2016年11月15日

TVアニメ「破裏拳ポリマー」の実写映画化が決定 主演の武士役は溝端淳平

テレビアニメ『破裏拳ポリマー』が実写映画化。2017年5月に東京・新宿バルト9ほか全国で公開される。
『破裏拳ポリマー』は、『科学忍者隊ガッチャマン』『ハクション大魔王』や『タイムボカン』シリーズなど数多くのアニメーション作品を制作しているタツノコプロによって1974年から放送されたSFアクションヒーローアニメ。元ストリートファイターの探偵で、奥義「破裏拳」を操る拳法の達人・鎧武士が、アクションヒーロー・破裏拳ポリマーとなって悪と戦うという物語だ。

実写映画版で主人公の武士役を演じるのは、同作でアクションに初挑戦する溝端淳平。謎の美女・稗田玲役に原幹恵、武士と共に事件の解決を目指す警視庁の刑事・来間譲一役に山田裕貴、武士の助手・南波テル役に柳ゆり菜がキャスティングされている。溝端は同作への出演にあたり、4か月前からトレーニングを重ねたという。
メガホンを取るのは、ドラマ『仮面ライダーW』『仮面ライダーフォーゼ』や映画『大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE』などを手掛けた坂本浩一。今回の発表とあわせて武士が転身するポリマーの造形も公開された。

溝端淳平のコメント
デビューして10年ですが、ずっとヒーローとは無縁だと思っていました!今回オファーを頂き本当に光栄です。変身してからはスーツアクターの方がいる、と戦隊もの出身の人達から聞いていたのですが、変身してからも顔が見えるので今回は自分で演じることになり、ちょっと聞いてた話とは違うなと思いました!笑
この作品は正義という絶対的なものを信じながらも、傷付いて失ってへし折られ、それでも信念を貫く鎧武士の姿は現代では少ないキャラクターだと思います。バカで自分勝手だけど憎めない、そんな昭和の臭いがする役は演じさせてもらってとても刺激的でした。アニメ放映時に子供で懐かしみながら観てくださる方、新鮮に受け止められる若い方、普遍的なテーマの作品なので沢山の方にみてもらいたいです。




【2017 映画の最新記事】
posted by 得笠野 哲太 at 11:06| 2017 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする