2016年12月31日

地下鉄御堂筋線長居駅ホームから転落、地下鉄そのまま発車…20代男性 左脚切断

31日午前6時50分頃、大阪市住吉区長居東の市営地下鉄御堂筋線長居駅ホームで、20歳代くらいの男性が、停車中のなかもず発千里中央行き電車(10両)の車両の連結部から線路上に転落。

 電車はそのまま発車し、男性は左脚を切断する重傷を負った。乗客約100人にけがはなかった。市交通局によると、救助した職員は「男性から酒の臭いがした」と話しているという。

 大阪府警住吉署や市交通局によると、この電車の男性車掌がホームに立って乗客の乗り降りを確認していたが、転落には気づかず、発車後、乗客から車内の非常通報装置で車掌に連絡があったという。

 この事故で、上下計20本が最大40分遅れ、約1万500人に影響した。

31日午前6時50分頃、大阪市住吉区長居東の市営地下鉄御堂筋線長居駅ホームで、20歳代くらいの男性が、停車中のなかもず発千里中央行き電車(10両)の車両の連結部から線路上に転落。




 電車はそのまま発車し、男性は左脚を切断する重傷を負った。乗客約100人にけがはなかった。市交通局によると、救助した職員は「男性から酒の臭いがした」と話しているという。

 大阪府警住吉署や市交通局によると、この電車の男性車掌がホームに立って乗客の乗り降りを確認していたが、転落には気づかず、発車後、乗客から車内の非常通報装置で車掌に連絡があったという。

 この事故で、上下計20本が最大40分遅れ、約1万500人に影響した。



posted by 得笠野 哲太 at 15:42| 人身事故 | 更新情報をチェックする