2016年12月28日

「スッキリ!!」にて藤岡弘を激怒させた加藤浩次の失礼な質問

かつて極楽とんぼ・加藤浩次といえば、若手時代、番組で共演した芸能人に次々と噛みつき、狂犬と呼ばれていた。その中でも特に注目を集めた出来事が、モデル・田中美保との確執を生み出したで事件ある。当時、バラエティ番組『本能のハイキック!』(フジテレビ系)に出演した田中は、慣れないバラエティの現場に戸惑い、ほとんど発言できずにいた。するとMCの加藤が放送中、「私だけは声を張らないわよ的な感じ?」「なんでここにいるの?」と田中を厳しく追及し、怯えさせたのである。その結果、レギュラーだった彼女は大きなショックを受け、翌週の番組から姿を消した。そしてこの降板が伝えられると加藤は「なに真に受けてんの、バカじゃねえの、モデルってさ」と、放送中、さらに激怒したのだった。

 それから11年後、バラエティ番組『めちゃ×2イケてるッ!』(フジテレビ系)にて、加藤と田中の和解企画が放送。そこで田中が登場すると、加藤は「あの頃は若かったので、人に噛みつけばいいと思っていた」と過去の自分を振り返り反省すると、土下座で謝罪した。一方、田中も「自分にも至らないところがあったと思うので」と語り、両者の関係は修復されたのである。

 そんな加藤だが、今では朝の情報番組『スッキリ!!』(日本テレビ系)のMCを10年以上担当し、狂犬の顔は鳴りを潜めている。しかし12月20日、同番組の生放送中、久しぶりに共演者に噛みついたことで、視聴者を驚かせた。

 この日、スタジオには、自身の出演番組『さよなら、フーテン人生』(日本テレビ系)の宣伝のため、俳優の藤岡弘、が登場。その番組は一般の出演者がこれまでの生活態度を改め、山ごもりをするという内容のため、藤岡は現代の若者について語り始めた。しかし加藤は、彼の話の途中で「それ、パーマなんですか?」と関係のない質問をぶつけ、さらに「ロット? ロット?」と続けたことで、藤岡は表情を歪ませた。その後も、世界情勢について真面目に話す藤岡だったが、加藤は「はい! はい! はい!」と食い気味で心ない相槌をうち続けたのである。するとその態度を目の当たりにした藤岡は「なんにもわかってないよ」「大事なことだよ! 日本が沈没になるかもわからないよ!」と沸々とした怒りを露呈。その様子に、最初は笑みを見せていた周りの出演者も、次第に表情が凍っていき、スタジオは険悪な雰囲気に包まれた。




 しかしその最悪な状況を救ったのが、天の声を務める南海キャンディーズ・山里亮太である。彼はその空気を瞬時に察知し、相手に失礼とも思われかねない加藤のリアクションに対して「加藤さん、加藤さん…。加藤!」「おかしいじゃない。若者への熱いメッセージを送っている時に」「よく聞けよ加藤!」とツッコミを入れ続け、場を繋いだのだった。そして最終的には山里が「今日、(藤岡出演の)この番組を見れば、藤岡さんの熱い思いが伝わるということですね」と発言したことで、藤岡は「そういうことです」と納得。番組は次のコーナーへ移行した。のちに、この時のことについて山里は「加藤浩次VS藤岡弘、ひりついた朝。最高でした」とツイッターにて述懐している。

 藤岡といえば、バラエティでは時間を無視したトークを続けることで、ダウンタウンなどからイジられることも多い。それだけに加藤も、他の俳優とは違う独特な空気を醸し出している藤岡との絡みを、笑いに変えようとして、失礼な態度を悪気なく取ってしまったのかもしれない。しかし放送中、番組を見ていた視聴者の間では「驚いた」といった意見も飛び交い、一触即発の空気がお茶の間に伝わってしまったようである。



【2016 懲りない人の最新記事】
posted by 得笠野 哲太 at 01:41| 2016 懲りない人 | 更新情報をチェックする