2016年09月30日

小池都知事 カヌー五輪施設変更 これが私のアスリートファースト


東京オリンピックの大会開催費がまさかの3兆越えの様相だ。前任知事
とオリッピック委員の無能ぷりが原因だが、今回の都改革本部の調査
チームのやっつけ修正案も酷い。

予算削減をするのに、建設を中止、既存削減案を出すのは馬鹿でも出来る。
以下の新設3つの競技場の修正案であるが、(ボート・カヌー競技場)の
修正案であるが、既存施設を使うという案はいい。

ただ、それが宮城県の登米市であるというのだから調査チームの見識を疑う。
調査チームは、実際、現地にいったことがあるのだろうか?宮城県といって
も仙台市から離れている秘境である。

当然、交通アクセスも悪く、はっきりいって何もない田舎である。そんなとこ
ろでカヌーとボート競技をやれって無茶苦茶な話である。第一、宿泊施設もな
い。

また、驚くことに宮城県の知事が乗り気だということだ。小池知事のアスリート
ファーストとはいったい何なのだろうか?東京オリッピックなんですよね?

復興オリンピックとこじつけをしている委員もいるらしいが、それなら福島の小
名浜あたりでやればいいでしょ。

ちなみに登米市は宮城でも海岸部から、離れた内陸部で、震災時被害も軽微だった。
あくまでも私案だが、他の2つの競技場の新設をやめればいいのではと思う。

時間もない中での修正案の作成ということは理解しているが、もう少しひねり
のきいた妙案を期待していたのは私だけであろうか?

海外選手と応援団のみなさんは日本に来たいんじゃない、東京に来たいんだよ。


東京五輪・パラリンピックの関連予算を検証している東京都の調査チ
ームは29日の都政改革本部(本部長・小池百合子知事)の会合で、競
技施設の整備費や警備コストなどが膨らみ、今のままでは大会開催費の
総額が3兆円を超えるとの推計を明らかにした。

調査チームは同日公表した報告書で、経費を縮減するため、都が整備する
ボート競技場など3施設について、都外の施設活用に変更するなどの大幅
な見直しを求めた。これを踏まえ、都は具体的な検討に着手する。

開催費は招致段階で7340億円と見積もられていた。しかし、報告書によ
ると、新国立競技場など競技施設や周辺インフラの整備だけで経費は764
0億円。

さらに、大会中の警備や輸送などに1兆2000億〜1兆6000億円の費
用が掛かると試算。割高な工事発注など、都の予算管理の甘さの影響でコス
トがさらに増え、全体では3兆円を超える可能性があるという。

このため調査チームは、大会後も活用する恒久施設として、都が新たに建設す
る七つの競技会場のうち、3施設の大幅見直しを提案。(1)ボートやカヌーの
会場となる「海の森水上競技場」(整備費491億円)は、「復興五輪」の観
点からも宮城県登米市のボート場活用などに変更(2)競泳会場の「アクアティ
クスセンター」(同683億円)は、近くの東京辰巳国際水泳場の改修や規模
縮小で対応(3)バレーボール会場の「有明アリーナ」(同404億円)は、既
存の展示場改修や規模縮小で対応−の検討を求めた。
【2016.9月ニュースの最新記事】
posted by 得笠野 哲太 at 01:58| 2016.9月ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする