2016年11月21日

崔順実(チェスンシル)被告 ヌルプム体操発表会 キム・ヨナに拒否られて報復

韓国の朴槿恵(パククネ)大統領の友人で女性実業家、崔順実(チェスンシル)被告の国政介入事件に絡み、フィギュアスケート女子の元五輪女王のキム・ヨナさんが、崔被告の側近が企画した朴氏肝いりのスポーツ事業のイベントへの参加を拒んだため、報復されたと韓国メディアが21日までに報じた。


 イベントは、崔被告の側近で映像監督のチャ・ウンテク容疑者が企画し、2014年11月に開かれた「ヌルプム体操」の発表会。朴氏も体操に参加し、新しい国民体操だと称賛した。


 KBSテレビによると、金さんも参加を求められたが、自分のイメージに合わないと拒否。キムさん側の関係者は「日程がつまっていた」と説明した。その後、大韓体育会が選ぶ15年の「スポーツ英雄」で、金さんは8割以上の票を得たが、「若すぎる」との理由で除外された。


 崔被告側の関係者はKBSに「(崔被告が影響力を振るったとされる)文化体育観光省に目の敵にされた」と証言。インターネット上では「キム・ヨナまで崔一派の被害を受けた」などと関心が高まっている。





【韓国スキャンダルの最新記事】
posted by 得笠野 哲太 at 16:15| 韓国スキャンダル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする