2017年01月02日

第93回東京箱根間往復大学駅伝競走 箱根駅伝、まもなく号砲…花の2区でエース激突

第93回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝=読売新聞社共催)は2日午前8時、号砲を迎える。

 5区の距離短縮により再び往路の最長区間となった2区の重要度が増し、学生長距離界を代表する各校のエースたちが今回も名を連ねた。

 12月29日に発表された区間エントリーでは、前回の区間2〜5位が並んだ。中でも区間賞争いの軸は、3年連続で挑む前回3位の青学大・一色恭志(4年)と、同2位だった山梨学院大のドミニク・ニャイロ(2年)だ。

 一色は前回大会後、フルマラソンを経験。「これ以上きついことはないと吹っ切れた」と語る。今季の駅伝では出雲、全日本のアンカーでともに区間2位となり、2冠の立役者に。箱根では過去4人だけの1時間6分台を狙い、3連覇への流れを引き寄せる決意だ。




 ニャイロは出雲と全日本で、いずれも一色との直接対決を制して区間賞を獲得した。2区では前回、残り3キロの上りで失速したが、「今季はスタミナに自信を持てるようになったので、1番になれる」と断言。大学OBのメクボ・ジョブ・モグスの区間記録更新を目指す。

 前回、ルーキーで区間5位と健闘した順大の塩尻和也(2年)も有力。リオデジャネイロ五輪男子3000メートル障害に出場するなど順調に成長を続け、長門俊介監督も「1時間7分台に届くと思う」と太鼓判を押す。

 駒大は前回区間4位で、「総合優勝への勢いをつけたい」と意気込む工藤有生(なおき)(3年)を再起用。6大会ぶりの総合優勝を狙う早大は、全日本4区区間賞の永山博基(2年)が初挑戦する。




 強力ルーキーがそろう東海大は関颯人(はやと)(1年)を抜てき。出雲3区区間賞の大器が、どんな箱根デビューを見せるか。予選会で日本人トップの3位だった神奈川大の鈴木健吾(3年)も成長著しく、前回区間14位の雪辱に燃えている。1万メートル27分台の記録を持つ日大のケニア人留学生パトリック・ワンブィ(2年)も、区間賞争いに絡むだろう。
【イベントの最新記事】
posted by 得笠野 哲太 at 07:45| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする