2016年09月23日

報道ステーション 河川氾濫対策 霞堤を見直す

2016年9月22日の報道ステーションで最近多い台風上陸による河川氾濫
対策として「霞堤」の有効性についてレポートしている。

秋雨前線の影響で22日は関東を中心に激しい雨となった。千葉県いすみ市
では道路が冠水。土砂災害などへの警戒で775世帯2000人以上に一時避難
指示が出された。一部の地域で浸水被害も発生した。
Column_003.jpg
そもそも、「霞堤」とは一体どんなものだろう?
武田信玄が考案したとされる堤防。特徴は、川の脇に切れ目を入れ開口部
を設けること。川が大雨などで増水し、その水が堤防を越えたり、堤防を
破壊する前に水をあらかじめ開口部を通じて川の外に逃がす仕組みだ。
宮崎県延岡市北川地区では霞堤を活用。20日の台風16号による冠水被害は
あったが人的被害はなかった


霞堤は全国60以上もの河川にあるが、十分に活用されてはないという。九
州大学工学研究院の島谷幸宏教授は「洪水は完全に防げるものではない。
被害を最小限にするという知恵は生かしていくべき」と指摘する。.
【2016.9月ニュースの最新記事】
posted by 得笠野 哲太 at 01:27| 2016.9月ニュース | 更新情報をチェックする