2016年12月16日

不倫騒動で出演休止中の田中萌アナ だらしない下半身

加藤泰平アナとの不倫スキャンダルで『グッド!モーニング』への出演を休止しているテレビ朝日の田中萌アナ。
週刊文春の取材に対し、同社広報部は「プライベートなことですので、コメントは控えさせていただきます」と回答、沈黙を貫いている。
そんな中、これに噛み付いたのが自身も不倫スキャンダルで叩かれていた乙武洋匡だ。
「プライベートなことですのでって、どの口が言ってんだよ。さんざん人のプライベートをいじくり回しておいて、いまさら何を言ってるんだか」などと過激なツイートし、話題となった。
 
■田中萌アナに説明責任はあるのか?
乙武に関しては例外的な部分もあるものの、たしかに今回の対応には疑問を持つ人もいるだろう。
政治家や芸能人の不倫を取り上げ追及しておいて、自分たちのことになると「出演見合わせ」というのは、矛盾しているという指摘も。
気になったしらべぇ編集部では、Twitterで調査を実施。その結果、回答者の4割が「田中アナと加藤アナは、番組に出演してきちんと説明すべきだと思う」と答えた。




半数以上の人は気にしていないようだが、それでも決して無視はできない数値だ。言葉に嘘偽りがないこと、および誠実さを求められるキャスターゆえの数字なのだろうか。
局としては次期エース候補として推していきたいのだろうが、このまま出演見合わせが続けば、批判の声がさらに大きくなることは間違いないだろう。
そして、彼女のアナウンサー人生にとってもマイナスに作用してしまうかもしれない。
【2016アナウンサーの最新記事】
posted by 得笠野 哲太 at 14:22| 2016アナウンサー | 更新情報をチェックする