2016年09月29日

NHK 所さんの大変ですよ 謎の連続空き巣事件 狙われていたものは何と!


2016年9月29日、NHKの「所さんの大変ですよ」では謎の連続空き巣
事件の謎を追う。

ベテラン刑事も「普通の空き巣事件とは違う」という不思議な連続空き
巣事件。東北地方のある地域で発生し、被害は115件に及んだ。

その舞台は福島県の会津若松市だ。
被害者は口々に「何が盗まれたか、わからない」という。いったい何が起
きていたのか?実は狙われていたのは、それぞれの家にあったものの、そ
の存在が忘れ去られていた“お宝”だった。

昨年、窃盗犯を2人を逮捕。その盗まれたものは「骨董品」総数781品。
ほとんどが空き家を対象にした泥棒。特に犯人が狙ったのは高齢化、過疎
化しているエリアだ。

これは、この地域に限ったことではなく、全国に発生していることだ。
日本刀、古銭も被害にあっている。古銭は、部屋の壁に塗り込んだ、壺に
埋めて隠したことが多いという。

調べを進めると、この“お宝”を巡って、全国各地で「現代のおとぎ話」の
ようなことまで起きていた
対策
・空き家には高価なものは置かない
・不定期に見回りにいく
・事前んい写真を撮影して置く


posted by 得笠野 哲太 at 18:47| 所さんの大変ですよ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする