2016年10月26日

大麻女優 高樹沙耶 石垣島の住居の気味悪さがハンパない(画像有)

高樹容疑者が男らと共同生活を送っていた自宅は、石垣市街から車で30分ほどの民家が点在する地域にある。海が近く、うっそうとした木々に囲まれており、日が沈むと周囲は真っ暗。


取材陣には住民から「ハブがいるから」と注意する声も飛んだ。200坪の敷地内にはログハウス風の建物や母屋があり、庭には家庭菜園用の畑も。母屋では犬の鳴き声がしたが、人の気配はなかった。


image003.png


 目をひいたのは、道路に面するガラス戸に貼られた人体解剖図。そばには自宅から5キロほど離れた場所で経営しているコテージ「虹の豆」の看板も掛けられていた。自宅の向かいはシーサー作り体験ができる施設で、タクシーの運転手は「施設にお客さんを連れてきたことがあったけど、まさかその向かいが高樹沙耶の自宅とは。人体解剖図が目立って不気味だと思っていた」と説明。スーパーで高樹容疑者を見かけたことがあったといい「その時は1人だった。ノーメークにホットパンツ姿でも目立つぐらいきれいだった」と振り返った。


image002.png
posted by 得笠野 哲太 at 07:14| 大麻女優高樹沙耶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする