2016年10月04日

朝鮮半島 意外に先に破たんするのは南かもしれない 10月4日


スワップ協定結ぶのはいいが条件として竹島返還・慰安婦像撤去・盗難
した仏像返却。ちゃんと、国民にアナウンスすること。

本当に虫のいい国だ。結局はあのおばさん、大統領としては何もできな
かったね。

韓国が経済破綻して、北朝鮮が暴発したらえらいことになるだろうな。

日本との「通貨交換(スワップ)協定」再開を狙う韓国で、締結額が5
00億ドル(約5兆円)規模の巨額になるとの観測が浮上している。経
済指標が、国際通貨基金(IMF)の管理下に入った1990年代の危
機当時の水準まで悪化しており、日本のマネーをあてにするしかない韓
国当局の願望も透けてみえる。

韓国経済が失速すると韓国側からスワップ必要論が浮上、今年8月末の
日韓財務対話で、韓国側が呼びかけて再開に向けて議論することで合意
した。

そんななか、韓国の経済メディア、ソウル経済は、韓国の企画財政部(財
務省に相当)の関係者の話として、新たな日韓スワップが「500億ドル
以上の大規模になる可能性が高い」と明らかにしたと報じた。

これが実現すれば、欧州の財政危機を背景に700億ドル(約7兆円)まで
拡大した11年当時に匹敵する規模だ。

韓国が現在結んでいる最大の通貨スワップ協定は中国との540億ドル(約
5兆4000億円)規模。日本は中国を牽制(けんせい)するには、同規模
のスワップ協定を結ぶというのだ。

韓国は米軍の「高高度防衛ミサイル(THAAD)」配備をめぐり中国と関
係が悪化しており、日本とスワップ協定を結ぶことで、中国も対抗して韓国
とのスワップ協定を延長するとの見立てもあるという。

韓国にとってずいぶん都合のいい論理立てだが、日韓スワップ自体、金融危
機の際に資本流出懸念がある韓国側のメリットが大きく、日本には韓国を助
ける外交的な意味合いしかない。

巨額のスワップ締結論が先走って報じられる背景には、韓国経済の窮状がある。
8月の青年失業率は9・3%と、IMF危機時の1999年以来の高水準だ。長
期失業者の割合や、格付けを引き下げられた企業の数や製造業の稼働率も90年
代後半の水準に接近している。

米国の年内追加利上げがあれば、韓国など新興国からの資金流出が現実味を帯びる
。恥も外聞も捨てて日本に泣きつくしかないのが実情なのか。
【韓国スキャンダルの最新記事】
posted by 得笠野 哲太 at 04:36| 韓国スキャンダル | 更新情報をチェックする