2016年12月26日

成宮寛貴を売ったA氏を特定完了 スカイ・フランコ


成宮寛貴のプライベートを週刊誌に売って芸能界引退に追い込んだ挙句、アフィリエイトで儲けようとしているA氏の正体を掴むことに成功した。
特定に至るまでの経緯について順を追って説明する。
「成宮寛貴の友人A氏」と名乗る人物がTwitterに現れたのは12月14日22時47分のことだった。

今でこそ有名になったこのアカウントは当初誰が拡散したのか。netgeek編集部はまず第一発見者を洗うべきという捜査の基本に基いていち早く拡散した人物を調べた。
A氏の初投稿からわずか9分後の22時56分、真月ブルシ(@YYib3ggd)という人物が「A氏現る」というコメントとともにキャプチャ画像を投稿していた。

この真月ブルシという人物を詳しく調べていく。FacebookやブログもやっていたのでA氏に繋がる画像がないか探っていくことにした。

探すポイントはA氏がテレビに出演した際に得られた外見、身体的特徴を押さえていくこと。A氏は革ジャンに赤いシャツ、白いズボン、ネックレスを身につけており、指が短く深爪気味。手の甲にほくろがあるのが特徴だった。





その後、かなりの時間をかけて投稿を探っていくと写真の中に特徴が当てはまる人物を見つけるこができた。外国人風の男だ。Facebookの友人の中に本人がいると睨み、さらに調べるとビンゴ。
この男性は元モデル(といってもしまむら等)のスカイ・フランコという人物ということが分かった。当然ながら本人のFacebookにはヒントとなる写真がたくさんある。
▼同じ赤いシャツ。

▼太く短い指。ちなみにスカイ・フランコは右目の横に縦長のほくろか、傷のようなものがあるのが特徴。

▼指の形が一致する。

▼白いズボン。

▼拡大しないと見づらいが、手の甲の同じ位置にほくろがある。


テレビの取材に応じたのはこのスカイ・フランコで間違いなさそうだ。ただ、ここで成宮寛貴の引退宣言文を思い出してほしい。そこには「複数の人達が仕掛けた罠に落ちてしまいました」と書かれていた。

他にも共犯がいるということだ。引き続きFacebook上の繋がりを手がかりに調査を続けていく。すると面白いことが分かった。実はA氏とは一人の人間ではなく、複数の者から成り立つ仮想の人物なのではないか。新たな仮説を検証していく。
A氏の元になったのはスカイ・フランコで間違いないが、成宮寛貴を陥れた連中は複数の人間の情報を組み合わせることで巧みに偽装工作を図っている。
まず、取材に応じた際にA氏が着ていた革ジャンは真月ブルシのものだと思われる。※スカイ・フランコが同じものを持っていた可能性もあり

さらにA氏が写真を撮った人物の証拠としてアップしたスマホケースも真月ブルシの物のように見える。
▼机の上にスマホが置いてある。

▼A氏がTwitterにアップした証拠写真。


▼そしてこれが真月ブルシのものと思われるスマホ。照明で明るめに見えるが、同じケースだ。

真月ブルシとスカイ・フランコはおそらく兄弟だろう。真月ブルシが「弟よ」と投稿しているのを見つけることができた。※ただし、仲間内で「ブラザー」「兄弟」と呼び合っているだけという可能性もあり

▼スカイ・フランコがアップしていた名刺。真月ブルシと同じ名字で、「真月空フランコ」とある。スカイコーポレーションのCEO(CEOの文字はなぜか小文字)というのは取材時に「個人事業主」と語っていたのと一致する。

もっとも、事業として土木建設や工事を手がけているといっても自室を会社にしているだけ。収入はさほどないはずだ。週刊誌に情報を売ろうとしたり、必死にアフィリエイトで稼ごうとしたりするのも分かる。


スカイ・フランコは体に「RB」「神の手」という入れ墨を彫っている。このうちRBに注目してほしい。


真月ブルシは「RBマフィア」というロゴマークをアップしていた。これはどうやらギャング団のチーム名のようだ。

「KINGブルシ様」で検索すると爆サイ.comの「不良・族」板に真月ブルシのスレが立てられているのを見つけることができる。ギャング団のリーダーとしてチームを統率する立場で、地元では有名だった。
書き込みは2010年からあり、そこには真月ブルシのヤバイ過去がたくさん。ここには書けない情報だ。Facebookのプロフィールによると、真月ブルシは三重県四日市市出身で現在は東京都練馬区在住。
また、ブルシは自分を「イタジル人」と紹介していた。イタリアとブラジルの血が混ざっているということだろう。手紙の署名は「ブルシ・ジリエン・ シルバー・真月」で、どうやらこれが本名のようだ。

この記事を執筆している12月25日、18時15分を過ぎた頃にスカイ・フランコはFacebookの名字を一度変更し、その後アカウント自体を消してしまった。まんまと答え合わせをしてしまったというわけだ。また、Instagramも削除された。
▼スカイ・フランコのInstagram。

ブラジル系の外国人ということならばTwitterやブログで散見された不自然な日本語も納得がいく。なまりについても三重県に住んでいたということでこれも整合性がとれる。
その他、証拠として押さえた画像。


今回の騒動にかかわっているのは以上の2人だけではないかもしれない。調査で分かったのはここまでが限界だった。
成宮寛貴は美人局にハメられ、ブラジリアンマフィアから逃げている状態といっても過言ではない。

突然の芸能界引退には恐ろしい裏があった。真月ブルシとスカイ・フランコの過去を知れば直接戦ってはいけない相手ということは自明だろう。成宮寛貴はこう書いていた。「不安と恐怖と絶望感に押しつぶされそうです」。今ならどういう事情だったのかよく分かる。
成宮寛貴を罠にはめて金儲けに利用しようとした連中にこの記事をnetgeekからのクリスマスプレゼントとしたい。
【2016 特異な人の最新記事】
posted by 得笠野 哲太 at 10:43| 2016 特異な人 | 更新情報をチェックする