2016年12月26日

【福袋2017】2016年に買占め騒動が起きたスタバの福袋…2017年はなにか対策をとるの? 広報に聞いてみました

もうすぐ2016年も終わり、新しい年がやってきます。新年最初のお楽しみといえば福袋ですね。人気のお店の福袋は毎年争奪戦なのですが、特に人気が高いもののひとつがスターバックス・コーヒーの福袋。
2016年のお正月、関東の一部店舗で、店頭に用意されていたスターバックスの福袋108個すべてを買い占めた人物が現れ、話題となったことを覚えている人も少なくないのではないでしょうか。

買い占め行為の是非や、個数制限を設けておらず、とっさの対応ができなかったというお店側の対応など、さまざまな理由から大きく議論となったわけなのですが、2017年はなにか、対策をとる予定なのでしょうか。スターバックスの広報担当者に、話を聞いてみました。

【スターバックスコーヒーの回答】
質問「2016年福袋の大量転売がありました。2017年はどういった対策を考えているでしょうか?」
回答「2017年は、1人1個購入、という個数制限を設けました。また、事前に引換券を配布する予定です。引換券の配布するタイミングは事前に告知いたします」
質問「ネット予約販売は行わないのですか?」




回答「今後やるかもしれませんが、我々は、福袋はお店に来てもらって購入してもらうものと考えています。そのため今のところは、ネット予約販売は考えていません」

【対策があるみたいでよかった】
どうやら、購入方法など、2017年は事前に告知があるようなので、福袋が欲しい方は公式ウェブサイトや最寄りの店舗のお知らせなどをチェックしておくとよさそうです。
1人1つということならば、チャンスは公平。また引換券があるのなら、寒い中で長時間並ぶ手間も省けていいですね。「福袋はお店で買うもの」という店ならではなポリシーがある点にも、好感が持てました。ご協力、ありがとうございました!
【イベントの最新記事】
posted by 得笠野 哲太 at 13:55| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする