2016年12月28日

鬼平犯科帳」のアニメ版が完成、放送は1月9日から

1月9日(月・祝)からテレビ東京ほかで放送されるアニメ「鬼平」の完成報告会が26日、都内で行われた。同作は累計発行部数2700万部を誇る池波正太郎の超人気シリーズ「鬼平犯科帳」初のアニメ化作品だ。

 試写上映後、主人公・長谷川平蔵役の堀内賢雄、その息子・辰蔵役の浪川大輔、監督・キャラクターデザインの宮繁之、プロデューサーの丸山正雄が登場した。

 いくつかの質問に答えたあと、最後のあいさつとして、堀内は「僕に与えられた使命は、みなさんから愛されている長谷川平蔵という役の彼が言う、気張らずに普通の人生を感じさせる説得力のあるセリフを、僕がいかにナチュラルに長谷川平蔵の心の中を表現できるか、ということ。

そこを目指して頑張っていきたいと思っております」、浪川は「何十年後かに僕は鬼平をアニメから入った、っていう人が現れてくれるように、僕も精一杯がんばっていきたいなと思います」と意気込みを語った。




1月9日(月・祝)からテレビ東京ほかで放送されるアニメ「鬼平」の完成報告会が26日、都内で行われた。同作は累計発行部数2700万部を誇る池波正太郎の超人気シリーズ「鬼平犯科帳」初のアニメ化作品だ。

 試写上映後、主人公・長谷川平蔵役の堀内賢雄、その息子・辰蔵役の浪川大輔、監督・キャラクターデザインの宮繁之、プロデューサーの丸山正雄が登場した。

 いくつかの質問に答えたあと、最後のあいさつとして、堀内は「僕に与えられた使命は、みなさんから愛されている長谷川平蔵という役の彼が言う、気張らずに普通の人生を感じさせる説得力のあるセリフを、僕がいかにナチュラルに長谷川平蔵の心の中を表現できるか、ということ。そこを目指して頑張っていきたいと思っております」、浪川は「何十年後かに僕は鬼平をアニメから入った、っていう人が現れてくれるように、僕も精一杯がんばっていきたいなと思います」と意気込みを語った。




posted by 得笠野 哲太 at 03:13| アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬アニメ「南鎌倉高校女子自転車部」、いかさんが歌うEDテーマCDのジャケット画を公開! カップリング曲も発表

2017年1月スタートのTVアニメ「南鎌倉高校女子自転車部」より、エンディングテーマに関する情報が解禁された。
「南鎌倉高校女子自転車部」は、松本規之さんが「コミックブレイド」(マッグガーデン)で連載中の同名マンガを原作としたTVアニメ。坂の街・長崎から鎌倉へと引っ越してきたため、自転車には不慣れな主人公・舞春ひろみが高校の女子自転車部で活動する姿を描く。監督は工藤進さん、シリーズ構成は砂山蔵澄さん、キャラクターデザイン・総作画監督は大木良一(J.C.STAFF)さん、アニメーション制作はJ.C.STAFF/A.C.G.T。
⇒2017冬アニメ一覧 

TVアニメ「南鎌倉高校女子自転車部」エンディングテーマ「にじゆめロード」の、シングルCDジャケットが公開された。歌うのは、ニコニコ動画・Youtubeなど、動画投稿サイトで活躍する女性アーティスト(歌い手)のいかさん。女性とは思えないイケボ(地声・男声)とロリボイス(女声)を器用に使い分け、同年代のファンからの高い人気を得ているシンガーで、本作が初のシングルCDとなる。爽やかなバンドサウンドに乗せて、イケボとロリボイスを使い分ける彼女ならではのパフォーマンスが堪能できる一曲となっている。




さらに、カップリング曲も公開された。カップリング曲「自転車に乗って、」はモダンチョキチョキズによる名曲のカバーとなっており、冬にぴったりなナンバーである。ロリボイスでのかわいい合いの手にも注目していただきたい。

また、店舗ごとにCD購入特典が用意されているので、気になる方は公式サイト(http://ikasan.jp/)も要チェックだ。

【商品情報】
■TVアニメ「南鎌倉高校女子自転車部」ED
 にじゆめロード/いかさん
・発売日:2017年2月1日
・価格:1,296円(税別) 
・発売元:エグジットチューンズ
【収録内容】
・にじゆめロード/いかさん(TVアニメ「南鎌倉高校女子自転車部」エンディング主題歌)
 作詞:164 作曲:Ryu* 編曲:mitsuyasu yanagita
・自転車に乗って、/いかさん
・にじゆめロード(Instrumental



posted by 得笠野 哲太 at 03:08| アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

新『プリキュア』は肉弾戦を封印!? さらに『ヒロアカ』放送枠が電撃移籍!【ざっくりアニメニュース】

まずは新たにアニメの制作が発表! というニュースから。
 武装した美少女たちが支配する学園で、とある一人の男子が反旗を翻す! 原作:黒神遊夜、画:神崎かるなの反逆バトルアクションマンガ『武装少女マキャヴェリズム』(KADOKAWA)もTVアニメ化決定、2017年春放送と明かされた。

 ハーレムアニメにありがちな設定ながら、アクションシーンは実在の武道や流派の動きや技術をちゃんと組み入れたりと、アクション好き&戦う美少女好きにはたまらない一作だ。監督:橘秀樹、シリーズ構成:下山健人、キャラクターデザイン:滝本祥子、アニメーション性作:SILVER LINK.の手腕に期待。

 カトウコトノが「月刊少年シリウス」で連載中のコミック『将国のアルタイル』(共に講談社)が、『機動戦士ガンダムUC』シリーズで知られる古橋一浩監督×株式会社MAPPAの手によってアニメ化されることに!
『将国のアルタイル』は異世界を舞台に、草原と砂漠の国・トルキエ将国の将軍・マフムートが、いかにして帝国の侵略を防ぎ、生き抜くかのか? という物語。主人公マフムート役に村瀬渉、ほか主要キャストに古川慎、KENN、小西克幸、津田健次郎、緒方賢一など。




 車田正美の人気マンガ誌リーズ『聖闘士星矢』のスピンオフ『聖闘士星矢 セインティア翔』(画:久織ちまき/秋田書店)のアニメ化が決定!
『セインティア翔』は、女神アテナの身辺警護を担う聖闘士の少女「聖闘少女(セインティア)たちの激闘を描いた、アクションマンガ。「聖闘士」の女性版といったところだが、思いのほか違和感なく男女ともに楽しめる内容なので、続報にも注目したい。

 榎宮祐と暇奈椿による人気ライトノベル『クロックワーク・プラネット』(講談社ラノベ文庫)のTVアニメ化、TBS、BS‐TBSでの放送が決定。
 ライトノベルでは比較的珍しい合作の『クロックワーク・プラネット』は、死の星となった地球で暮らす主人公の少年・見浦ナオトと自動人形のRyuZUとの出会いから始まる物語を描くのは、監督:長澤剛、シリーズ構成:杉原研二、キャラクターデザイン:島村秀一、アニメーション制作:XEBEC。主演に南條愛乃、加隈亜衣。




 Webマンガサイト「コミックガンマ」にてつくしあきひとが連載中の『メイドインアビス』もTVアニメ化が決定となった。監督:小島正幸、シリーズ構成:倉田英之、キャラクターデザイン:黄瀬和哉、アニメーション制作:キネマシトラスと実力派クリエーターが揃っているだけに、これは楽しみ。
 続いてはすでに制作が発表されていた新作の続報たちをご紹介。

 東映アニメーションが誇る人気アニメシリーズ『プリキュア』の第14弾新作、『キラキラ☆プリキュアアラモード』が17年2月5日よりテレビ朝日系にて放送開始となること、あわせてキャラクターのビジュアルなどもお披露目された。

 公式サイトを見てみるとテーマは【スイーツ】×【アニマル】、プリキュアは当初から5人も登場、さらに“肉弾戦封印!? バトルも日常も【スイーツ】づくし!?”と、先の読めないことに。どんな新『プリキュア』になるのだろうか。
 17年の放送を控える『進撃の巨人 Season2』(作:諫山創/講談社)は、放送開始が17年4月であること、PV第1弾を公開。

 PVは約1分半となかなかのボリュームで、“獣の巨人”の姿や、進化したアクションを惜しげもなく披露。放送に先駆け、17年3月15日にはTVアニメ『進撃の巨人』Season 1の Blu-ray、DVD BOXが発売されるので、復習しながら放送開始を待ってみては?

 ラストは、堀越耕平が「週刊少年ジャンプ」にて連載中の『僕のヒーローアカデミア』(共に集英社)のちょっと変わったニュース。TVアニメ新シリーズの制作を発表されていたものの、MBS・TBSの日曜午後5時の通称“日5”枠の終了で、新シリーズはどんな放送日時となるのか微妙に注目されていたが、なんと読売テレビ・日本テレビ系で毎週土曜午後5時半に放送されることに。




 これで「ジャンプ」の次代エース候補と、「週刊少年サンデー」の『名探偵コナン』(共に小学館)が土曜午後に1時間ぶっ続けで放送されることになった。これは注目を集めそう。
posted by 得笠野 哲太 at 13:43| アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

年間映画興行ランキング、『君の名は。』世界累計で日本映画過去最高の可能性も

映画シーンにとってエポックメイキングな1年となった2016年の年間映画興行ランキングTOP10を興行収入とともに発表。1位はもちろん、歴代邦画興収ランキング2位に躍り出る快挙となった『君の名は。』(12月18日時点で興収209億円)。2位の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(116億3000万円)にダブルスコアに近い大差をつけた。TOP10は、邦画6作(実写2作、アニメ4作)、洋画4作(実写1作、アニメ3作)とアニメが強さを見せた。2016年の映画シーンを総括し、その“重要な意味”を映画ジャーナリストの大高宏雄氏が綴る。

米映画のように世界水準で映画収益を引き出した『君の名は。』
 多くの局面で、『君の名は。』が日本映画界のエポックメイキングたりえた1年であった。単に、国内におけるメガヒットの興行を築いた功績だけではない。オリジナル作品の製作のありようから、中国をはじめとする海外展開まで、アニメーションという枠を超え、日本映画の近年の国内外の歩みを大きく変えていくようなダイナミックな製作、興行の足跡がとても重要な意味をもったからである。

 12月18日時点で、『君の名は。』の国内の興収は209億円となった。中国では日本映画の新記録となる約90億円まで伸ばし、国内の成績と合せれば、現時点で300億円近くになる。これには、台湾、香港、タイなどは含まれていない。さらに、これから公開される米国やヨーロッパなどの成績を加えると、世界累計では1本の日本映画としては『千と千尋の神隠し』(国内308億円)を超えて、過去最高の興収になる可能性も出ている。いわば、日本映画が米映画のように、世界水準で映画の収益を引き出すことになったのである。ありえないことが起こった。“ダイナミック”“とても重要な意味”とは、とくにこのことを指す。




 ちなみに、上映は来年の春あたりまで続くという。これまで『千と千尋の神隠し』が1年間延々と上映され続けたことがあった。館数は都内の1館だけであったが、『君の名は。』も今後、来春を超えてどこかで延々と上映されていくかもしれない。12月10日、11日の2日間では、正月興行の期待作である『海賊とよばれた男』のスタート成績を上回ったくらいだから、その超ロングランも納得がいくというわけである。

◆東宝ゴジラ新時代の幕開け。ブランド真価が問われる次作
 3位に入ったのが、『シン・ゴジラ』だ。12月18日時点で、81億円を記録した。さすがに、ここからは大きくは伸びていかないだろうが、こちらもエポックメイキングな興行になった。前にも少しお伝えしたが、動員(入場人員)で見ると、この興行のすごさが実感できる。18日時点で559万人という動員は、ゴジラシリーズの初期作品(50年代、60年代)に肉薄する。これは、シリーズ最高動員の『キングコング対ゴジラ』(1962年、1255万人)、第2位の『ゴジラ』(1954年、961万人)などに次いで歴代の第5位。興収以上に、この動員の威力の点において『シン・ゴジラ』は、ゴジラ新時代の幕開けを告げることができた。

 東宝は、ゴジラはディズニーのミッキーマウスに匹敵するブランドだと言い放つ。ただ、そのブランド性も『ゴジラ FINAL WARS』(2004年、12億2000万円)の頃は、息も絶え絶えだったことは、記憶しておいていい。ミッキーマウスと違って、ゴジラは過酷な日々を生き抜き、復活を遂げたのである。

 ただ、真の復活は、今後の動向にかかってくるだろう。東宝は、次の日本ゴジラをどうするのか、いろいろ考えを巡らせている。誰が手掛けるにしろ、次作には大変な重圧がのしかかる。これを乗り切ったときこそ、ゴジラは真のブランドとして、閃光たなびく大咆哮を、世界に誇示することができるのだろう。

◆日本映画界のなかで一段と高くなっているアニメシェア
 アニメーションの隆盛も、今年の大きな話題のひとつであった。興収20億円を超えた作品が、邦画、洋画あわせて12本あった。昨年の13本には及ばなかったものの、2000年以降では2番目に多い。ただ、シェアがすごいのだ。

 邦画、洋画それぞれの興収上位10本のなかでは、邦画が6本(『君の名は。』209億円(12月18日時点)、『名探偵コナン 漆黒の悪夢』63億3000万円、『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』55億3000万円、『ONE PIECE FILM GOLD』52億円、『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』41億2000万円、『ガールズ&パンツァー 劇場版』24億円)、洋画が3本(『ズートピア』76億8000万円、『ファインディング・ドリー』68億3000万円、『ペット』42億5000万円)。さらに、邦画と洋画で20億円を超えた全作品の累計興収のうち、アニメは何と約55%を占める。

 興収上位という作品枠ながら、アニメのシェアは非常に高い。しかもこれには、12月18日時点で7億円を超えた『この世界の片隅に』は、入っていないのである。個別のアニメの製作や収支、製作会社の運営などには、いろいろ問題点があるとも聞く。ただ、アニメのシェアが日本映画界のなかで一段と高くなっているのは、間違いのない事実なのである。

◆『スター・ウォーズ』が一矢を報いるも“ファン枠”を超えず
 外国映画は、2位の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』が一矢を報いた。ただ、いろいろなところでお伝えしたように、これは目標値を下回っている。100億円を超えたのは、明らかに『スター・ウォーズ』ブランドのなせる業だが、これまでの大きな実績を踏まえると、100億円超えにして、その限界もまた垣間見えたのである。

 公開されたばかりの『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』が、やはりファン中心であった。前作『フォースの覚醒』の出来を遥かに凌ぐ素晴らしい作品で、映画が終わったとたんに涙がどっと溢れるという得難い経験をした。注目したいのは、この涙に、どれほどの“一般性”があるのかということだ。強く、あってほしいのである。

 今回、以上4つの要点に絞ったことをご理解願いたい。それでも各々、様々な切り口から、もっと広げていかなければならないテーマや問題点が山積みなのである。日本映画(界)は、いったいどこへ行くのか。ひとつ、2016年に登場した世界水準の作品が、今後に及ぼす影響をしかと見定めたい。この快挙が一過性で終わらないことを祈る。
posted by 得笠野 哲太 at 13:31| アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「幽☆遊☆白書」再び1位に [ビデオマーケット週間視聴ランキング]

ビデオマーケットはアニメや映画、ドラマなど15万本以上の作品をラインナップする動画配信サービスだ。アニメ!アニメ!では、そのビデオマーケットの配信動画の中からアニメの視聴数を集計し、10位まで紹介している。今回は12月12日から12月18日までの1週間の結果だ。

1位は、2週ぶりに『幽☆遊☆白書』だ。ゲームアプリ「モンスターストライク」のコラボDMで話題を集め、その勢いのまま秋シーズンのアニメを抜いて再び首位に立った。

2位は、前回1位の『夏目友人帳 伍』。第6期の放送が決定し、まだまだ人気の高い作品だ。3位には実写映画化が進行中の『ジョジョの奇妙な物語 ダイヤモンドが砕けない』が入った。

5位には『機動ガンダムSEED HDリマスター』が初登場ランクインとなった。2002年の作品だが、現在再放送中のため注目度は高い。そのほか8位『ストライク・ザ・ブラッド』や10位『ウィッチクラフトワークス』などが食い込んだ。秋シーズンのアニメが続々とクライマックスへ突入していることもあり、年末に向けてさらに動きがありそうだ。




[ビデオマーケット視聴数ランキング]

1位 「幽☆遊☆白書」(↑)
2位 「夏目友人帳 伍」(↓)
3位 「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない」(↑)
4位 「ファインディング・ドリー」(↑)
5位 「機動戦士ガンダムSEED HDリマスター」(初)
6位 「ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校」
7位 「銀魂°」(↓)
8位 「ストライク・ザ・ブラッド」(↑)
9位 「ユーリ!!! on ICE」(↓)
10位 「ウィッチクラフトワークス」(↑)

集計期間:12月12日(月)〜12月18日(日)まで
posted by 得笠野 哲太 at 09:53| アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

「ルパン」新作映画は「浪川大輔が石川五ェ門になった話」と栗田貫一語る

トークイベントの様子。左から浄園祐プロデューサー、浪川大輔、栗田貫一、小池健監督。
モンキー・パンチ原作による劇場アニメ「LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門」の最速プレミア先行上映会が、本日12月19日に新宿バルト9にて開催された。

浪川大輔
上映会前には、ルパン三世役の栗田貫一、石川五ェ門役の浪川大輔、小池健監督、浄園祐プロデューサーが登壇してのトークイベントも実施。栗田が「今、日本はTPPとPPAPの合体……」と安倍晋三首相のモノマネをしながら演説を始めようとすると、浪川からは「その前にちょっとご挨拶のほうを」とツッコミが入る。

栗田貫一
若き日の五ェ門を描く本作について栗田は、「浪川大輔っていう人が石川五ェ門になった話ですね」と一言。これを受け浪川は「僕は五ェ門という役を受け継いですごく悩んだ時期があって、今でも悩むことがあるんですが、ありがたいお言葉をいただいて感無量です。今回五ェ門が(敵に)一度敗れて、『どう立ち直っていくのか』っていうのがひとつのテーマになっているんですが、(物語の中で)五ェ門には捨てなきゃいけないものと得なきゃいけないものがありまして。それは自分が五ェ門を演じるのに近いものがあるなと思いながら演じさせていただきました」と思いを吐露する。
アフレコについて浪川は「監督のこだわりがすごくて妥協しない。1日でなんとか録り終わったんですが、言葉によっては10テイク以上やり直したりして、13時間くらい収録したんです。『なんてOKを出さない監督なんだ』と何度思ったか(笑)」と回想。これに対し、小池監督は「(今回の話は)剣術の技術がもともと高い五ェ門が、さらにグレードを上げるというもので。達成感のほかに、強い者しか味わえないような感情を、どういう風に表現するかっていう部分を探り探りやっていきました。その中で浪川さんが今まで見たことのない五ェ門を演じてくださったので、僕はとても満足しています」とその意図を解説した。




その後、司会者から小池監督による「LUPIN THE IIIRD」シリーズの印象を問われた栗田は、「海で言うと、テレビでご覧になるポピュラーな『ルパン』は水面辺りの作品。この『LUPIN THE IIIRD』は海の底のほうですね」と語る。また「もともとルパンは泥棒、次元と五ェ門は人殺しで、不二子は詐欺師。悪い奴らの集まりなのに、(最近は)いい人になりはじめていたわけです。本当は犯罪者たちの集団なんだっていう原点があって、それだけど、どこか優しいっていうのがいい部分であって。やっぱり悪い部分も作らないと寂しいなと思っている方が、いらしたんじゃないかと。『LUPIN THE IIIRD』ができたから、海の上と下の間の部分も、全部描けるようになった。これを作ってくれたのはやりがいがあると思いました」と本シリーズの魅力を力説した。

トークイベントの様子。
最後に作品の見どころを問われた浪川は、「動きもそうですしお話もそうなんですけど、本当に作り込まれた作品だと思います。あと『次元大介の墓標』が非常に評判が良かったという話で、プレッシャーを感じていますので、『五ェ門すごかった!』とSNSで宣伝していただければ」とアピール。栗田が「それ見どころじゃなくて、君のお願いじゃん(笑)」とつぶやくと、改めて浪川は「一瞬を苦しく、そしてどれだけカッコよく演出しているかっていうところを見ていただきたいです。あと食べるシーンはめちゃくちゃおいしそうに食べるので、そこは注目です!」と見どころを紹介した。
「LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門」は、2017年2月4日よりロードショー。上映時間は54分となっており、「LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標」と同じくPG-12指定のレイティングで封切られる。なお本日新たな場面カット3点も公開された。
posted by 得笠野 哲太 at 12:06| アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

ドーン! 『笑ゥせぇるすまん』28年ぶりアニメ化 喪黒福造の声は玄田哲章

漫画家・藤子不二雄A氏によるブラックユーモア漫画『笑ゥせぇるすまん』が28年ぶりにテレビアニメ化されることが15日、わかった。来春に放送される。今年4月に亡くなった声優・大平透さん(享年86)が担当していた、謎のセールスマン喪黒福造(もぐろ・ふくぞう)の声は、大平さんの指名でアーノルド・シュワルツェネッガーの日本語吹き替え声優としておなじみの玄田哲章が務めることも併せて発表された。

喪黒福造が帰ってくる…! 新しいアニメロゴ

 新作アニメのタイトルは『笑ゥせぇるすまん NEW』。オリジナル脚本も交えて1話完結のオムニバス形式で構成し、各話にゲスト声優が出演する。監督は『新あたしンち』『エリアの騎士』などの小倉宏文氏となり、7月よりスタートしたアニメ枠「あにめのめ」で放送される。

 ストレスや心の闇を抱えた人の前に黒いスーツを着た謎の男・喪黒福造が現れ、願いをかなえるが、約束を破った場合には大きな代償を負わせる…というストーリー。人間の欲深さ、弱さ、愚かさを描いた、藤子不二雄A氏を代表するブラックユーモア作品となっている。

 1968年に『ビッグコミック』(小学館)にて『黒イせぇるすまん』というタイトルで掲載され、89年にTBS系で大橋巨泉さん司会のバラエティー番組『ギミア・ぶれいく』内で『笑ゥせぇるすまん』と改題し、テレビアニメが放送。喪黒の発する「ドーン!」という呪文や、特徴のある高笑いが注目された。




 前任の大平さんから指名された玄田は「まさか私が大平先輩のあの役を引き継ぐことになるとは…。なにしろ有名なキャラクターですので、イメージをこわさぬように、けれど私なりの味付けで楽しんでいただければと思います」とコメントしている。
posted by 得笠野 哲太 at 13:25| アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

森見登美彦「夜は短し歩けよ乙女」アニメ映画化

小説「夜は短し歩けよ乙女」のアニメ映画化が決定。主人公役の声優を星野源が、主題歌をASIAN KUNG-FU GENERATIONが手がけることが発表された。

「夜は短し歩けよ乙女」は森見が2006年に発表し、第20回山本周五郎賞ほかを受賞したベストセラー。京都の街の移りゆく季節を背景に、主人公・“先輩”と彼が恋をした黒髪の少女が巻き込まれるさまざまな出来事、“先輩”の切ない心情が描かれる。監督は湯浅政明、脚本は上田誠(ヨーロッパ企画)、キャラクター原案は原作でも表紙を描いた中村佑介、さらに主題歌を務めるアジカンと、本作と同じく森見の小説が原作のアニメ「四畳半神話大系」と同じチームが集結する。

“先輩”を演じる星野にとって、アニメ声優としての単独主演は本作が初となる。監督の直筆の手紙でオファーを受けたという星野は「映画『マインド・ゲーム』を観た12年前のあの日から人知れず湯浅監督作品を敬愛していた私は、お断りする選択肢が浮かびませんでした」と、喜びを明かしている。
映画「夜は短し歩けよ乙女」は4月7日に全国公開

小説「夜は短し歩けよ乙女」のアニメ映画化が決定。主人公役の声優を星野源が、主題歌をASIAN KUNG-FU GENERATIONが手がけることが発表された。




「夜は短し歩けよ乙女」は森見が2006年に発表し、第20回山本周五郎賞ほかを受賞したベストセラー。京都の街の移りゆく季節を背景に、主人公・“先輩”と彼が恋をした黒髪の少女が巻き込まれるさまざまな出来事、“先輩”の切ない心情が描かれる。監督は湯浅政明、脚本は上田誠(ヨーロッパ企画)、キャラクター原案は原作でも表紙を描いた中村佑介、さらに主題歌を務めるアジカンと、本作と同じく森見の小説が原作のアニメ「四畳半神話大系」と同じチームが集結する。

“先輩”を演じる星野にとって、アニメ声優としての単独主演は本作が初となる。監督の直筆の手紙でオファーを受けたという星野は「映画『マインド・ゲーム』を観た12年前のあの日から人知れず湯浅監督作品を敬愛していた私は、お断りする選択肢が浮かびませんでした」と、喜びを明かしている。
映画「夜は短し歩けよ乙女」は4月7日に全国公開
posted by 得笠野 哲太 at 08:16| アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

2018年1月からNHKで、キャスト&スタッフは続投カードキャプターさくら クリアカード編」がアニメ化決定! 

「なかよし」で連載中の漫画「カードキャプターさくら クリアカード編」のテレビアニメ化が決定しました。2018年1月からNHKで放送予定。12月1日発売の同誌2017年1月号で発表されています。


 キャストは前シリーズと変わらず、木之本桜を丹下桜さん、ケルベロスを久川綾さん、大道寺知世を岩男潤子さん、李小狼をくまいもとこさん、月城雪兎を緒方恵美さん、木之本桃矢を関智一さんが続投。アニメーション制作はマッドハウス、監督は浅香守生さんと、これまで通りの布陣となっています。


 「カードキャプターさくら クリアカード編」は、連載開始20周年を迎えた「カードキャプターさくら」の新シリーズで、「なかよし」2016年7月号から連載を開始。同号の扉絵には「新アニメプロジェクト始動」の文字が掲載されており、ファンからは「新シリーズのアニメ化?」「ほええええ!?」と驚きの声があがっていました。12月2日には、単行本第1巻が発売されます。





posted by 得笠野 哲太 at 00:56| アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

人気アニメ『名探偵コナン』劇場版21作目で新キャラ 大岡紅葉が登場

 人気アニメ『名探偵コナン』劇場版21作目となる最新作のタイトルが『名探偵コナン から紅の恋歌(からくれないのラブレター)』(2017年4月15日公開)に決定した。江戸川コナン(工藤新一)と服部平次という東西の高校生探偵が揃い踏みするファン垂涎のストーリーに加え、今後の原作ストーリーにも大きく絡んでくる百人一首の高校生チャンピオン・大岡紅葉がスクリーンに初登場する。


 今年4月に公開した記念すべき20作目となる劇場版『名探偵コナン 純黒の悪夢(じゅんこくのナイトメア)』は、シリーズ最高興収63.1億円を記録し、4作品連続で興行収入を更新するヒットを記録した。

 今後の原作ストーリーにも絡むという紅葉は、「平次の婚約者」を名乗る存在。平次と和葉の関係にどんな影響をもたらすのか、さらには今作で新一と蘭の関係にも変化が生まれるのか、淡い恋の行方にも注目が集まる。

 12月10日からは、全国の劇場(※一部劇場を除く)にて本ビジュアルを使用したティーザーポスターの掲出とティーザーチラシが配布開始。12月9日の日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』で放送される『名探偵コナン エピソード“ONE” 小さくなった名探偵』の最後に特報動画が地上波初解禁される。





大阪のシンボル・日売テレビで突如、爆破事件が発生。その時局内では、日本の百人一首会を牽引する「皐月会」が開催する皐月杯の会見収録が行われており、突如の事態で大パニックに。轟音を立てて崩壊していくビルの中、西の名探偵・服部平次とその幼なじみ・遠山和葉、2人だけが取り残されてしまうが、間一髪のところで駆け付けたコナンにより無事救出される。

まるでテロのような事件、しかし犯人の目的もわからず、犯行声明すら出ていない不可解な状況に違和感を禁じ得ないコナンと平次。そんな騒動の中、コナンたちは平次の婚約者だと言い張る女性と出会う。その名は、大岡紅葉。「平次は幼い頃にプロポーズされたことがある運命の人」という紅葉は、百人一首の高校生チャンピオンにして、未来のクイーンと呼ばれる存在だった。

時を同じくして京都・嵐山の日本家屋で、皐月杯の優勝者が殺害される事件が起こる。その時、殺害現場のモニターに映し出されていたのは、紅葉の姿。そこには、ある「歌」が深々となり続けていた――。
posted by 得笠野 哲太 at 11:51| アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12月31日放送「ミルキィホームズ」新作のキービジュアル完成!特別番組も放送決定

人気アニメ「ミルキィホームズ」シリーズの新作のタイトルが「探偵オペラミルキィホームズファンファンパーリーナイト♪ ケンとジャネットの贈り物」に決まり、キービジュアルが公開された。放送日が12月31日の大みそかであることにかけて、クリスマスツリーのように飾り付けられた門松や、キャラクターたちが鏡餅や凧を手にはしゃぐ様子を描いており、クリスマスと正月が混ざったにぎやかなビジュアルに仕上がっている。ストーリーも「クリスマスと正月が一緒にやってきたような楽しい作品」を目指しているという。

 また放送に先がけて、今作の主題歌「ファンファンパーリーナイト♪」が、12月24日から配信されることが決定。ブシロードの公式YouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/user/hibikimusicinc)では、本楽曲の視聴動画が公開されている。

 さらにTBSチャンネル2では、主要声優4人による特別番組「ミルキィホームズがロケに出ちゃうよSP(仮)」が放送される。同番組は、三森すずこ、徳井青空、佐々木未来、橘田いずみが「女子力アップ」をテーマに鹿児島県を旅するロケバラエティ番組。前後編の2回放送で、前編は12月24日午後10時30分〜11時、後編は17年1月に放送予定。




 「ミルキィホームズ」シリーズは、ホームズ探偵学園に通う少女探偵チームの活躍を描く人気作。テレビシリーズのほか、今年2月には「劇場版 探偵オペラ ミルキィホームズ 逆襲のミルキィホームズ」として映画化もされた。
posted by 得笠野 哲太 at 01:53| アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

『アトム ザ・ビギニング』、来年春にNHKで放送鉄腕アトム"始まりの物語!

鉄腕アトム"始まりの物語を新解釈で描く『アトム ザ・ビギニング』がTVアニメとなって、2017年春、NHK総合テレビで放送されることが決定した。

手塚治虫氏が描いた永遠のヒーロー・鉄腕アトム。その誕生までの物語を、『機動警察パトレイバー』のゆうきまさみ氏と『RIDEBACK』のカサハラテツロー氏がタッグを組み、まったく新しい構想でコミック化された本作が、ついにTVアニメーションとして始動する。

『アトム ザ・ビギニング』ストーリー概要
これは、まだ誰も知らない"鉄腕アトム"誕生までの物語(エピソードゼロ)。
大災害後の日本に、未来を夢見るふたりの天才がいた。ひとりは天馬午太郎。もうひとりはお茶の水博志。天馬はその手で「神」を作り出すことを、お茶の水はその手で「友」を作り出すことを夢見て、日夜ロボット研究に明け暮れていた。そしてふたりの友情が生み出した1体のロボット、A106(エーテンシックス)。A106は果たして「神」となるのか「友」となるのか。若き天才コンビは、来るべき未来を垣間見る――。




アニメ化にあたっては、『踊る大捜査線』『PSYCHO-PASS サイコパス』の本広克行氏が総監督、『モーレツ宇宙海賊』の佐藤竜雄氏が監督を務め、『BLOOD+』の藤咲淳一氏がシリーズ構成を担当。キャラクターデザインを吉松孝博氏、アニメーション制作をOLM×Production I.G×SIGNAL.MDが担当する。


TVアニメ『アトム ザ・ビギニング』おもなスタッフ
原案:手恷。虫 / プロジェクト企画協力・監修:手塚眞 / コンセプトワークス:ゆうきまさみ / 漫画:カサハラテツロー(「月刊ヒーローズ」連載) / 協力:手怎vロダクション / 総監督:本広克行 / 監督:佐藤竜雄 / シリーズ構成:藤咲淳一 / キャラクターデザイン:吉松孝博 / メカデザイン:常木志伸、石本剛啓、宮崎真一 / プロップデザイン:めばち、今橋明日菜、吉田大洋 / 総作画監督:伊藤秀樹 / 色彩設計:田中美穂 / 美術:加藤浩 / 3DCG監督:菅野高明 / モニターグラフィックス:青木隆 / 特殊効果:村上正博 / 撮影監督:佐藤哲平 / 編集:本田優規 / 音響監督:岩浪美和 / 音楽:朝倉紀行 / アニメーション制
posted by 得笠野 哲太 at 05:04| アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

アニメ「ガールズ&パンツァー」の新作「ガールズ&パンツァー 最終章」6章構成 2017年12月1章公開予定

アニメ「ガールズ&パンツァー」の新作「ガールズ&パンツァー 最終章」について、構成は全6章となり、劇場イベントで上映することが明かされた。第1章は2017年12月に公開予定。


 これは11月13日に開催されている大洗町のイベント「第20回 大洗あんこう祭」における「ガールズ&パンツァー」トークショーにて明かされたもの。


トークショー時点では制作が始まったばかりで、シナリオは半分ほど、絵コンテは1話分が完成しているという。厳密には決まっていないが、各章の収録時間は最低40分となり、すべてをあわせると1クール以上の長さとなる。


「最終章」では生徒会メンバーは一新されているが、現在の生徒会メンバーも登場するほか、新キャラクター、新戦車も多く登場する。描かれる季節は冬。音響については最低でも5.1chを目指して今まで以上に注力し、4DX上映は未定だが、上映に対応できるよう制作はしておくという。




posted by 得笠野 哲太 at 13:30| アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月06日

双星の陰陽師 11月16日からオリジナルストーリーの新章「天地鳴動篇」突入

助野嘉昭さんのマンガが原作のテレビアニメ「双星の陰陽師」(テレビ東京系で放送中)が、16日の放送からオリジナルストーリーの新章「天地鳴動篇」に突入することが4日、分かった。


2日の放送で終了した「列島覇乱篇」で、全国各地での龍黒点による事件を解決した主人公・焔魔堂(えんまどう)ろくろとヒロイン・化野紅緒(あだしの・べにお)が、再び鳴神町に戻り、凶悪な敵と戦う。


 また、12月17、18日に幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催されるイベント「ジャンプフェスタ2017」内で、同作のイベントが行われることも分かった。18日にステージイベントが開催され、ろくろ役の花江夏樹さんや紅緒役の潘めぐみさんら声優陣が登場する。





 「双星の陰陽師」は、アニメ化もされたマンガ「貧乏神が!」の助野さんのマンガで、2013年11月から「ジャンプSQ.」(集英社)で連載中。陰陽師の夫婦に与えられる“双星”の称号を得たろくろと紅緒が、異世界の化け物・ケガレと戦う姿が描かれている。テレビ東京系で毎週水曜午後6時25分に放送中。
posted by 得笠野 哲太 at 16:15| アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東のエデンの設定はデビルマンから 神山健治監督が語る

アニメ「攻殻機動隊S.A.C.」「東のエデン」などで知られ、劇場版アニメ「ひるね姫〜知らないワタシの物語〜」(2017年3月18日公開)を手がける神山健治監督が5日、早稲田大(東京都新宿区)の学園祭「早稲田祭」で行われたトークショー「キャラプロ!」に出席し、キャラクターのプロデュースについて語った。


神山監督は「東のエデン」の主人公・滝沢朗について「滝沢君は自分を信じてくれた(ヒロインの)咲ちゃんのために戦う。『デビルマン』の不動明は人類はどうでもいいけど、美樹ちゃんを助けたい。そこもアイデアにあった。だから、(滝沢の名前は)朗(あきら)なんです」と明かした。


 また、「君の名は。」(新海誠監督)など劇場版アニメが人気を集めていることについては、「びっくりしている。アニメが人気があるのは分かっていたけど、メインストリームに躍り出てこないところもあった。自分は世代的に実写映画に対するコンプレックスが多少ある。映画の賞でもアニメ部門が分かれていて、一つの映画として見られない。そういうコンプレックスがなくなっている世代が現場で作るようになり、見る方もそうなっていると思う。





びっくりした反面、アニメがメインストリームになっているのがうれしい」と語った。
さらに、自身が師匠と呼ぶ押井守監督の話題になると「押井さんのドラマツルギーを解析して、コピーができると思ったけど。『ミニパト』を作った時に全然違った。本当はコピーでありたいと思っていた。自分の中で敗北感があった。押井さんは人間に興味がなかった。今は違いますが。僕は人間を描くことに興味が移っていった。そこが一番違った」とコメント。


 最新作「ひるね姫」の主人公・森川ココネ、ロボットのハーツなどについては「主人公は普通の女子高生。どうやってロボットが出たり、ぬいぐるみが動くような話にしたのかを楽しみにしてほしいですね」と話していた。
posted by 得笠野 哲太 at 13:41| アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

映画『となりのトトロ』の原作小説『隣のととろ』は怪奇小説

●原作の『隣のととろ』は地獄巡りを描いた恐怖小説
映画『となりのトトロ』には”幻の原作”と言われる小説版が存在する。その内容は、簡単に言ってしまうとサツキとメイの「地獄巡り」を描いた恐怖小説だ。

小説版のトトロは、「死期の近い人間の前にのみ現われる化け物」として描かれ、その容姿に関する描写も「胃がひっくり返りそうな程の濃密な獣臭。


見上げると、そこに夜色の長い毛に全身を覆われた巨獣が居た」、「ずんぐりむっくりの毛むくじゃらで、大きな胴体に見合わず、針金を連想させる細長い手と足が十数本、ねじくれて出鱈目に生えていた」、「顔に当たる部分には目も鼻も耳も無く、顔の三分の一近くを占めるほどの、側頭部まで裂けた巨大な口から、血と腐りかけの魚のような生臭い臭いが漏れていた」など、映画とは全然異なっている。


また小説版の物語は、周囲の人々から迫害されて、お母さんは死亡。お父さんも酒に溺れてサツキとメイに暴力を振るうなど荒んだ生活が描かれている。やがてメイは心が壊れてしまい、「お母さんに会いに行こう」と笑いながら自殺(!)。物語後半は、メイがお母さんに遭うために死後の世界を旅する展開に。


そしてサツキは、地獄に行ってしまったメイ(映画では”病院への道を間違える”という描写になっている)の魂を助けるために、生きたまま地獄へ行くことを決意。ネコバスに乗るシーンは「巨大なネコの化け物に食べられ、その胃の中で邪魔な肉体を溶かして魂だけになる」という設定になっている。




posted by 得笠野 哲太 at 22:43| アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

となりのトトロのメイちゃんにはモデルがいた。その意外な人物とは?

11月4日(金)夜、日本テレビ系列『金曜ロードSHOW!』にて放映の『となりのトトロ』。農村へ引っ越してきたサツキ・メイの姉妹と、不思議な生き物・トトロとの交流を描いたファンタジーである同作は、公開当時の配給収入は5.9億円と振るわなかったものの、同番組枠で放映の際には毎回20%前後の好視聴率をマーク。いまやスタジオジブリの代表作の1つとして、お茶の間でもすっかりおなじみの作品と言えるでしょう。

今回ご紹介する書籍『エンピツ戦記 誰も知らなかったスタジオジブリ』は、そんなジブリ作品を支え続けたアニメーター、舘野仁美さんの回顧録。

「私は宮崎駿と鈴木敏夫のせいで結婚できませんでした」(同書より)と述べるとおり、1988年公開の『となりのトトロ』から、2014年公開『思い出のマーニー』までの27年間、"ジブリ王国のエンピツ戦士"として腕を振るった舘野さん。

同書では、宮崎監督の薫陶を受け、動画の品質管理をする「動画チェック」として"縁の下の力持ち"の役割を果たした日々を振り返っていますが、同社の鈴木プロデューサーが寄せている同書の序文「メイちゃんの誕生」では、『となりのトトロ』にまつわるエピソードが紹介されているのも見逃せません。




それは同作の動画チェックをしていた舘野さんが、隣の席の人に以下の言葉を漏らした際のこと。

「メイちゃんの顔って、画面にぴったり収まるね」
その刹那の出来事だった。
「顔がでかくて悪かったなあ!」
宮さんがなぜ、声を荒げたのか? その理由について、その場に居合わせたぼくは、一瞬ですべてを理解した。でかい顔のメイちゃんのモデルは、誰あろう、宮さん本人だった。(同書より)

普段は温厚な人柄で知られ、目下のスタッフにも敬語で話す"宮さん"こと宮崎監督ですが、同書によれば、ときにまるで瞬間湯沸かし器のように、雷を落とすことも珍しくなかったのだとか。このときは自分の顔の大きさをからかわれたのだと勘違いし、思わず怒鳴ってしまったのだそうです。

宮崎監督や鈴木プロデューサーはもちろんのこと、ジブリの"絵職人"こと男鹿和雄さんや、"色職人"こと保田道世さん、アニメーターの二木真希子さんなど、数多くの凄腕職人と過ごした歴戦の日々を描く同書、一読してからジブリ作品を見ると、思いがけない再発見があるかもしれません。
posted by 得笠野 哲太 at 21:06| アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月02日

10月期放送のアニメが相次ぎ放送延期の緊急事態 クールジャパンの実態は低賃金・過重労働のギリギリ作業

今年10月期放送のアニメで異変が起きている。10月8日からテレビ放送を開始していた『Occultic;Nine-オカルティック・ナイン-』は21日、すでに放送していた1、2話分のAbemaTVやGYAOなどへの動画配信サービスを停止。また、『ろんぐらいだぁす!』、『第502統合戦闘航空団ブレイブウィッチーズ』といった他のアニメ番組も「制作スケジュールの遅れ」などを理由に放送延期が相次いで発表された。


なぜ、ここまで立て続けに放送延期、中断が発生しているのか。内情をよく知るアニメ業界関係者は「すでに昨年から『2016年クライシス』という言葉がささやかれていた」と明かす。


「昨今はそもそもアニメ番組の制作本数が、業界全体のキャパシティを超えつつあります。仕事を掛け持ちで仕事をせざるを得ないアニメーターが多く、今年はそれがついに決壊してしまったのだと思います。


また、かねてから指摘されている、一部アニメーターの劣悪な労働環境も事態の根底にあるという。
劣悪な労働環境で若手養成すら機能せず「特にアニメーターは1カットレイアウトと原画でギャラが数千円と単価が安い。なので、仕事を掛け持ちすることで、手空きの時間をつくらないようにするんです。これもスケジュールが読めなくなる原因ですね。





また、アニメーターにはフリーランスが多く、業界として若手の養成がうまく機能していない。そのため、基本すらできていないアニメーターが増えているのですが、仕事量は多く、またスケジュールもないので、仕事の依頼があることはあるんです。


ただ、結果としてレベルの低い原画があがってきて、そのしわ寄せを作画監督が背負うことになるんです。作画監督の修正がなければ、今のアニメのクオリティは成り立たちませんよ。


 また、現在では1作品に20名程度のアニメーターが参加しますが、その成果物の回収は制作進行の担当者が行います。先ほども申し上げた通り、アニメーターにはフリーランスが多いため、朝方がいたり、夜型がいたり、なかにはスケジュールを守らない人までいて、やり方もまちまち。大量の人数のアニメーターをフォローして、回収までするので、制作の負担が極端に増えてしまっている。スケジュールの遅れをごく一部の人間の頑張りによってなんとか取り返しているがゆえにスケジュールの崩壊が起きやすくなっているといえます」


「最近になってアニメ番組の放送局がUHF局中心になったため、放送を“落とす”ことへの作り手側のハードルが下がっているのではないでしょうか。もちろん、過去にも放送が落ちた例はありますが、テレビ東京を含む在京キー局のほうが当然ながら厳しかった。


特に10月開始の3番組は3話までの段階で、通常の放送・配信ができなくなりました。一般的にアニメ制作は話数に進むにつれて、スケジュールが厳しくなるもの。なので、初っ端で落としてしまったというのは、かなり深刻な印象を受けます。はなっからスケジュールが崩壊していたのではないでしょうか」


「芸術祭などでアニメに対し、権威づけをしてくれる文化庁や、クールジャパンとして海外セールスを後押ししてくれる経済産業省。日本のアニメにはこうした行政のサポートはありますが、業界構造を変えるには、まずは業界自体が変えようと意識しないといけない。では誰が旗を振るのか。毎回の放送を急場しのぎでクリアしているうちは、なかなか変わられないのが現実だと思いますけどね」


 映画『君の名は。』の歴史的大ヒットの例を挙げるまでもなく、リオ五輪閉会式での東京五輪PRを見ても、いまや「アニメ産業」を「クールジャパン」として政府までもが利用しようとしている。しかし、できたコンテンツを都合よく利用するだけでなく、こうした現場クリエイターの過酷な労働環境などの「足元の危うい構造」を抜本的に改善することが必要ではないだろうか。
posted by 得笠野 哲太 at 21:23| アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

劇場版アニメ映画『この世界の片隅に』 公開前にマスコミ沈黙はあの事務所からの圧力が原因

全国公開アニメ映画『この世界の片隅に』なのですが、公開まで一か月を切った同映画のプロモーションが、テレビ・ラジオ・新聞等のこの国のマスメディアで一切報道されない(正確にはNHK以外で)、という珍現象が起きているのであります。この作品については公式サイト・予告動画・NHKの報道から当ブログでも2016年下半期のNO,1のアニメ映画になるのではと予想してました。

不思議なことに民放テレビ局やスポーツ紙はこれをまったく取り上げていないのです。
8月に当映画の主演(女優:声の出演)などが発表された際も、「リアルサウンド」「クランクイン!」「Billboard Japan」といった一部ネットニュース媒体が報じる一方で、通常であればこの手のニュースにいち早く飛びつくオリコンや、日刊スポーツ、スポーツニッポン、スポーツ報知、サンケイスポーツ、デイリースポーツといった主要スポーツ紙が完全スルーいたします。

また、この時、情報番組『めざましテレビ』(フジテレビ系)は、出演予定者として前日に告知していたにもかかわらず、なぜかオンエアに主演女優の姿は見られず仕舞いです。




今日に至るまで、NHKを除いて、日テレ系列、TBS系列、フジ系列、テレ朝系列、全民放のワイドショー、並びに、日刊スポーツ、スポーツニッポン、スポーツ報知、サンケイスポーツ、デイリースポーツほか、すべてのスポーツ紙にて、このアニメ映画『この世界の片隅に』のプロモーション関係が、完全に”黙殺”されているのでございます。

で、この”黙殺”の理由は何か?
この映画の主演女優がのん(本名:能年玲奈)さんであり所属大手プロダクションと独立騒動を起こしているためだというのです。

大手プロダクションのご機嫌を損ねたくないテレビ各局は”自主的”に報道を控え、臆病にも系列スポーツ新聞までもが一斉に”沈黙”を守っている、というのが現状なのであります。

独立騒動は別にして、この映画の声優にのんを起用したのは単なる話題作りと言うよりは、この作品の画風と彼女の自然な声の質がとても良くマッチしており、制作サイドがその部分で彼女を抜擢したと考えます。

これだけの話題性があり報道価値があると思われる日本のアニメ映画を、マスメディアを挙げて、声優の一人が所属プロダクションともめたという、作品の評価とはまったく関係のない、どうでもよいチンケな理由で”黙殺”しているのであります。

マスメディアの実にくだらない保身のために、このすばらしい作品が世間から”隠ぺい”されてしまっているのです。

これがこの国の良識あるマスメディアの振る舞いなのであります。 なんという志の低いスケールの小さな”偏向報道”なのでしょうか。
posted by 得笠野 哲太 at 02:44| アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

鬼平犯科帳が初アニメ 2017年1月スタート


『鬼平犯科帳』初のアニメ、主人公は堀内賢雄 17年1月放送

池波正太郎さんの人気時代小説『鬼平犯科帳』を原作としたテレビアニメ『鬼平』が2017年1月より放送されることが20日、わかった。主人公の“鬼平”こと長谷川平蔵役は、ブラット・ピットや海外ドラマ『フルハウス』のジェシーなどの吹き替えで知られる声優の堀内賢雄が務める。


堀内は「誰からも愛される、鬼の平蔵を演じられるなんて夢のようです。たくさんの人に『鬼平犯科帳』の魅力を感じていただけるように心を込めて魂を吹き込みます」と意気込みのコメントを寄せている。また、平蔵を慕う女密偵・おまさ役を朴ロ美、平蔵の息子・辰蔵役を浪川大輔が担当することも決定した。

原作は1967年に『オール讀物』(文藝春秋)でシリーズ第1作が発表されて以降、89年まで番外編を含む135作が発表された時代小説の金字塔。来年に誕生50周年を迎えることから、初のテレビアニメ化が実現した。

江戸を舞台に、盗賊・凶賊たちから「鬼の平蔵」と恐れられた火付盗賊改方(ひつけとうぞくあらためかた)長官・長谷川平蔵の活躍を描くストーリー。アニメではクールな色気と力強さを持ち合わせた新たな“鬼平”が悪を裁く。

また、第2弾ビジュアルが解禁。火付盗賊改方の正装である、出張り装束に身を包んだ鬼平が描かれている。プロデューサーは丸山正雄氏、監督・キャラクターデザインは『ルパン三世 GREEN vs RED』の宮繁之氏、アニメーション制作はスタジオM2が担当する。

個人的にはゴルゴ13のさいとうたかお先生の鬼平が好きなんだけどな・・・。










posted by 得笠野 哲太 at 09:36| アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月18日

灼熱の卓球娘が面白い


2016年10月3日よりテレビ東京系で放送が始まった「灼熱の卓球娘」が面白そう。ストーリーはなんか読める気がするが、いままでありそうでなかった女子卓球もの。オリンピックで盛り上がっているし、キャラもかわいいので人気が出るんではないかと思いますよ。


『灼熱の卓球娘』(しゃくねつのたっきゅうむすめ)は、朝野やぐらによる日本の漫画作品。『ジャンプSQ.19』(集英社)にて2014年1月号から2015年3月号まで掲載された後、同誌の休刊に伴い『週刊ヤングジャンプ』のウェブコミック配信サイト『となりのヤングジャンプ』に移籍して継続している。

(あらすじ)
全国大会9連覇の強豪校が無名の学校に敗れるなど波乱が巻き起こる女子中学卓球界。そんな中市立雀が原中学校の卓球部に転校生の旋風こよりが入部する。人見知りの激しいこよりだが、卓球の試合では部内の実力者を次々と倒すなど頭角を現す。
1.jpg
登場人物
旋風こより
声 - 花守ゆみり
主人公の中学2年生。雀が原中学に転校し、卓球部に入る。左右の側頭部をちょんまげ風に纏めた赤い髪が特徴。人見知りが激しく、普段はおどおどしているが卓球の実力は本物で、前の学校では県ベスト4に入賞したこともある。卓球以外の運動や勉強は苦手で、忘れ物も多くどんくさい。高所恐怖症。コスプレ犬「わん子」のグッズを集めることが趣味(右手のリストバンドや練習用シャツもわん子のマーク入り)。
スマッシュを打てば打つほど威力が増し、試合後半で追い上げるタイプ。

上矢あがり(かみや あがり)
声 - 田中美海
こよりのクラスメイト。髪型は紫色のツインテールで矢印の髪留めをしている。「ドライブ四天王の一角」「北のドライブマン」の異名を取るなど、ドライブ戦法を得意とし、ループドライブからのバックハンドスマッシュを決め技にしている。こよりが入部するまでは部内ナンバーワンの実力を持ち、都ベスト8の経験あり。勝ち気な性格で、こよりの出現で後輩部員からチヤホヤされなくなった事でプライドを傷つけられ、こよりとのランク1位を賭けた戦いに全力を賭ける。

大宗夢音(おおむね むね)
声 - 今村彩夏
副部長の3年生。通称「ムネムネ」。部内のランク表も「ムネムネ」としか書かれていない(本名が明らかになったのは対燕女学園戦)。髪型はピンク色のセミロング。巨乳でおっとりした性格。
キルカとダブルスを組んでおり、強打攻撃が得意だが、その胸のせいでフットワークは苦手であり、左右に振り回されると球を拾う事で精一杯になりスマッシュが打てなくなるのが弱点。実力はこより・あがりよりは下。左利き(箸を持つのは右手)。

後手キルカ(うしろで きるか)
声 - 東城日沙子
部長の3年生。黒色のポニーテールで糸目。カット戦法を得意とする。普段はシャツの襟元を崩し肩を出すなどだらしなく、部員には罰ゲームとして猫耳などのコスプレ衣装を強要することが多い。
機動力に優れ、卓球マシン2台を相手に練習できるほどの広い守備範囲を誇り、ムネムネとのダブルスにおいてもその鉄壁の守備を活かす。
こよりが転校してきた当初は、脚の怪我により休部していた。
市大会で優勝したことがある。部内では、こより・あがりに次ぐ実力者。

天下ハナビ(てんか はなび)
声 - 高野麻里佳
こより・あがりのクラスメイト。髪は黄色。ボーイッシュな外見でサバサバした性格。八重歯がある。こよりを「まげまげ」と呼ぶ。ほくとの親友で、彼女の実家の卓球ショップでアルバイトをしている。
いつも首からお守りを下げている。小学生時は病弱だった。
ペンホルダーを使用し、前陣速攻型。こよりの入部前はあがりに次ぐ部内ランク2位だった(キルカは当時休部中でランク外)。










posted by 得笠野 哲太 at 04:06| アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

「月曜日のたわわ」サラリーマンの月曜の憂鬱を緩衝するものとは?

(Twitter上で人気爆発)
『月曜日のたわわ』(げつようびのたわわ)は、漫画家の比村奇石によってTwitter上に毎週月曜日にアップロードされるイラスト群。2016年10月よりWebアニメ化されている。


2015年2月23日、比村奇石のTwitterアカウントにおいて『月曜朝の社畜諸兄にたわわをお届けします』と題し、一作目となる画像をアップロード。次週からナンバリングが開始。2016年における初めてのアップロード「その46」において『月曜日のたわわ』とタイトルが変更される。


月曜日の朝に会社に向かう憂鬱さが、胸の豊かな女の子のイラストで軽減されたという反応を貰ったことが継続のきっかけとなったという。
イラストをまとめたものが同人誌としてコミックマーケットなどで頒布されている。



wk_161010tawawa01_thum630.jpg
2016年10月10日にサプライズで全12回予定のアニメ化が発表され、同時に「その1」がYouTubeにて公開された。しかし、その約10時間後には「YouTubeのコミュニティガイドライン違反に当たる」として削除された。この事態について、比村は削除されたことも含めて大反響に感謝すると共に、再配信時には改めて告知する旨を明言する一方、アニメ製作はチーム作業ゆえに個人の一存で答えられることは無い旨も説明している。



(たわわチャレンジがブーム)
たわわな胸にスマホなどを乗せている画像や動画を公開する「たわわチャレンジ」なる行為が、ツイッターでブームとなっている。



きっかけとなったのは、漫画家・比村奇石が「月曜日のたわわ」と題して、毎週月曜日にツイッターで投稿している連作イラスト。胸の大きな女性を描いたもので、10月9日までに「その86」まで投稿されている。








posted by 得笠野 哲太 at 08:14| アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月16日

カウボーイビバップ 15年以上前のアニメが支持される訳

『カウボーイビバップ』(Cowboy Bebop)はサンライズ制作の日本のSFアニメ作品。テレビ東京系などで1998年(平成10年)4月から同年6月にかけて全26話中の一部(後述)が放送され、その後WOWOWで同年10月から1999年(平成11年)4月にかけて全26話が放送された。また、2001年(平成13年)9月には劇場作品『カウボーイビバップ 天国の扉』が公開された。2009年にはハリウッドでキアヌ・リーブス主演で実写化されてることになっていたが、中止となった経緯がある。

(サイライズのオリジナルアニメ・誕生のきっかけはバンダイが宇宙船のおもちゃを売りたかった為)
サンライズは元々、玩具の商品化を前提にしたオリジナルのロボットアニメを数多く製作しているスタジオであるが、本作も『スター・ウォーズ』の人気再沸騰で宇宙船ブームが来ると見たバンダイホビー事業部から「宇宙船のプラモデル展開ができるアニメ」というオファーが届いたことが企画の発端であったという。

(当時は理解されなかったスペースオペラならぬ「スペースジャズ」というコンセプト)
作品の全編を通してサントラとして使用されているジャズ。第1話を観た関係者からは「渋すぎる。売れないよ、これ」だった。玩具のロイヤリティ収入が見込めない分、音楽CDと映像パッケージによる投資回収計画が緻密に練られた。結果的にはソフト関連がヒットし、本作は「ビデオと音楽CDのセールスでガンダムシリーズに匹敵する実績を上げた」とサンライズは述べている]。OPがとにかく恰好がいい。

(登場人物が抱えている悲しい事情を丁寧に描いている)
時は2071年。宇宙開拓時代を迎えた人類は太陽系内に生活圏を広げており、悪化する治安への対策として、指名手配犯を捕まえる賞金稼ぎ、いわゆる「カウボーイ」たちが活躍している。カウボーイ稼業を営むスパイク・スピーゲルと相棒のジェット・ブラックは、古い漁船を改造したおんぼろ宇宙船「ビバップ号」に乗り込んで宇宙を駆け巡っている。そんなビパップ号に奔放な美女フェイ・ヴァレンタイン、天才ハッカーのエド、犬のアインが転がり込む。おのおの何かしらの事情を抱えながらも、一同はビパップ号で緩やかな絆を育み、行く先々で様々な騒動に巻き込まれる。

(敵のレッドドラゴンの人物の描写も泣かせる)
敵されるレッドドラゴンは、主人公のスパイクが前にいた組織で、その幹部のビシャスがスパイクの親友だった。そのビジャスの彼女のジュリアをスパイクが略奪してしまった過去がある。元、スパイクの弟分だったリン・シンの双子の話も泣かせる。

(スパイクのモデルはやはりあの人)
監督の渡辺信一郎いわく「それまでやりたくてもやれなかったことを全部ぶち込んで作った」作品であり、「毎回20分の映画を作っているつもりでした」と語っている。放送当時は『ルパン三世』に類似するという声が多かったが、渡辺によればむしろ(次回予告ナレーションを含めて)松田優作主演のテレビドラマ『探偵物語』に近いという。音楽面では本作以降、自身ですべての選曲を行なうスタイルにしている。





posted by 得笠野 哲太 at 06:36| アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

とんでも戦士ムテキングのDVD-BOXが2017年2月22日に発売決定

1980年から1981年にかけて放送されたアニメ『とんでも戦士ムテキン
グ』がDVD-BOX化され、2017年2月22日に発売されることが明らかに
なった。ローラースケートでヨンフランシスコを颯爽と駆ける“無敵の
ヒーロー”が、華麗な復活を遂げる。

無敵、無敵、無敵、敵、敵、ムテキンキイックー♪懐かしいなタコベイダー。

2120005mc2_1.jpg
『とんでも戦士ムテキング』は、タツノコプロによって制作されたヒー
ローギャグアニメ。宇宙の彼方にあるタコ星からやってきた保安官助手
のタコローと、地球人の少年・遊木リンが変身するヒーロー「ムテキン
グ」のコンビが、悪党四兄妹・クロダコブラザーズの奇想天外な犯罪を
取り締まるストーリーだ。アメリカンコミックを思わせるポップな作風
や、原色を効かせた大胆な色使いのキャラクターデザインが特徴となっ
ている。当時一大ブームを起こしていたローラースケートを自在に操り
、華麗に歌って踊りながらコミカルに敵をKOしていく、派手なヒーロー
として人気を博した。

“ムテキンプライス”のDVD-BOXは、税別25,000円での発売。1980年9月
から1981年9月にかけて放映された、約1400分にもおよぶTVシリーズ全5
6話を、DVD7枚に分けて収録している






posted by 得笠野 哲太 at 14:42| アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

(注目)劇場アニメ『ポッピンQ』東映60周年記念作品がおもしろそう

老舗アニメプロダクションの東映アニメーションが創立60周年を記念し
て手がけた、完全オリジナルの長編劇場アニメ。

それぞれに悩みを抱える5人の少女がぶつかり合い、成長していく姿を、
華やかなダンスや音楽を交えて描く青春ストーリー。

自分を変えたいのに変えられないことに悩む中学3年生の伊純は、海辺
で美しく輝く「時のカケラ」を拾う。

カケラの持つ力で、全世界の時間を司っている「時の谷」と呼ばれる不
思議な世界に迷い込んだ伊純は、そこで同じカケラを持つ同い年の4人
の少女と出会い、「時の谷」の住民である「ポッピン族」の長老から
、世界の危機を知らされる。

その危機を回避するためには、時のカケラを持つ5人の少女が、ダンスで心
をひとつにしなくてはならず……。監督は、「プリキュア」シリーズのダン
ス映像を数多く手がけてきた宮原直樹。



瑞々しい演出と、60年に及ぶ東映アニメーションの蓄積された技術が期待さ
れ大注目となっている。キャラクター原案をTVアニメ『世界征服〜謀略のズ
ヴィズダー〜』の黒星紅白が務める。

その個性的なキャラクター5人を演じるのは瀬戸麻沙美(小湊伊純役)、井澤
詩織(日岡蒼役)、種崎敦美(友立小夏役)、小澤亜李(大道あさひ役)、黒
沢ともよ(都久井沙紀役)。








posted by 得笠野 哲太 at 14:24| アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月09日

ワイドなショー 堀潤「長谷川豊はネット弁慶」


2016年10月9日の松本人志のワイドなショーでネット炎上したフリー
キャスターの長谷川豊に対して、東京MXで出演経験がある堀潤が「
普段は穏やかでいい人なのに、ネットになると過激になる人ですね。」

久しぶりのテレビ出演のベッキーも「長谷川さんのブログも読みました
ポイント、ポイントでは言いたいことは分かりますが・・・・。私も
ネットの怖さは身をもって知りましたし。」とコメント。

堀潤は長谷川に抗議のラインを送ったそうで「人間、完璧に節制できる
人なんていない。病気の人にいうことではない」

松本は「性格なんだろうね。ああいう過激なことをネットに発信してし
まう放送作家いるもんな。水道の水の出し方の調整が下手なんだろうな。」
とコメント。

ベッキーに対しての擁護するコメントと比較して番組では長谷川に対して
擁護するコメントは一切聞かれなかった。
posted by 得笠野 哲太 at 11:20| アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月23日

10月スタート タイムボカン24 タイガーマスクW 昭和アニメの新作ゾクゾク

最近、やたらと昭和アニメの新作、続編が登場している。{宇宙戦艦ヤマト
」「キューティハニー」「おそまつさん」等、アニメ創世記をリアルタイム
で視聴していたお父さん、お母さんには懐かしい限りであるが、この流れは
この秋の新作アニメにも引き継がれている。

10月より往年の名作アニメの“続編”が相次いでスタートする。「タイムボ
カン24(トゥエンティーフォー)」が10月1日夕に始まり、タイガー
マスクW(ダブル)」として同日深夜、35年ぶりに復活する。近年、過
去の作品が現代風になって復活、「若者にとって昭和の名作アニメは逆に
新鮮」という指摘もある。

タイムボカン24は、 主人公のトキオは24世紀の組織「時空管理局」に
スカウトされ、教科書に書かれている歴史は全て“嘘”であることを知る−と
いう設定だ。主人公がさまざまなメカを駆使し、教科書通りの歴史を守るた
めに教科書会社が雇った「三悪」こと3人の憎めない悪役たちと戦う…。

なぜ、いま「タイムボカン」なのか。「昭和の子供が面白いと感じたアニメは
、平成の子供にとっても面白いはず。メカやキャラクターのデザインは今どき
になっているが、主人公たち正義の味方が『三悪』を懲らしめるという、分か
りやすい勧善懲悪は変わらない。今の子供たちも、バラエティーを見る感覚で
面白がってくれると思う」と関係者は語る。

「タイガーマスク」は、昭和44、56年にアニメ化された人気作。前作との最
大の違いは、「タイガーマスク」が2人いるという設定だ。

若きプロレスラーのナオトとタクマは、所属していたプロレス団体を潰され、敵
組織「虎の穴」への復讐を決意。ナオトは「タイガーマスク」として訓練を始め
る。一方のタクマは、内部から組織を潰すため自ら虎の穴に入り、「タイガー・
ザ・ダーク」として内部崩壊をもくろむ。2人は敵としてリング上で火花を散ら
しつつ、共に虎の穴打倒を目指す。

同作には新日本プロレスが全面協力。棚橋弘至選手など実在のプロレスラーがア
ニメキャラとして登場。後番組「ワールドプロレスリング」(深夜3時15分、
同)とも連動するといい、テレ朝の赤津一彦編成部長は「最近はプロレス好きの
『プ女子』も多い。アニメとプロレスのタッグで頑張りたい」と意気込む。

毛色は異なるが、「おそ松くん」の6つ子がダメな大人に成長した「おそ松さん」
は、女性ファンから熱狂的に迎え入れられた。

続編制作が相次ぐ理由について、アニメの流行サイクルも一巡したのではないか。
昭和のアニメを知らない世代の人には昔のアニメはかえって新鮮に見えるのだと
思う」と話している。

「手堅さ」を指摘する声もある。「アニメに限らず、今のコンテンツ業界は慢性的
なネタ不足。一から新作を作るより、『続編』『リメーク』の方が設定など手間が
少なくて済むし、固定ファンがいるので大コケする可能性も少ない」と語った。
.
posted by 得笠野 哲太 at 00:16| アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月15日

クローズアップ現代+ 椎名林檎出演 初めて語ったリオ閉会式の奇跡の8分間

9.15(水)NHKクローズップ現代+に椎名林檎さんが出演。リオ閉会式の引継式8分間について語った。
リオ五輪閉会式で披露され、国内外で大きな話題を呼んだ8分間の“引き継ぎ式”でのパフォーマンス。その立役者となった4人のクリエイターたちが初めて赤裸々に語る。大会エンブレムや新国立競技場のゴタゴタ…と逆風続きの中、彼らはいかに「TOKYO」の夢や希望を伝えようとしたのか。本番直前まで調整が続いた舞台裏のドラマ、賛否両論巻き起こした安倍首相登場、同じメンバーで仕掛けるパラリンピックの引き継ぎ式についてもオドロキの秘話を紹介。

smile.jpg
朝鮮日報は「憎らしいほど愉快に平和を演出した」と伝えている。
MIKIKOさん
(演出・振付家)
パフュームの振り付けを担当している。光と音のダンスを演出。演出に連れていけるのは予算の関係で50人。
規模は少なくても華やかにという注文に、少なさをカバーするために立体的なフレームを使うことで広い会場に対応できるようにした。また、少人数でもしっかり揃えることも留意した。しっかり揃える=調和=日本らしさ。仕掛けは伝統的に、表現は現代的に演出した。→パフュームやベビーメタルのコンセプトと同じ。

佐々木宏さん
(クリエーティブディレクター)
ソフトバンク「白戸家シリーズ」「宇宙人ジョーズ」を監修 依頼を受けた時は火中の栗を拾おうと思った。
日本では1億人 世界では20億人を相手にする怖さ。
ドラえもん・キャプテン翼・マリオ→言葉がなくても、説明がなくても世界じゅうの人が分かるように作った。
マリオの人選は悩んでいたが、森会長の安倍首相案には驚いたが、やりきってしまおうと思ったという。
菅野薫さん
(クリエーティブディレクター)
依頼を受けて嬉しかったが、正直怖かった。

椎名林檎さん
(音楽家(作詞作編曲及び演出、実演) ※VTR出演)
不祥事が続いていたので、依頼が来た時にやりたい、やりたくないのレベルではなく断れない雰囲気だった。
日本らしさ、東京らしさの表現に対して意見が大きく分かれた。激論の結果「見えない伝統」を表現しようとなった。

パラリンピックの閉会式の引継ぎ式もこの4人の演出によるものだそうだ。また、サプライズ演出、期待してます。
posted by 得笠野 哲太 at 17:50| アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

宇宙戦艦ヤマトの衝撃の事実

A)沖田艦長は52歳である。

52歳・・・・。あの、サンタクロースの風貌で50歳代ってありえないだろ。それも、ガミラスの衛星爆弾の後遺症か?でも、なんでもありの漫画の世界。バカボンのパパも31歳だから仕方ないか。

A)古代進・島大介・森雪は17歳である。

実はヤマトは学園ものだったのか。雪の茶髪も脱色していたのか・・・・。しかし、高校生が波動砲打ったりワープさせたりはいかがなものか?地球の命運がかかっているのに・・・。

宇宙戦艦大和2202愛の戦士たちが2017年2月から劇場公開される。
私が旧作といえるのはシリーズ3までだ。完結編、復活編までくると、話がぐだぐだになってしまい、実写版ヤマトを含めヤマトの黒歴史になる。

前作、リメークされた宇宙戦艦ヤマト2199は、旧作のストーリーを大筋では踏襲していたので評価が出来る。
構成の段階でかなり考えられた形跡が見られる。評価ポイントとしては以下。

@女子比率が上がっている。旧作では、スターシャと森雪くらいしか女性はいなかったが、新作では新キャラと して複数登場している。
Aサイドストリーとして、敵将ドメルの苦悩を新作では描いているのがいい。嫁が、ガミラスに抵抗しているレジスタンスの一味という設定も良かった。
Bガミラスの恥部、人員不足で現場では苦労している様子をストーリー上に盛り込んできたのは良かった。
 
ガミラス側も単なる侵略者として描いてない部分が旧作にない部分で良かった。

新シリーズでも旧作のストーリーを踏襲しつつ、各登場人物の心の葛藤を描いた作品であることを期待する。
posted by 得笠野 哲太 at 01:30| アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

ルパン3世の年1スペシャル特番の基本ストーリーはいくつある?

A)1つしかありません

(解説)
@ルパン・次元・五右衛門 アジトに集合。ルパンが計画説明。目的が不二子がらみで、次元・五右衛門あきれて退出。ルパン「勝手にしろぉ〜」と絶叫
A銭形警部、ICPOの所長室に呼ばれる。所長よりルパン情報を聞いて興奮するが、新参者に指揮権奪われ 抗議するが却下される。やけくそで自転車で移動。
B悪の組織登場。そして、いつもボスの愛人として不二子ちゃん登場。
C偶然、出会った少女の話を聞くルパン。恨みがあるBを一緒に倒してくれ(あるいはBに奪われた宝を奪還するのに協力してくれ)と懇願されるが、ルパン断る。
D少女、キレて1人でBの組織に乗り込んでシバかれる。
Eルパン、少女を救出して、一転協力することにする。
F何故かルパン、銭形警部と組織の建物内で遭遇し、仲良く拘束される。ボスの背後からひょっこり不二子が顔 を出す。「ルパン、悪く思わないでね♥」と捨て台詞をはいて退出。
G不二子、ボスの目を盗んで宝をGETするが、あっさり見つかりルパンがいる牢屋にぶち込まれる。
 同時にICPOの新参指揮官が突入するがあっさり敵の罠にはまり警察隊崩壊。
H3人、処刑される直前に壁が割れて五右衛門登場。斬鉄剣炸裂。兵隊がドカドカ登場。次元登場。マグナム炸裂。
Iルパン一味が優勢かと思われたタイミングで、Bの幹部登場。なぜかいつも(銃の達人)と(剣の達人)の2人。それぞれ、五右衛門、次元と会いまみえる。
Jボスはそれに乗じてヘリコプター(ボート)で逃走を図る。ルパンのワルサー炸裂。ボスを倒す。同時に幹部 を倒した2人も合流。宝をGETして、少女も救い脱出を図る。
K困った時はお互いさまの精神で銭形と不二子もいつの間にか協力関係になっている。
L敵のアジトが崩壊。間一髪で一同脱出成功。
Mその際、いつもルパンが宝を海か地面の裂け目に落とす。不二子絶叫する。
Nひと段落してお別れの時、「ルパンのおじさま〜」抱き着く少女。その時、「逮捕だぁ〜」銭形の声と警官の群れが登場。
O「また、会おう」ルパン一味退散。不二子の恨み節一閃。
Pテーマ曲とが流れ、エンドロール。


まさに古典文学の世界。
posted by 得笠野 哲太 at 06:39| アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする