2016年10月14日

日本、ユネスコ分担金を保留 ついでに国連分担金も止めてしまえとの声


当然の処置だと思う。田舎の市長さんとか、世界文化遺産登録なんか
で喜んでいるけど、ミュシュランじゃないだからそんなに何で喜んで
いるのか理解出来なかったが、元々そんなにまともな組織じゃないん
だから。

この調子で、国連の負担金も止めてしまえばいいのにね。どうせ常任
理事国にはなれないんだから。あほらしい。

日本政府が、今年のユネスコ(国連教育科学文化機関)の分担金約38
億5千万円の支払いを「保留」していることがわかった。昨年、中国が
申請した「南京大虐殺の記録」が記憶遺産登録されたことに対する反発
が背景にあるとみられる。

外務省は新聞の取材に「ユネスコの事業内容を精査し、適切に判断する」
と説明している。 外務省の下川真樹太国際文化交流審議官が13日、自
民党の会合で、ユネスコ分担金について「例年予算が成立するとすぐ支払
ってきたが、今年はまだ支払っていない」と明らかにした。

政府がユネスコ=国連教育科学文化基金に対する今年の分担金の支払いを保
留していることについて、菅官房長官は、分担金の支払いについてはユネス
コの制度改善の状況を見ながら総合的に判断していく考えを示しました。

「わが国としてはユネスコが前回、昨年でしたか、私どもに全く政府が知らな
いなかで、様々なことが決められていったということがありましたけども、い
ずれにしろ、こうしたことがですね、正常化されるような、そうしたことを見
ながら対応は考えていきたい」(菅 義偉 官房長官)

ユネスコをめぐっては去年、中国が申請した「南京大虐殺」の資料が「記憶遺
産」に登録され、政府は登録に向けた審査の過程が不透明だと強く反発し、制
度の改善を求めています。菅官房長官は、「日本はユネスコの責任ある加盟国
として引き続き、全力を尽くしていきたい」と強調しましたが、分担金を凍結
、または減額する可能性について質問されたのに対し「総合的に判断していき
たい」と述べ、否定はしませんでした。

ユネスコ分担金の支払いは加盟国の義務で、各国の分担率は国連予算の分担
率とほぼ同じだ。2016年の日本の分担率は米国の22%に次ぐ9・6%
で、金額は約38億5千万円。米国はパレスチナの加盟に反発して11年秋
から分担金の支払いを止めており、日本は実質的にトップだ。
 
外務省によると、これまではユネスコ側の要望も踏まえ、おおむね当初予算成
立直後の4〜5月に支払ってきた。分割して支払う年もあったが、10月にな
っても支払っていないのは極めて異例。世界遺産アンコールワットの修復費な
ど、任意拠出を約束している約5億5千万円も支払っていないという。









【10月ニュースの最新記事】
posted by 得笠野 哲太 at 10:59| 10月ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする