2016年09月26日

横浜 大口病院 点滴殺人 被害者2人目確定 既に犯人内定か


同室の入院男性も中毒死、死亡患者と“同じ成分”検出したことが判明。
横浜市の病院に入院していた88歳の男性が点滴に異物を混入され中毒
死した事件で、一度、病死とされていた同じ部屋の別の男性も司法解剖
の結果、死因が中毒死であることが分かりました。

これで最初の被害者の八巻さん個人を狙った殺人ではなく「無差別殺人
」が「病院に対する恨み」に絞られたことになる。

しかも、2人は同じ4階の同部屋とナースステーションと行動範囲が絞ら
てきています。

100%外部の犯行ではないでしょう。ナースステーションの保管している
点滴に異物をまとめていれたのか、ここのベットにある点滴に混入させた
のかは不明だが、犯行は一目が付きにくい夜間だろう。

すでに、警察は犯人の内定は終えているだろう。明日、明後日に犯人が
逮捕されるだろう。

この事件は今月20日、横浜市の大口病院に入院していた無職の八巻信
雄さん(88)が点滴に「界面活性剤」の成分を混入され、中毒死した
ものです。

大口病院では今月18日以降、80代の男性2人と90代の女性が「病死
」と診断されて警察が司法解剖を進めていましたが、このうち、八巻さん
と同じ部屋に入院していた横浜市の西川惣藏さん(88)の死因が「中毒
死」であることが分かりました。

警察によりますと、西川さんの体内からは八巻さんの体内や点滴袋から出
たものと同じ界面活性剤が検出されたということです。

一方、病院内のナースステーションには未使用の点滴がおよそ50個残され
ていましたが、一部のゴム製のふたの部分などに注射器を刺したような穴が
見つかったことも新たに分かりました。警察は点滴の内容物の鑑定を進めて
いて、事件との関連を慎重に調べています。
posted by 得笠野 哲太 at 22:10| 大口病院 | 更新情報をチェックする