2016年12月30日

糸井嘉男(35)がFAで巨人を選ばなかった理由

FAで阪神に入団した糸井嘉男(35)。金本監督が「初恋の相手」と表現した阪神とは相思相愛の関係だったといわれたが、実は最後の最後まで糸井を迷わせていた球団があった。巨人である。

 オリックスの関係者がこう言った。

「巨人は表向きには争奪戦に参戦しなかったものの、糸井の周辺から『移籍先は巨人か阪神の二者択一』と聞いていた。オリックス残留が頭になかったのは残念ですが、本人はかなり悩んでいたようです。ヒザに爆弾を抱える体のことを考えれば天然芝の甲子園を本拠地にする阪神、東京に残す家族のことを考えれば巨人。いろいろと思いを巡らす中で、最終的には両球団に入ったFA選手の引退後、要するに末路が決め手になったといいます」

 巨人は93年にFA制度が導入されてから、今オフの山口、森福、陽岱鋼を含めて12球団最多となる23人のFA選手を獲得している。今も巨人で現役を続けている9人を除く14人のうち、そのまま巨人でユニホームを脱いだ選手は川口、金城のたった2人。引退後に巨人の指導者やスタッフになった選手もわずか5人しかいない。泣いて巨人残留を哀願しながら、オリックスへ“都落ち”した清原の例を持ち出すまでもなく、三顧の礼をもって迎えられたにもかかわらず、最後は捨てられるも同然で退団を余儀なくされた選手も少なくないのだ。




 その点、これまで11人のFA選手を獲得している阪神は監督に就任した金本を筆頭に片岡、藤井がコーチになり、日高はスカウトに転身するなど巨人に比べれば“再就職率”は高く、手厚い印象があるのは確かだ。

 清原の末路を見れば、糸井が巨人入りにおじけづいたのも分かるような気がする。






【2016 アスリートの最新記事】
posted by 得笠野 哲太 at 06:21| 2016 アスリート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする