2016年09月28日

2020年 東京オリンピック カヌー競技だけ宮城って・・・ 


東京都の小池知事は都政改革の実現に向け、外部の有識者で作る調査
チームを立ち上げ、東京オリンピック・パラリンピックの予算の妥当
性などの検証を進めています。

調査チームは29日、1回目の調査結果を公表する予定で、この中で、
東京都が都内に整備するボート、水泳、バレーボールの3つの競技会
場について、いずれも大幅な見直しを小池知事に提案することが、東
京都などへの取材でわかりました。

東京・臨海部に整備され、ボートやカヌーの会場となる「海の森水上
競技場」については、整備費用が当初の7倍に当たる491億円に膨
らんでいることや、風や波の対策が不十分だという指摘が出ているこ
となどを重視し、宮城県登米市にある長沼ボート場への変更を提案す
る方針です。

ただ、会場を変更するには国際競技団体の了承が必要で、長沼ボート
場については、都がこれまでにも候補地として検討しながら、競技団
体の了承を得られず、断念した経緯があり、提案を受け、小池知事は
実現性なども含めて検討し、可否を判断する見通しです。

あの〜、一応(東京オリンピック)って冠がついているんですけどね。
カヌーだけ、宮城じゃ恰好がつかないでしょ。一応、海外選手も東京
開催で期待している訳だし。
都改革本部、もう少し頭絞ろうね。




【2016.9月ニュースの最新記事】
posted by 得笠野 哲太 at 18:24| 2016.9月ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする