2016年11月23日

ウェブ版「となりのヤングジャンプ」「秋田妹!えびなちゃん」秋田出身の女子高校生が主人公の漫画が人気「秋田妹!えびなちゃん」

秋田県出身の少女が上京して、東京・八王子で送る高校生活を描いた漫画「秋田妹(いもっこ)!えびなちゃん」(サンカクヘッド作)がウェブ上で人気となり、単行本の第1巻が全国発売された。


 集英社発行の週刊誌ヤングジャンプで連載され、アニメ化もされた「干物妹(ひもうと)!うまるちゃん」のスピンオフ版。同誌ウェブ版「となりのヤングジャンプ」で、月平均30~40万のアクセスがある人気ぶりで単行本化が決まった。


 漫画は女子高校生・海老名菜々の恋物語が軸で、なまはげや比内地鶏など秋田の名物も登場。作者のサンカクヘッド氏は実母が秋田県出身で、小学生の頃夏休みに県内に長期滞在するなど秋田に思い入れがある。





 ヤングジャンプの主な読者層は20~30代の男性。主人公が都会で苦労する様子を「みんなの妹」として親しみを感じているといい、「『自分みたい』と感じる女性ファンも増えている」(編集部)という。既に発行部数が270万部を突破した本家の「うまるちゃん」に続き、「えびなちゃん」にも期待がかかる。
posted by 得笠野 哲太 at 16:03| マンガ | 更新情報をチェックする