2016年09月28日

横浜 大口病院 点滴殺人 大量殺人の様相に

2016年9月27日報道ステーションでの取材で驚愕の事実が判明。
特定の患者を狙った犯行ではなく無差別での殺害を目的にしていたこと
を発覚した。

ということは、以前になくなった方の中にも被害者が・・・・・。


横浜市の大口病院で、点滴に異物が混入され入院中の男性2人が中毒死
した事件で、まだ使われていない点滴約50個の中に注射針を刺したよ
うな穴が見つかったことが新たにわかった。

ゴム栓に穴が開いた点滴は、少なくとも数個あり、中毒死した2人以外の
患者の名前が書かれていた。病院関係者は、夏ごろから亡くなる人が増
えたと証言している。

捜査関係者によると、7〜9月の間に約50人が死亡したという。入院治療の
制度が変わり、重症の患者が長期療養できる大口病院に続々と入院するよう
になり、なかには、入院してすぐに亡くなる人もいたという。

大口病院の高橋院長は「内部の関係者ということも否定できない段階」と述べ
た。病院では、警察に協力し、過去に亡くなった人のカルテも調べていくとし
ている。
posted by 得笠野 哲太 at 01:04| 大口病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする