2016年09月10日

ユアタイム 市川紗椰 9月降板論者大外れ フジテレビ関係者が大笑い

2016年4月からユアタイムのMCをしている市川紗椰さんが、どうやら10月番組改編を乗り切りMCを続投する模様だ。番組開始してから1ヶ月で降板説がささやかれていたが、それはなさそうだ。今となっては、ホラッチョKがMCでなくて結果、良かったのではないのかと思います。大騒ぎしていた東スポ・アサヒ芸能、確度の低い情報ありがとうございました。

そもそも9月降板説の理由として挙げられている低視聴率と市川紗椰さんの原稿かみかみが多い件ですが、視聴者はね、もう慣れました。大体、昔からフジの報道番組に誰も期待はしてません。いいじゃないですか、彼女の変な間とか、視線が泳ぐぐらいは大目にみましょうよ。ホラッチュKとか確かにコメント・原稿読みは上手かったが、今にして思えば嘘くさいよね。


報道ステーションやニュースゼロのほうは、硬派路線なんだから同じ路線を標榜しても仕方がないと思いますが。それより昼間のバイキングと、夕方のみんなのニュースを止めるのが先決だと思うのは私だけでしょうか。
後、グッティね。
20160320-00000006-mantan-000-3-view.jpg
市川紗椰さんについては鉄道オタ、アニメオタ、相撲ファンと造詣が深い分野があるのだから今後、その武器を少しずつ番組内で出してくれればいいと思います。大体、ニュース自体の内容は、どの局でも対して変わりはないのですから。

彼女自身もインタビューで「読みや進行に対するスキルがまだない」と自覚を語ると同時に、「練習を重ねるが、『読む能力をただ身につけても「だったらアナウンサーやキャスターがやればいい」となる。自分らしさは雰囲気やコメントで』と自身の特性も探求する日々だ。『自分である必要性をどう出せるか』と心境を打ち明けた」(「デイリースポーツ」2016年5月24日)

亀山社長も、巷の自称視聴者の声に日和ってくれぐれもMCを滝クリやカトパンに交代させる暴挙にでないようにお願いします。




posted by 得笠野 哲太 at 16:04| 2016キャスター | 更新情報をチェックする