2016年12月25日

第28回加古川マラソンが23日、兵庫・加古川市で開催

第28回加古川マラソンが23日、兵庫・加古川市で開催されました。フル、10キロ、5キロ、3キロ、ファミリー2キロの部に6477人がエントリーし、加古川の河川敷を駆け抜けました。

 日本陸連公認コースのフルは平坦で記録の出やすい一方、風が「くせ者」。今年も南からの強風が吹き荒れ、安全面に配慮しスタート・フィニッシュゲートを設置せずに競技が始まりました。
 悪条件下、懸命に走り切った関西のランナーのコメントを紹介します。

 清原満さん(44=2時間59分22秒、兵庫県)「一番苦しい24~33キロが追い風になって助かった。加古川が地元なので3時間を切れて合格です」
 田畑稔さん(40=3時間7分58秒、大阪府)「ベストを2分更新。調子がよくて5分を切れるかなと思ったけど、最後が向かい風になってダメでした」

 岩崎真由美さん(50=3時間38分18秒、滋賀県)「フラットで記録が出やすいと聞いて初参加。30分切りを狙いましたが、やっぱり甘くなかった」
 ラスト1キロ地点の沿道には近隣の小中高生約100人が集まり、「もうすぐゴール」「頑張って~」とハイタッチで激励。風の中、走り続けてきたランナーには最高の「ごほうび」になったはずです。




【イベントの最新記事】
posted by 得笠野 哲太 at 08:25| イベント | 更新情報をチェックする