2016年09月08日

「この世界の片隅に」2016下期注目アニメ映画 声優にのん初挑戦

2016年11月12(土)に全国劇場公開が決まったアニメ映画「この世界の片隅に」が早くも話題になっている。(片渕須直が監督・脚本)
原作はこうの史代による日本の漫画作品。『漫画アクション』(双葉社)にて2007年1月23日号 - 2009年1月20日号まで連載された。ストーリーは第二次世界大戦中の広島・呉を舞台に、18歳で嫁いだ主人公すずが戦況が悪化していく世の中で、大切なものを失いながらも日々を大事に前を向いていく姿を描く。

image017.gif
(クラウドファンディングで出資者を募集)
自分のアイデア。構想を発表して資金調達するクラウドファンディングを実施したところ、わずか8日で2700万円集まった。これは、国内では最高。期待の高さが伺えます。

(声優 すずの声はのん(能年玲奈)さんが担当)
これは単なる話題づくりではなく、この作品のテイストと実に彼女の声がマッチしていることは予告編の動画を見ていただければ分かると思います。彼女の朴訥とした声が非常にいい味をだしてくれてます。

news_header_konosekai_non_1.jpg
(原作も高評価されストーリーもしっかりしている。)
第13回(2009年)文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞受賞作品。『THE BEST MANGA 2010 このマンガを読め!』(フリースタイル)第1位。『ダカーポ特別編集 最高の本! 2010』(マガジンハウスムック)マンガ部門第1位を受賞

また、約4年をかけて時代考証、現地調査を実施し、背景とカットを緻密に再現している。非常に期待できる作品である。

posted by 得笠野 哲太 at 02:49| 2016 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする