2016年10月12日

羽鳥のモーニングショーで紹介された京都 永楽屋の手ぬぐいが格好いい



2016年10月12日の羽鳥のモーニングショーで紹介された京都の永楽屋
の手ぬぐいが格好がいい。

なんでも、京都 永楽屋は、創業400年のあの織田信長公の御用商人だ
ったというから老舗中の老舗を言えるだろう。

しかし戦後、洋装化で綿の着物の需要が減り、商売替えをしないといけ
なくなり、それでノーブランドタオルの販売に乗り出すが、どんどん売
上が落ちて。立て直すために家を売り、事業縮小して1999年から今の第
十四代目が経営を始めたそうです。


十四代目は、婿養子で十四世 細辻 伊兵衛を襲名したらしいですね。
歌舞伎役者みたいですね。

中々、十四代目は面白い方らしいですね。コスプレしたり、手ぬぐい
アート展をしたり。事業の方も3年目ぐらいから軌道に乗り出したそう
です。

こちらの会社はタオルもハンカチも、手ぬぐいもガーゼ手ぬぐいもでき
る。風呂敷も帆布鞄も、着物も作れるそうです。なかなか、1つの会社
でやっているところはないそうですね。

デザインも洋装にも合うように考えているそうです。十四代目は以前、
ファッション関係の仕事をしていたそうで、手ぬぐいの柄にもセンスで
ていますね。

DSC04999.jpg
十四世 細辻 伊兵衛
株式会社永楽屋 代表取締役社長兼手ぬぐいアーティスト
1964年生まれ。卓球選手として実業団に入社後、1985年アパレル業界へ転身。
独立起業後に出会った十二世当主の長女と1991年に結婚し、永楽屋へ入社。1
999年、十四世細辻伊兵衛を襲名、永楽屋の事業改革に取り組み、高品質な復
刻手ぬぐいを中心に意欲的なブランド展開を行っている。
image050.gif




posted by 得笠野 哲太 at 10:31| おもしろグッズ | 更新情報をチェックする