2016年11月09日

デーブスペクター 数日前にヒラリー圧勝を予測 今日のバイキング木村太郎の横で表情引きつり

民主党ヒラリー・クリントン(69)、共和党ドナルド・トランプ(70)両候補が争う米大統領選は8日、投開票が行われる(日本時間9日開票)。4年に一度、“世界のリーダー”を選ぶ熱い戦いが決着。来年1月に就任する新大統領は日本に外交、経済などの面でどんな影響を及ぼすのか。放送プロデューサーのデーブ・スペクター氏が徹底的に分析した。


 またメール問題が出てきたけど、これを乗り越えられれば間違いない。ヒラリーが大統領になった場合、特に変わることもなく、日本への影響はほとんどない。大国の中でも(日本は)一番影響がないと思うよ。


 日本の外務大臣にあたる国務長官にはバイデン副大統領を指名するといううわさもある。日本に何度も来てる親日家のバイデンさんなら、日本に“ひいき”をしないことは考えられない。評判もいいし、好感の持てる人。とてもいい人選だと思う。外交面はうまくいく。





 ただ、ヒラリーは勝ったとしても、やりづらいと思うよ。負けたトランプが、そのまま黙ってるはずがない。今以上にもっと騒ぐ。新政権が誕生して100日間は“ハネムーン期間”って言うけど、喜びもつかの間、足を引っ張る存在になる。スキャンダルが続くだろうね。


 女性初の米大統領になるけど、(誕生が)遅いぐらい。いずれ日本も(女性首相が)考えられるだろうね。小池(百合子都知事)さんも十分考えられる。でも、東京五輪が終わってから国政に戻って総理を目指そうとしたら『(1期)4年で都政を放棄するのか』って言われる。橋下(前大阪府知事)さんもいるし、ずっと先になるかもね。


 日本は米国にとって軍事、外交、文化、どの面でも一番大事な味方。在日米軍の駐留費にしても、日本はもう十分すぎるぐらい出している。日本からの撤退なんてできない。散々、周囲にも言われてることだと思うんだけど、トランプは何度も口にしちゃう。貿易にしても、彼は“ビジネスマン”だから影響はないと思うよ。日本が自民党政権である以上は、トランプ大統領でもあまり変わることはないだろうね。


 でも、トランプだとメディアはうれしい。ヒラリーじゃネタにならないから。オバマは優秀で、奥さんもステキ。茶化(ちゃか)せなかったからね。僕も仕事が増えるかもしれないからうれしい(笑い)。


 TPP(環太平洋経済連携協定)は両方とも積極的じゃないし、リセットかな。得する面、損する面の両面あるから簡単に結論は出ない。長く付き合ってた2人が結婚のタイミングを逃したようなもの。自然消滅するかも。二国間の貿易協定にシフトしていくだろうね。
【アメリカ大統領選の最新記事】
posted by 得笠野 哲太 at 13:37| アメリカ大統領選 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする