2016年11月24日

京大出身初のプロ野球選手ロッテの田中英祐投手減額制限いっぱいの25%減でサイン

ロッテの田中英祐投手が千葉市内の球団事務所で契約更改を行い、減額制限いっぱいの25%減となる年俸1005万円でサインした。


 今季はイースタン・リーグで1試合の登板に止まった。京大出身初のプロ野球選手として話題となったが、来季が3年目。田中は「なかなか思うようにいかなかった1年だった。


このままじゃいけない。来年は勝負の年」と気持ちを引き締めた。秋季キャンプで肺炎になるなど厳しい状況だが、「アマチュア時代の打者に向かうスタイルを取り戻す」と巻き返しを誓った。






ロッテの田中英祐投手が千葉市内の球団事務所で契約更改を行い、減額制限いっぱいの25%減となる年俸1005万円でサインした。


 今季はイースタン・リーグで1試合の登板に止まった。京大出身初のプロ野球選手として話題となったが、来季が3年目。田中は「なかなか思うようにいかなかった1年だった。


このままじゃいけない。来年は勝負の年」と気持ちを引き締めた。秋季キャンプで肺炎になるなど厳しい状況だが、「アマチュア時代の打者に向かうスタイルを取り戻す」と巻き返しを誓った。


ロッテの田中英祐投手が千葉市内の球団事務所で契約更改を行い、減額制限いっぱいの25%減となる年俸1005万円でサインした。


 今季はイースタン・リーグで1試合の登板に止まった。京大出身初のプロ野球選手として話題となったが、来季が3年目。田中は「なかなか思うようにいかなかった1年だった。


このままじゃいけない。来年は勝負の年」と気持ちを引き締めた。秋季キャンプで肺炎になるなど厳しい状況だが、「アマチュア時代の打者に向かうスタイルを取り戻す」と巻き返しを誓った。








posted by 得笠野 哲太 at 13:40| あの後どうなった? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする