2016年09月23日

羽鳥のモーニングショー豊洲移転の影のキーマン浜渦氏独占取材

影のキーマン 石原都知事時代の浜渦副知事を(羽鳥のモーニングショー)
で直撃単独取材を実施。

2000年 元の土地所有者の東京ガスは都の売却要請には難色
理由 立地的に景観が良いので自社で開発したい 土地汚染があるので
除染が必要だから
(ここで石原知事から浜渦副知事に交渉役をするように指示される。)
2001年 売却で合意 
浜渦副知事が江東区長に東京ガスに口添えしてもらうように交渉した。
(バーターで江東区に橋を5本建設・他のインフラ整備をした)
江東区長が、東京ガスに口添え→しぶしぶ東京ガス了承。
2002年に土壌汚染の除染について東京都が東京ガスに譲歩する。
・土壌調査は、荒い調査でいいと譲歩
(2005年に調査基準が厳しい基準に変更になったが、旧基準で承諾。)
・東京ガスの土地改良工事後、発覚した問題については東京ガスは
責任を負わなくていいことにした。
2008年東京ガスが土壌汚染対策工事を完了
只、不安なので、東京都の方でも土壌汚染調査をするべきとの意見
が出て独自調査を実施。その結果、汚染物質が出てきた為、780億円
かけて東京都が土壌汚染工事を実施。

「なぜここまで不利な条件で売買契約をしたのか?」を浜渦氏に聞い
たことろ「私は東京ガスを交渉のテーブルにつかせるまでが仕事、そ
の後の交渉は部下がやったことなので知らない。」

そもそもの豊洲の問題の出発点。なぜ、豊洲でなければなかったのか
はまだ裏があるようだ。








【2016.9月ニュースの最新記事】
posted by 得笠野 哲太 at 09:03| 2016.9月ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする