2017年01月02日

八王子の中学生しばき暴行容疑の住職、井川遥の叔父だった しかも在日韓国人 おぇ~

 意外というしかない繋がりなのである。体験修行に来た人や親から預かっている少年らに対する暴行容疑で目下、警察が捜査を進めている渦中の「暴力住職」。なんと彼は、女優・井川遥(40)の叔父だった――。

 事件の舞台となった天光寺は東京の郊外、檜原(ひのはら)村の山間にある。都心で11月としては史上初の積雪が観測された2日後の26日、まだ周囲に雪が残る天光寺の前に滑り込んできたのは3台の捜査車両。車から降りた警視庁の捜査員10名ほどが段ボールや脚立を抱え、鉄筋コンクリート造りの天光寺の施設に入って行ったのは午前10時頃だった。そして、彼らはそれから約2時間半に亘って家宅捜索を行ったのである。

 現在、暴行の嫌疑をかけられているのは、この天光寺の高尾聖賢(せいけん)住職(65)。
「この寺は10年ほど前から体験修行と称して有料で希望者を募り、企業研修の場としても使われてきた他、不登校などの問題を抱える少年も預かっていた。しかし、高尾住職による暴行は日常的に行われ、今年7月まで修行をしていた30代の男性が警視庁に被害届を提出。また、11月11日にはやはり住職から暴力を受けていた15歳の少年らが児童相談所に保護された」(全国紙社会部デスク)
 今年春頃に天光寺で体験修行をした人によると、
「あの寺では20代くらいの若い男性が何人か働いていて、そのうちの1人が住職から“だからお前はダメなんだ!”と罵られて頭を叩かれているのを見ました。あと、食事で出された煮物が酸っぱかったので腐っていたのかもしれません」




■“ちょっと来い!”
 そもそもこの寺には宗教法人の資格はなく、「住職」という肩書についても、
「彼が勝手に名乗っているだけ。住職になるには教師資格の僧階を持たなければならないのですが、彼はそれを取っていないのです」
 そう語るのは、山形県鶴岡市にある瀧水寺大日坊の遠藤宥覚住職である。
「ある方から頼まれて彼をウチで得度させてあげた。にもかかわらず、中途半端なまま修行を投げ出したので私は怒ったのですが、今考えれば肩書を得ることだけが目的だったのでしょう。当時、彼が提出した入門願いの書類を見ると、本名は趙となっており、本当かどうかは分からないけれど“韓国の旧王族の末裔”と説明していたな」
 数年前、高尾住職の母親が亡くなった際には、
「目黒にある寺を借りて、私が葬式をしてあげた。そこには井川遥も来ていた。高尾のお兄さんの娘が井川遥。彼女にとって高尾は叔父ということになる」
 と、遠藤住職。葬式前、住職は、2006年にフジテレビ系で初めて放送され、井川も側室役で出演しているドラマ「大奥スペシャル〜もうひとつの物語〜」の再放送を見ていたため、
「その話を高尾にしたら、彼が“ちょっと来い!”と井川遥を呼んだ。私が“テレビで見たばかりです”と言ったら、彼女は“だいぶ前に収録したものなんですよ”と話していた」(同)




 高尾住職との関係について井川の所属事務所は、
「プライベートな事柄については一切お答えを差し控えさせて頂いております」
 と言うのみ。高尾住職も、
「話すことはできません。なにも、一切」
 そう口をつぐむのだが、天光寺関係者はこう明かす。
「高尾住職は周囲に“井川遥は身内。俺が呼べばすぐに来る”と吹聴していた」
 事件の展開によっては、井川の清廉なイメージにも傷がつきかねないのだ。




【2016 特異な人の最新記事】
posted by 得笠野 哲太 at 14:08| 2016 特異な人 | 更新情報をチェックする