 日本の党首討論は品が良いが中身がない。
東国原 ヒラリー側からもスキャンダルが出る可能性がある。
鳥越 ロバート・デ・ニーロが吠えているよね。
・ヒラリーになったらジャパンパッシング・トランプがなっても対日本政策は変
わらない。

鳥越・和田出演しても意味なかったなぁ。







posted by 得笠野 哲太 at 13:40| 豊洲新市場問題 | 更新情報をチェックする

豊洲市場資料で黒塗り公開、日建設計悪魔のささやき


豊洲市場をめぐる問題で、新たな事実です。新市場の設計を担当した
「日建設計」が、設計担当に選ばれる際、都の市場担当者らの前で「
盛り土を省略することでコストと工期を短縮できる」と説明していた
ことがわかりました。

混迷を深める豊洲新市場の消えた盛り土問題。都は、「のり弁」と批
判されていた資料の黒塗り部分を公開しました。そこには新たな事実
書かれていました。

2011年2月、都が豊洲市場の設計業者を選ぶ際に開かれた会議の
議事録です。選考に臨んだ2社のうち、「日建設計」の主任技術者が
こう説明しました。

「次に盛り土工事の省略による コスト削減と工期短縮について説明
させていただきます。土壌汚染対策を建物の基礎底盤のところで 止
めることによって、埋め戻し工事を最小限にすることができます。合
理的に考えることによって無駄を省くことができると考えております」
(日建設計主任技術者)

 建物の下に盛り土をしない設計案を、はっきりと提案していたのです。

この現場には、選考にあたった専門家2人に加え都の市場担当の部長6
人と課長1人がいましたが、盛り土の必要性を指摘する発言はなく、高
い評価を得た日建設計が設計業者に選ばれました。

都はこれまでこの資料を非公開としてきていて、都議会が要求した資料
にも含めていませんでした。

しかしながら選考したのは東京都のほうなので責任はあるでしょう。

posted by 得笠野 哲太 at 04:06| 豊洲新市場問題 | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

フジテレビ豊洲新市場で大誤報 柱は傾ていなかった。素人報道に視聴者うんざり。  


フジテレビが、豊洲新市場の建物地下の柱に傾斜があるとの先週の報道
は都の議員による現場検証により「誤報」ということが判明した。

事実関係の裏どりもせずに、報道してしまったお粗末なフジテレビはまた
業界の笑いものになってしまった。

豊洲新市場の建物に傾いた柱があるのではないか――10月2日にフジテレ
ビの番組「新報道2001」が報じた“疑惑”がネットで物議を醸しています
。これを受け、東京都北区の音喜多駿議員が7日に豊洲新市場を視察。番
組に登場した柱が本当に傾いているのか検証し、本人のブログで結果を報
告しました。

番組では同市場の加工パッケージ棟4階で2本の柱が写っている写真を紹介。
うち1本の柱が傾いているように写っているのですが、これをプロカメラマ
ン、建築、地質の専門家の見解などをもとに、豊洲新市場や周辺の地盤沈
下の影響で柱が傾いたものではないかと疑惑を報じました。

ネットでは新市場建設のずさんさを示すものだと共感の声があがる一方、柱
の傾きはカメラの性質によるもので実際には問題なく、報道は不安を煽るも
のではないかと批判も相次いでいました。

音喜多議員はブログで、写真の“疑惑の柱”を目視したところ特に傾いている
ように見えなかったと説明。iPhone 6sを横にして水平から撮った場合と、
縦にして上から取った場合、写真を2枚並べ、後者だと柱が傾いているように
写ることを示しました。なおメディアの取材によると、番組が使った写真はi
Padで撮られたものだそうです。

議員は目視と撮影だけでなく、専用器具「下げ振り」を使って柱の垂直性も測
定しました。傾きは1.25/1000程度で、国交省の「住宅紛争処理の参考とな
るべき技術的基準」の基準値を満たすことから「問題なく施工が行われている
と断言できるでしょう」と報告。「『豊洲新市場の柱が傾いており、安全性に
疑問がある』という報道は、完全に誤りであることをここに証明させていただ
く」と結論づけました。

最後は「雨後の竹の子のように沸いてくる不確かで不適切な情報を、なかには明
確に『デマ』と断定できるようなものまで報道されている現状を、見過ごしてし
まって果たして良いのでしょうか?」と報道全体の在り方に疑問を投げかた。
posted by 得笠野 哲太 at 04:29| 豊洲新市場問題 | 更新情報をチェックする

2016年10月07日

豊洲新市場地下空間問題 空間案は設計会社が提案したこと(都側)10月7日


東京都の職員がキ〇イなのか?或いはこれが組織を守るということな
のか。空間案は設計事務所が勝手に立案したって言っちゃってるよ。


 “豊洲問題”を審議する都議会の委員会が、6日から始まりました。
5日、明らかになった盛り土は不要と記した提案書。大手設計会社、
日建設計が都に提示したものですが、これについても質問があがりました。

2011年に行われた審査委員会。ここでの審査を経て「盛り土不要」を
提示した日建設計が、豊洲新市場の基本設計を受注しました。

「“盛り土不要”という文字がはっきりと記述されている。どのような経緯
で提案されたのか確認させていただきたい」(都議会民進党 浅野克彦都議)

「この技術提案は当時の審査過程の中で、設計事務所が自ら提案したい技術
的な内容を技術提案書として提出していただいたもの」(施設整備担当部長)

「いまのご説明だと、日建設計が全くゼロの状態から自分たちで思いついて、
考えついて提案してきたと受け取れるわけですけど、本当にそれで良いのか。
日建設計独自の提案なのか、東京都と調整などを経て提案されたものなのか」

「いま、ご質問いただいたとおり日建設計独自の提案」(施設整備担当部長)

都側は“あくまでも設計会社が独自に提案したものだ”と主張しました。しか
し、6日公開された審査委員会の資料は黒塗りばかりの、いわゆる「のり弁」
。質問に立った議員が特に問題視したのは、この部分です。

「工期の短縮で、・・・(黒塗り)をご提案していただいていて、それによる
、・・・(黒塗り)とおっしゃいましたけれど」

いったい、何を質問していたのでしょうか。肝心の部分が隠されています。そし
て、設計業者側の答えは、すべて黒塗りに・・・

「この部分で土壌汚染の話をしているのではないでしょうか」
「提案に関する内容として非開示としておりまして。この会議では冒頭に非公開
と説明し、相手方にも録音を認めていない」(白川敦事業部長)

「設計業者側の同意が得られていないため黒塗りにした」と都は説明します。こ
の黒塗り資料について、浅野議員は・・・

「知事は情報公開について、原則開示の趣旨にのっとるよう改めて各局に徹底した
と述べていただきました。市場としても知事から指示を受けたはずでありますが、
どのように受け止めているのか」

「現在、黒塗りになっているところは企業の活動情報がメインとなっている。これか
ら相手方のほうに同意を取るという行為をいたしまして、同意が取れれば解除してい
く方向で進めたい」

   
posted by 得笠野 哲太 at 04:32| 豊洲新市場問題 | 更新情報をチェックする