2017年01月12日

窮余の策は人気ドラマ「ガリレオ」復活 福山雅治復活の秘策

 昨年4月には満を持して臨んだ主演ドラマ「ラヴソング」の全話平均視聴率が8.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と撃沈。5月にはマンションコンシェルジュの女が自宅に侵入、9月にはファンクラブイベント中の事故で女性スタッフが眼球破裂という不幸に見舞われた。まるで「厄年」みたいな一年だったが、実は今年が年男の福山雅治は2月に48歳になる。

 15年9月に女優の吹石一恵(34)と結婚。日本中の女性ファンに“ましゃロス”現象を起こし、所属事務所の株価まで下げてしまった福山。常々、ファンが一番大事と公言していただけに、ファンにすれば裏切られたという思いが強かったのだろう。

 リオ五輪ではテレビ朝日のスペシャルキャスターを務めたが、場違い発言連発でブーイングを浴び、9月末に発表された「テレビタレントイメージ調査」(ビデオリサーチ)では、前回調査の6位から、一気に16位にまでダウン。12月に発表された「クリスマスを一緒に過ごしたい芸能人ランキング」では、前年度の1位から5位に転落してしまった。

「月9ドラマがコケてからは“福山オワコン説”まで囁かれている。続出したファンクラブ退会者も、第1子誕生をきっかけにさらに増え、頼みの音楽活動も危ぶまれ始めている。この流れを止めるには、イメージの定着を避けるという理由で福山サイドが続編制作をストップしていた、人気ドラマ『ガリレオ』の復活しかないといわれています。ただし、それでコケたら復活の目は完全になくなります」(テレビ関係者)

 福山にとって年男の今年はまさに“崖っぷち”。モテ男路線は封印するしかないだけに、人気復活のためにはコペルニクス的転回が必要だろう。




【2017 芸能人の最新記事】
posted by 得笠野 哲太 at 16:11| 2017 芸能人 | 更新情報をチェックする