2017年01月09日

トランプ次期大統領激怒「メキシコ生産計画、変更しないよ」 GMトップ断言

アメリカのトランプ次期大統領から、メキシコではなくアメリカで車を生産するよう要求を突き付けられたGM(ゼネラル・モーターズ)のトップが反論しました。

 GM、バーラCEO(最高経営責任者):「(Q.メキシコでの生産計画は?)変更はありません」「これは多額な資本を投じた長期計画で、2年から4年前から進めているものだ」

 バーラCEOは、デトロイトで開幕する北米最大の自動車ショーを前に会見に応じ、メキシコでの生産計画の変更を否定しました。GMは小型車の一部をメキシコで生産する一方、同じ車種を製造するアメリカの工場で従業員の一時解雇を計画しています。

 このため、トランプ氏から「アメリカ国内で生産しなければ高い関税をかける」と警告されていました。トランプ氏は、トヨタ自動車に対しても同じような警告をしています。




【2017 国外の最新記事】
posted by 得笠野 哲太 at 16:34| 2017 国外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする