2017年01月09日

オノ・ナツメのマンガが原作「ACCA13区監察課」 組織に生きる人々の群像劇

オノ・ナツメさんのマンガが原作のテレビアニメ「ACCA13区監察課」が、10日からTOKYO MXほかで順次スタートする。2013年6月〜16年10月に「月刊ビッグガンガン」(スクウェア・エニックス)で連載されたマンガが原作で、13の自治区で構成される王国を守る組織に関わる人々の群像劇だ。

個性的なイケメンキャラが続々 「ACCA」の先行カット
 アニメの舞台となるドーワー王国は、13の区に分かれた地方自治制の国で、13区それぞれが独自の文化を築いている。同国の唯一の巨大統一組織「ACCA(アッカ)」は、かつてクーデターの危機により結成され、国民の平和を守り続けて約100年が経過した。ACCAの中にある監察課の副課長ジーン・オータスは“もらいタバコのジーン”の異名を持つ、組織きっての“食えない男”だった。

 ひょうひょうとしながら、13区を飛び回り、各区のACCA支部に不正がないかを視察するジーン。しかし、安月給にも関わらず高額なタバコをくゆらせるジーンに対して、周囲は不審の目を向ける。平和だったジーンの日常が、ゆっくりと世界の陰謀に巻き込まれていくことになる。

 「神のみぞ知るセカイ」などの下野紘さんがジーン、「遊☆戯☆王」などの津田健次郎さんがジーンの友人でフリーの記者であるニーノを演じるほか、悠木碧さんや諏訪部順一
さんらが出演する。「サマーウォーズ」などのマッドハウスがアニメを制作する。放送はTOKYO MX、サンテレビほか。




【アニメの最新記事】
posted by 得笠野 哲太 at 18:31| アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする