2017年01月11日

高須院長 フリーメイソン会員って笑える

高須院長 フリーメイソン会員って笑える
オカルト好きなら一度は耳にしたことがあるだろう、謎の多い組織「フリーメイソン」。書籍やネットで「世界を裏で操っている」「国家転覆を狙っている」と怪しげに書かれることの多い組織ですが、実は一人の著名人が会員に名を連ねています。高須クリニックの高須克弥院長です。入会したワケ、そして組織の実態について聞きました。

「秘密のある結社」
 「フリーメイソンには、余生のスリルとサスペンスを求めて入りました」

 高須クリニック東京院(港区)の応接室で、高須院長は語り始めました。部屋には数々の賞状や写真に混ざり、フリーメイソンが特集された古い米ライフ誌や、儀式の際にまとう装飾具が飾られています。

 近代フリーメイソンは1717年に英国で発足し、世界に数百万人の会員がいると言われます。ただ、公式サイトには「世界最古・最大の友愛団体の一つ」とはあるものの、活動の詳細は書かれていません。さらに「秘密結社ではなく、秘密のある結社」とも記してあります。

 戦後買い上げたという日本のグランドロッジ(本部)のビルは、なんと東京タワーの足元の一等地に位置しています。こうした存在感も、謎めいた組織に見せる一因になっています。

 高須院長が2012年11月に入会したのも、最初はこうした謎に引かれてのものでした。

 「28歳のとき故郷・愛知のロータリークラブに入会して、社会奉仕活動を始めたの。メンバーから、世界初のロータリークラブの創立者がフリーメイソンの会員だったという説を聞いてね。『日本を支配している』『地震も起こせる』『宇宙人とも交信している』といろいろな話も出てきて、どんな組織なんだと、いつかは入会したいとずっと気になっていた」。




全国に会員2000人
 しかしクリニック経営で多忙を極め、ようやく入会へ動けたのは2012年夏。国内に15カ所ある「ロッジ」と呼ばれる拠点に電話をしました。しかし、なかなか連絡がつかなかったうえ、入会手続きは会員2人の推薦を集め、数人の面接を受ける必要があるハードルの高いものでした。

 「会員は日本全体で2000人弱。ただ、在日米軍の関係者が大半を占めていて、日本人は200人くらいだと思います。紹介者が必要なんて、まるで老舗のゴルフクラブみたいでしょ」

 「東京や神奈川、愛知のロッジに連絡をとり、会員に会って協力者をつくっていきました。そうしてようやく、出来たばかりだった京都の御門(みかど)ロッジへ入会が認められました」

 入会してみると、活動は会議と儀式の連続でした。ただ、儀式の内容は外部に明かせないといいます。

 「儀式の中身をメモしてはダメで、暗記しないといけない。不用意に外に漏らすと、裁判にかけられて追放とか除名とかいろいろあるみたいです」

 儀式は寓話(ぐうわ)の形をとっていて、古めかしい言葉が使われます。「メンバー間で使う応答の言葉は、ほとんど意味が分からない。年をとると、覚えるのが苦痛になってくるしね。でも暗記術を使って覚えましたよ。ずっと読んでいるとね、これが語り継がれてきた伝承なんだと分かってくる部分もある」

 フリーメイソンは、中世イギリスで宮殿や教会を建てるため集められた石工職人の組合が起源といわれます。設計や建築技術を伝え、各地を歩く職人を見分けるため、様々な秘密が生まれました。




 例えば「ライオンの握手法」などと呼ばれる独特の握手ができるかで、会員かどうかはすぐ分かるといいます。

 「本当はどんなやり方かは言えないけどね」。

 入会から約4年。毎月1回は京都のロッジへ通い続け、ロッジを代表する立場「ウォーシップフルマスター」に選ばれました。

 今では高須院長が、入会希望者を面接する立場になっています。

 「入会希望者に理由を聞くと、オカルト雑誌『ムー』なんかを読んで『超能力を身に付けたい』『世界に平和をもたらしたい』といった人も多い。でも、今の私から見ると『そういう組織ではないんだけどな』と感じてしまう。結局入会を認めないことも多いですね」

 フリーメイソンは何か陰謀をたくらんでいるのでしょうか。

 高須院長も入会前は、さまざまな予想をしたといいます。

 「たとえばアメリカ政府と通じていて、日本で諜報活動をおこなっているのではないか…とかね」




 しかし、実際のフリーメイソンでは政治や宗教の話をしてはいけないと、厳密に決められていました。「我々は凄く虐げられているから立ち上がろうではないか、なんていうのもダメ。だから組織として良からぬ陰謀を進めるなんてことはありえない」

 では単なるメンバーの親睦団体と言い切っていいのでしょうか。高須院長は言います。

 「フリーメイソンは様々な秘密を抱えていることが、力になっている。えたいの知れないすごい組織らしいと。例えるならタイガーマスクなんです。決してマスクをとっちゃいけないんですよ」
愛される存在にしたい
 一方、高須院長は自身のツイッターなどで、フリーメイソンの活動を積極的に発信しています。

 児童養護施設での清掃ボランティアや、海外のフリーメイソンとの交流など地道な活動が紹介されています。昨年4月の熊本地震直後には、高須院長も救援物資を自腹で運ぶヘリコプターに、フリーメイソンのシンボルマークを貼りました。

 高須院長の願いは、日本に広まったフリーメイソンへの偏見を解くことだといいます。

 「秘密を守りながら、フリーメイソンを愛される存在にしていきたい。やりすぎて、偉い人に苦い顔をされることもありますけどね」
posted by 得笠野 哲太 at 13:19| 2017 特異な人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする