2016年10月06日

松井府知事が民進党江田議員を痴呆症と罵声 その通りです


日本維新の会の松井会長(府知事)の痴呆症発言が報道されている。ま
あ、発言自体は褒められたものではないが、ここで問題なのは、分裂
した日本維新の会に対しての批判が過去の江田さんの発言と合致しない
ところだろう。

この江田さんも頭はいいかもしれないが、問題のある人だ。みんなの党
の分裂いい、なにか舛添の匂いがする。要するに自分大好きのエエかっこ
しいの人なのかもしれない。

民進党の名前は自分が考えたと自慢していたらしい。この人あまり先では
ない未来に、いなくなると見た。

今の国会では、「私は、民主党政権時代にこの政党にいなかったのでブー
メランはききません」とか訳がわからないことを言ってましたね。

松井さんが見切りをつけたのも何か分かります。

日本維新の会代表の松井一郎・大阪府知事は5日、自身のツイッターに
民進党の江田憲司代表代行への批判として「可哀想に、この人痴呆(ち
ほう)症の症状が見受けられます」と書き込んだ。松井氏は6日、府庁
で記者団に「認知症の患者や家族のみなさまを侮蔑する意図は全くなか
った。表現が不適切だった」として謝罪の言葉を述べ、ツイートを削除
した。

松井氏は5日、旧維新の党で代表を務めた江田氏が同日の記者会見で、
日本維新の会について「是々非々なんて言わずに、我々は安倍政権と協
力していくと言えばいい」と述べたことを受け、「痴呆症」の言葉を使
って批判。「(江田氏は)民主党とは絶対に政策が合わないとも仰(お
っしゃ)っていた事も忘れておられるようです」とつづった。
【10月ニュースの最新記事】
posted by 得笠野 哲太 at 14:54| 10月ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする