2016年10月27日

大麻女優高樹沙耶に早くも写真集のオファー 仕掛け人が語る

大麻取締法違反(所持)の疑いで25日に現行犯逮捕された元女優の高樹沙耶(本名・益戸育江)容疑者(53)に対し、ヘア仕掛け人で知られるモッツ出版の高須基仁社長(68)が26日、ヘア写真集出版を熱烈オファーした。容疑を否認しているものの沖縄・石垣島の自宅から大麻が発見されていることから、大麻が手に入る環境から切り離すことの重要さを力説。文字通り裸の状態から全てをやり直すべしとの持論を述べた。高樹容疑者はこの日、沖縄県の那覇地検に送検された。

「ヘア写真集で裸一貫から出直したらどうだ!」―。高須氏は、沖縄・那覇にいる高樹容疑者に向かってラブコールを送った。「本人がやっているかは分からないが…」とした上で「大麻が近くにある環境がよくない」。同容疑で逮捕された同居の自称会社役員・森山繁成容疑者(58)は容疑を認めており、大麻が手に届く範囲にある状況自体に警鐘を鳴らした。

高須氏は、かつて薬物事件で服役した元タレント・田代まさし氏(60)や、女優・三田佳子(75)の次男とも関わり、薬物に手を染めないためには、周囲の環境も大切だと感じてきた。

「自然に対する姿勢などを見ると、高樹は1960年代に流行したヒッピーに憧れていたんだと思う。薬物の近くから離れて俺のもとでやり直そう!」と呼びかける高須氏。97年には当時46歳の天地真理のヘアヌード写真集を手がけるなど“熟女もの”の実績もある。「高樹なら『平成のヒッピー熟女』だ」と既にやる気だ。来年3月3日には同氏が主催する「熟女クイーンコンテスト」がある。「その頃には落ち着いているだろう。」

やっぱり、芸能界復活だったら「しくじり先生」じゃないですかね。





posted by 得笠野 哲太 at 07:52| 大麻女優高樹沙耶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする